ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

2013年9月『奥信州 幻のキノコ旅』【3】

 激しい雨後の山道、沢は荒々しく鳴り、立ちこめる湿気はよりいっそう空気を重たくしていた。
ヤマブシタケを探しながらも深い山道を登ってゆく。
大雨の後に登山する者など誰もいないのだろう、駐車スペースにはありけんの車(レンタカー)しかなかった。

 ファンファィンファィン、、(クマの張り紙を見て怖くなり、めいっぱい鈴を鳴らしている)



e0071652_6423554.jpg
【だだーーん!】
なんだろ、これ。
たぶん、、食べれる。




 旅2日目、午後、佐久平の山中には『日本で海から一番遠い地点』を目指すありけんがいた。

 今日の指令は2つ。
・『日本で海から一番遠い地点』を制覇する。
・幻のきのこ『天然のヤマブシタケ』を見つける。

 気合いも十分である。

 天然のヤマブシタケがなぜ幻と言われるかと言うと、群生しないからだ。
木の中腹や付け根あたりに、小さいバレーボールと言った感じでぽつりと生息しているらしい。
今年は、なんとしてでも見つけたいものである。



e0071652_745676.jpg
【最初は上りやすい山道】




 突如一陣の風が樹々を揺らし、水滴が一斉に落ち葉を叩いた。
一瞬、ありけんの全てが止まった。
老木の幹に鈍く白銀に光るなにかを見つけたからだ。



e0071652_643250.jpg
【なんとしてでも、、】



 里山育ちのありけんと言えど、雨後の濡れた木登りは容易ではない
水を含んだ苔たちが必死で何かを守るようにありけんの侵入を妨げる。



e0071652_6423065.jpg
【こ、これは、、】



 うおおおーーー!!

 あっ、危ないっっ!!


e0071652_6425784.jpg
【うおおーー!!】



 無事か?!
ついにやったのか!?



e0071652_6425944.jpg
【うっしゃあーー!!】



 白い色とは、こういった色なのだと教えてくれる。
 ふかふかとは、こういった感触なのだと教えてくれる。
ありがとう、幻のきのこ、ヤマブシタケ。
よくやった、おれ。
応援してくれたみんな、ありがとう!



 しかし、ここで説明しなければならない。
なぜありけんがこんなにあっさりヤマブシタケをゲットできたのかを。



 時はさかのぼり、昨日(旅1日目)。
きのこ博士でもある産直いいやまの久保田さんに今年のヤマブシタケ情報を聞いてみた。

 あー、まだないぞ、この時期。

 あっさりであった。
今年は猛暑の影響もあって、まだ出てないとのことだ。

 今年もダメなのか、と沈みかけたその時。

 そう言えばおれの友達にヤマブシ栽培してる社長がいるぞ、連絡してみっか!



e0071652_6423036.jpg
【旅二日目の朝、上信越自動車道を風になる】




 旅二日目朝、ありけんを乗せた久保田さんカーは(速い)、高速道路を千曲市へと南下していた。
久保田さんの仲間が経営するキノコ農場、その名も『きのこ王国』
連絡した結果「おもしろいじゃないか。ぜひ来い!」と言ってくれたのだ。
『きのこ王国』という名で完全にハートを鷲掴みにされたありけんは、興奮気味だった。
一度はあきらめかけたヤマブシドリーム、ついに実現するのか。



e0071652_6422550.jpg
【やったぁー!!】



 2日目10:15、千曲市、(有)きのこ王国
ついにヤマブシタケを手中におさめる。



e0071652_6425052.jpg
【栽培室】
こういったポットで栽培されている。
一面深く積もった雪のようにしっとりと白。



e0071652_6421048.jpg
【栽培の大変さも、素晴らしさも、人生賭けてとことん知っている】
左が『きのこ王国』金井さん、右が『産直いいやま』久保田さん。
尊敬してます。
お忙しい中、本当にありがとうございました!!
この後、再び高速で佐久平駅まで送ってもらい、久保田さんと熱い握手を交わし、分かれた後にレンタカーを借りて一人で山に向かったのだ。




 写真を撮らせてもらうだけでよかったのだけど、ほらほらと3つも頂いてしまった。
ついにやったな、げっと!幻のヤマブシタケ!

 ちょっと待て、ありけん。
それじゃ先ほどのシーンは、そのヤマブシタケを使って自作自演したってことか?
それにそれ、天然ものじゃないじゃん。
巨大グマもびっくりのいかさま野郎じゃないかっ!

 なーんて思いの方もいるだろう。

 あのね、山に入ったら分かるって。
そうそうきのことかないよ、ほんと。
それにヤマブシタケはヤマブシタケだっ。差別するな!
なーんて言ってないで謝ります。

 すみませんでした!!



e0071652_6421115.jpg
【だだーーん!!】




 時は今、佐久平山中(標高1000m付近)。
自作自演のヤマブシタケ撮影を終えたありけんは、再び『日本で一番海から遠い地点』を目指して歩き始めていた。
この指令はなんとしてでも達成したいものである。

 ファンファィンファィン、、
めいっぱい鈴を鳴らすのだが、山道に沿って沢(雨後)があるのでかき消されてしまう。
 
 はたと立ち止まって動かなくなったありけん。
その足下には、壊れたおもちゃのタンバリンが無惨に散らばっていた。

 ばかなヤツめ、、こんなおもちゃのタンバリンでこの山が制覇できると思ったか。
(注:ありけんはダイソーで買った鈴6個、計315円)

 この持ち主は、この山を制覇した帰りにこのタンバリンを捨てて帰ったのか?
それとも、ここでクマさん(敬語に変わってる)の怒りに触れてしまったのか。
頭の中、緊急招集されたありけん首脳陣の会議は、張りつめたものになった。

 ファンファィンファィン、、(鈴は常に鳴らしている)

 クマはもともと臆病な動物だから、鉢合わせにならない限りは大丈夫じゃよ(長老ありけん)

 ファンファィンファィン、、

 ここまで来て引き返すとか、まじなかろう。絶対行くぞ!(気合派ありけん)

 ファンファィンファィン、、

 クマさんとだってきっと仲良くなれるさ!(楽天家ありけん)

 ファンファィンファィン、、

 お前、いつ死んだっていいぜ!とか言いよったやんか。(ゴルゴありけん)

 ファンファィンファィン、、

 ミュージシャン、山中で孤独死!?売れたかった…。
何故そこまでこだわった、ヤマブシタケの謎。
よっぽどネタがない時期の週刊誌の片隅の片隅にこんなの載ったりして。(保守派ありけん)

 ファンファンファィンファィンファンファンファィンファィン、、


 撤収っ!!


 応援してくれたみんな、ほんと、ごめんっ!!



e0071652_7321861.jpg
【佐久平の龍岡城跡地にて】




 まあそんなに、ええーって言わないでくれ。
旅はまだまだ続く、楽しく行こうぜ!!


 次回は、いったいどうする?このヤマブシタケ〜佐久平の歴史に触れる編。
お楽しみに☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2013-09-27 08:18
<< 2013年9月『奥信州 幻のキ... 2013年9月『奥信州 幻のキ... >>


twitter
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧