ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅【1】

 風が吹き込んでくるのではない、窓全開で走っているからたくさんの風が取り入れられてるのだ。
おかげで髪はぐちゃぐちゃである。
 北海道の緑大地の風を集めながら、町から町へと列車は走ってゆく。
 時刻表と切符に缶コーヒー。ギターと鞄もね。
そして窓際にはやっぱり、僕さ。



e0071652_1035554.jpg
【こんな時間が好き】



 毎年1回、夏の終わりに旅に出る。
旅と列車が好きな自分は、JRの青春18切符を使って各駅停車の旅に出るのだ。
 旅には『指令』を設けることにしている。
時に自ら決めた指令に泣かされることもあるのだが、旅の思い出がぐっと深まるのだ。
 今年は、機会を逃し続けてきた北海道へ行こうと決めた。
ずっと行きたかったのだ。

 指令は以下の通り。

 『アザラシVSキタキツネ』:自然に生息するアザラシとキタキツネを撮影せよ。
 『写真10(しゃしんてん)』:知らない人の写真を許可を得て、最低10枚は撮ってくる。
 『旅中一曲』:5日間の旅の中で1曲作成する。
 『藤浦君、かんちゃん』:学生時代の友である藤浦君とかんちゃんと再会する。


 ルールルルルル…
ルールルルルル…

 おや、ありけんがキタキツネを呼んでいる声が聞こえてきたね。
そろそろスタートさせなければ。


 ■2010年、晩夏『北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅』




 8/30(月)AM10:00
女満別(めまんべつ)空港に到着したありけんは、レンタカーで北上を始めた(列車じゃないんかい!)。
テレビで見たことのあるような風景の中を走り始めると、すぐにテンションが上がってきた。

 ハロー!北海道。
もう、農道に逸れてより道ばっかりである。



e0071652_11123962.jpg
【ぱあっと明るい】


e0071652_113379.jpg
【緑と青を教えてくれる】



 いかんいかん、写真に夢中になっている場合ではない。
今日の日没までにアザラシとキタキツネを見つけねばならないのだ。
 5日間ある旅の初日でメインイベントが終わってしまうというこの計画性。
さあ、野取岬(のとろみさき:網走)へ急げ!


e0071652_11421746.jpg
【オホーツクに向かって(野取岬)】



 特にこの場所にこだわりはなかった。
地図に『アザラシ、キタキツネの生息地』と記されてあるのを見つけて、この旅が決まったのだ。
どこに行っても楽しく過ごせる自信があったし、旅はきっかけ、そんなものである。


e0071652_11483366.jpg
【だだーん。赤字だけ読んでも充分な説得力である。】



 アザラシは海、キタキツネは山、さてどちらから探し始めようか。
そんなのは簡単である、同時に探すのだ!
海に向かいながら、キタキツネを見つけるという超合理的なこの計画。
さすがである。


e0071652_1155214.jpg
【これがないと戻れない】



 何度も車で見て回ったのだが、海への道などなかった。
海までは森が続き、距離がありそうである。
しかし、こんなことで引き下がるわけにはいかない。
水とパンとカメラを持って獣道から入ることにした。

 森の中は歩きやすかった。
以前誰かが通ったのだろう、帰り道用の赤い目印があった。
これがないと危険である。
 パンを千切りながら置いていっても帰りには無くなっているからね。
これを辿ってゆけば海に出るかも。
行き着いた先にガイコツなどなければいいが、、。

 所によりすごい数のブヨ(蚊)がすごい勢いで襲いかかってくる。
まるで映画『エイリアン2』のよう。
それに対してありけんの武器は、汗で湿ったタオル。
あちょー!
ブルースリーもびっくりである。


e0071652_1231841.jpg
【だだーん、どくきのこ(毒キノコではない)】



 森に入ってますます強まってゆく予感があった。
こりゃ…、そーとー見つからんわ。

 たくさんの蝶がヒロヒロ舞っていた。
蝶って森の中にこんなにたくさんいるんだね。
ありけんはキタキツネを探す。

 歩いた距離はかなりのものである。
海はあるのだけど崖になっていて降りれない。
 だんだん燃えてきた汗だくのありけん。
絶対見つけてやる!


e0071652_128568.jpg
【合ってる、合ってる】



 どうやらここは道らしい。
よかった、合ってる。
 しかし『旧キャンプ場』って…。新しいキャンプ場を教えろよ。
 滝の方へ行こう。

 歴史は長いとはいえ、憧れの北海道へ着いてわずか2時間足らずでこんなに汗まみれになってアザラシとキタキツネを探した男がかつていただろうか?
いや、いない。


e0071652_12134458.jpg
【捨て縄発見】



 急斜面を降りてゆく。


e0071652_12271196.jpg
【抜けたー!】



 ついに海へ出た。
道のりが険しかっただけに嬉しさも大きい。
なんだか海に出たことでもう目的を達成した気分。


e0071652_12284646.jpg
【不思議な石】



 浜に出て振り返ってみるとやはり断崖絶壁。
こんなとこに人なんて絶対いない。

 きれいな石がたくさん落ちていた。
1個数万円しないかな…なんて思ってしまう(しない)。

 岬に向かって歩き始める。


e0071652_12313369.jpg
【だだーん!】



 こ、この足跡は…、ちょっと大きすぎないか。爪も鋭いぞ。
オオカミ?もしくはピューマ(北米生息)、もしくは…犬。

 ありけんは、猛獣に出会った時に差し出して逃げるため用のサンドイッチを握りしめた。
さあ、まってろアザラシ!


 さあ、このあと涙の発見となるか?!
その2へ続く。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-09-11 20:48
<< 『北の果てオホーツク、アザラシ... 北の果てオホーツク、アザラシV... >>


twitter
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧