ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

西荻の空から

南からの低気圧は大陸からの高気圧を押し上げ、前線は今夜、関東甲信越を完全に通過すると思われた。

天気予報の降水確率も、18時〜0時は70%と高く、石原良純でも自信をもって「雨です!」と言うだろう空模様の中。
17:52分。
僕は本日20:30から予定していたストリートライブの中止を決定した。

現在雨が降っていないので、苦渋の決断だった。
しかし以前、雨天時にストリートライブを決行したが軒下で雨を避けて歩く通行人の邪魔になったので、雨天時は中止と決めていたのだ。
すぐさまその旨をBBSに書き込み、予定していた方々にもメールで知らせた。

「え、こっちまだ降ってないんですけど、、」
すぐさま各地から3件のメールが返ってきた。

だよね、こっちもまだ降ってないんだな。
やっぱりやろうかな・・(すぐ揺らぐ僕)

いやいや!今日は間違いなく降るのだ。
集まってやり始めて、はい中止!とかは絶対避けなければならない。

んん〜

嵐の海を行く大型客船。進むか引き返すかを迷う船長の気持ちも分かるような気がした。
僕はまるでガンダムのブライトさん。
思案の末、やはり僕は中止を覆さなかった。

それから気になるのは外ばかり。
19時を回り20時を回り、空は未だ雨を落とさない。
やっぱりやれたんじゃない・・。

「降れ〜、降るのだー!」

もはやそこにいるのは気の小さな気象予報士、ブライトさんだった。
演奏予定だった20:30。
窓から見える通行人は傘をさしてなかった。

負けた…

肩を落としたその時である。
窓の外を一人の通行人が傘をさして横切った。
一人、二人、、
歩道に次々と傘が咲いてゆく。

雨だ…

「おおー!勝ったー」(何にだ!)
やがてシャーシャーと往来の車も音をたて始め、町はすっかり低気圧に包まれた。


e0071652_037670.jpg
【井の頭公園にて】
はじめる前にストップされ、ベンチで1曲歌うありけん。



すっかり話がすりかわってしまったが、ストリートライブ。
奥が深いんだ。
12/13に新宿で行われるイベントで、西荻窪ターニングを代表して出演するということで、選んだ場所は西荻窪駅北口。
ここはあまり大声出すとすぐに駅員がやって来るから、バラードばかりになる。
物販等のアピールもあまり出来ないので、「どんな時でも、頭に絵を描いて歌う」という目標でやっている。

心身共に寒い中、手探りでやり始めたストリートライブ。
だけど、みんなが支えてくれるんだ。

スタッフや、毎回来てくれる人。
これないけどメールやBBSで応援してくれる人。
お茶を出してくれる人。
アドバイスくれる人。
差し入れ頂いたり。
投げ銭頂いたり。
これをきっかけでライブに来てくれたり。

寒空の下、続けられるのは応援してくれるみんなのおかげです。
感謝を胸に、これからも頑張ろうと強く思います。

駅前で歌いながら見上げる西荻の空は、建物に切り取られ、電線が走り、半端なネオンでかすれて、とても小さいけれど、世界に通じている。

いつも歌いながら思うのです。
「この小さな空から、ピョーンって飛び出したいな」って。

これからますます寒くなるでしょう。
頑張ります!


途中20:33。
西荻窪の常連カリスマ客「村田JC」からメールがきた。
「今日ないんすか?」って
だから来る前にBBSを見ろ!って毎回言ってんだろ。

ありがとうJC(笑)。
[PR]
by KeN-ArItA | 2006-11-27 00:03

伸びてゆくのは僕の影

先月実家に帰った時に倉庫の奥から、ずいぶん昔の日記を発見した。
7冊程まとまって袋にはいってたのだ。
その時は忙しくて、とりあえず東京に送るダンボールに入れたのだが。
ようやく見る勇気がでてきたので、とりだしてきた。


「10才」と書かれたノートからひらいてみた。
ああ。。僕の字だ。

ぱあっとめくれば20年前の空気とともに、遠い遠い記憶がパチパチとよみがえる。
しかし誤字だらけで解読に時間がかかるなぁ。

「お」と「を」なんてことごとく間違ってるし、「授業」が「業授」になってる…。

そこに書いてある日々は本当に平凡な日常で、楽しかったり、むかついたり、別に何もなかったり。

懐かしい思い出に浸れるのかと思いきや、以外に辛いことも多くよみがえってきて、複雑な気持ちになるよ。

間違いなく言えることは、子供の頃からバカだったということで。
記された小5、小6、中1、中2、中3、高1、高2、高3、予備校時代を、確かに生きていたということだ。

あまりにもことがありすぎるが、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」風に紹介させてね。

10才、
授業中、教室の窓から見える線路。
貨物列車が通過する時間と、何両編成だったのかを毎日記録していた。

11才、
授業中、こっそりハトの卵を温めていた。
先生に見つかって手を開けろ!と言われたが、意地でも手を開かなかったらしい。だけど卵は割れていて、すごく怒っていた。

12才(中1)、
クワガタと釣りとプラモデル。

13才(中2)、
ヤンキーから走ってにげていた。

14才(中3)、
尾崎豊を聴き、音楽に目覚める。
だけど後藤久美子が好きだった。

15才(高1)、
いつも一人で非常階段でウォークマンを聴いていた。

16才(高2)、
バスケに夢中。
日記では、意外に文句ばっかり言っている。

17才(高3)、
彼女のことが好きで好きでたまらないのに、辛い態度であたってしまうもどかしさが連日記されている。
読み返す自分が恥ずかしい。

18才(予備校)、
何を決心しても続かない、パチンコ屋でチンピラの代打ちバイトをやっていた。
そんな中、高3に買ったギターを弾きはじめる。


想い出は胸に焼きつけていれば、また思い出す。
そう強く思っていたのだけど、写真や記録というのはやっぱり悪くないね。

この日記達は、心の奥深くにほこりをかぶって忘れ去られたハコ達の鍵で、いい思い出も、悪い思い出も、最高の日々も、最低の日々も、なにもない日々も思いだださせてくれた。

僕はこの日記達をもう10年単位で見ないだろう。
だけどいつかまた、見ると思うよ。
その時はまた見方が違うかもね。


歩いてゆく僕の影は、西からの夕陽を背にどんどん伸びてゆくだろう。
僕は、その影とともに朝陽に向かって東へと歩いてゆくんだ。

未来にもきっと「素晴らしい」と言える時間があるはず。

まー、いい思い出だけ残してゆきましょう。


最後に分かったこと。
日記は後で自分がもう一度読み返すことを意識してつけた方がいい(笑)。



e0071652_0192630.jpg
【屋上の花】
「こんなとこに生えてしまったよ〜」とか思ってないよね。
ただただ生きとんしゃった。


e0071652_0221011.jpg

【秋空に柿とすずめ】
街は後楽園の小石川。
ふと見上げると、こんにちは(笑)。
みんな冬支度。
お互い、いい冬にしましょうね!
[PR]
by KeN-ArItA | 2006-11-18 22:19


twitter
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧