ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅【2】

 すぐ西にそびえ立つ絶壁の下を歩いて行く。
水はもう残り少なくなってきた。足もフラフラである。
 くそぅ…、ありけんは今回の指令の厳しさを思い知らされていた(注:自分で決めた)。
時間があるといっても陽はもう崖の向こうへいってしまっている。
急がなければ。

 時折大きなスズメバチが目の前を横切ってゆく。
おいおい、あんなのに刺されたらもう、、ガイコツである。

 『ミュージシャン浜辺で孤独死!売れたかった…』
 『なぜそこまでこだわった、アザラシの謎!?』

 スポーツ新聞の片隅でこんな書き方されてはかなわない。
いかんいかん、気をつけなければ。


e0071652_1812958.jpg
【サスペンスドラマの最後の飛び降りシーンの下って感じ】



 あの崖の向こうにきっと、アザラシがうようよいるはずだ。
よーし、あわよくば乗ってやる。
 しかし、早く見つけなければ満ち潮で戻れなくなる。
 よし…、行こう。

 われわれ取材班は(注:一人)長い道のりを経てついにその時を向かえるのである。

 崖を抜けると…




e0071652_18123596.jpg



 いたー!

 …違う、巨大な怪鳥だ(普通の鵜)


e0071652_1813827.jpg



 いたーー!

 違う…、設置網のウキだ



e0071652_18133060.jpg



 帰り道は長かった。
振り返ると驚く、浜辺だけで遥かあの先まで歩いたのだ。

 アザラシは…、きっと暑いから北極に帰ったんだな。
 きゅーって、ゴマちゃんみたいなのがいると思ったのに。


 だいたい無計画すぎるんだよ。下調べも少なすぎるんじゃないか?

 いやいや、だから面白いんじゃないか。自分だって最初は大盛り上がりだっただろう?

 でもいい大人がこんなバカなことやってていいのか?もっと素敵な北海道があるんじゃないか?

 これのどこがバカだってゆうんだ!よそにはないぞ!最高じゃないか。

 飲み水だってもうないし…。

 だいたいお前がいつも弱気だから、ステージだって波が出てしまうんだろ!

 おれのせいにするなよ。だいたい旅先でステージの反省会はなしだろう!



 いかんいかん、自分と自分が喧嘩し始めた。
疲れても楽しく行こう。
歌でも歌おう!

アーアーアアアアアー…(北の国からのテーマ)

 やっとの思いで車までたどり着いたありけんは、飲み物を求めて町へ向かった。


e0071652_18143820.jpg
【写真10 No,1『すごい海遊び』地元の子ども達】



 小さな港で自販機を発見。生き返る。
危なく熱中症になるところだった。
海に行く時は、水は2本必要やね。

 写真は麓の町の子ども達。
おーーい!手を振るありけん。
少し動きが止まり、再び崖を行く子ども達。
無視された。


e0071652_1552168.jpg
【写真10 No,2『マラソンマン』炎天下すごいガッツだ。頑張って!】



e0071652_18135060.jpg
【こんなところにキツネがいたら、もう、追いかけるさ】



 さて、「アザラシとキタキツネ探索も失敗に終わったな」など思いの方もいるのではないだろうか。
ありけんをナメるな!そんなにやわではない!
日没まではまだ時間があるのだ。あきらめないぞ!

 一息ついたありけんはアクセルを踏み込んだ。
作戦B始動、『山や海を車で見回り大作戦(らくちんコース)』(やっぱり疲れてる)。

 しかし、このらくちんコースが思いもよらぬ結果を生むのである。

 正直、自分自身もうダメなのかなと思い始めていた。

 夕陽の中の野取湖(ほぼ海)を通過中、ありけんは海水に浮かぶ大きな動物を見つけて車を止めた。

 おいおい、今のちょっと大きかったぞ。

 高まる期待感。

 そしてついに。



e0071652_1662368.jpg



 いたーーー!
われわれ取材班は(注:一人)ついに自然のアザラシを発見したのだった!
野取湖のノトリーちゃんです。


 そして、振り返ってみれば夕陽の中になんと!



e0071652_1550187.jpg
【だから、上のほうにガビョウが写ってるって…】



 いたぁーー!

 紹介します。
キタキツネの『ノトロン・コン・ゴン太君』です。



e0071652_15511132.jpg
【いろんな雲がいろんな高さにある】



 はぁ…

 夕焼けがきれい。
心まで夕焼けのようにきれいになる感じ。

さあ、もう宿に行こう。


e0071652_16412448.jpg
【宿泊は『流氷の丘ユースホステル』】



 ユースホステルって知ってる?
実は自分もずっと『ユースホテル』って呼んでいたくらいだから、すごいど素人なのだ。

 宿主(ペアレント)が暮らしていて民宿のような感じなのだけど、決定的に違うところは旅人同士が相部屋(ドミトリー)で過ごすのだ(場所に酔っては個部屋もある)。
夜にはティータイムがあり、宿泊者全員でテーブルを囲んで語らう時間もあって、いろんな話や経験も聞けるという楽しさもある。
 しかし、一方では相部屋で気を使うというデメリットもある。
値段は安く、素泊まりなら3千円台がほとんどだ(食事が付くと高くなる)。

 いつもはどこに泊まるか予測がつかない旅なのでビジネスホテルがほとんどなのだけど、今回は事前予約のユースホステルにしてみた。
 少しドキドキするね。


 夕食にはカニが付いていた。
北海道って感じで、なんか嬉しい。
美味しかった。


 ペアレントさんにアザラシのことを聞いてみた。
「あー、夏はいないよ」
あっさりである。


 食堂にはキタキツネの写真が貼ってあった。
ふくよかでかわいく威厳に満ちていた。
使うことはないと思ったが一応撮っておいた(使ってる)。


 ルームメイトは40代の方で、やたらと話し好きな人だった。
13歳の頃からユースホステルを泊まり歩いて、280程もある全てに宿泊したことがあるそうだ。
さらに驚くことに、日本のJR全線だけでなく私鉄も全線乗りつぶしたと言うのだ。
この時点から言葉遣いを最高敬語に変えたありけん。
 消灯後、ベットに入って横になってからも話は止まらず夜は進んでいった。
レース越しの月がきれいだった。

 悪口が多いとこが少し笑えるこの人は、近年ユースホステルのオーナーになるのだそうだ。
いろんな話をありがとう。
またどこかでお会いしましょう!


e0071652_17125586.jpg
【2日目の素敵な朝。ペアレントさん、ありがとう!】



 さんざんな旅初日から一夜明けた網走の朝。
朝食後、風の吹くビート畑での柔軟体操は心地よかった。
その後、石段でギターを弾いたありけんは車のキーを回した。

 今日からはいよいよ列車の旅が始まる。楽しみだな。

 なーに、旅はまだまだ始まったばかり。
キタキツネは道中に出会えばいいさ!
さあ、行こう!

 ありがとう、網走。



 その3へ続く
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-09-09 16:02
<< 北の果てオホーツク、アザラシV... 北の果てオホーツク、アザラシV... >>


twitter
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧