「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

帰り道は星空の下

風が強い一日だった。
屋上ではさらに風が増し、それはまるで荒海の波のよう。
富士山がきれいに見えれば見えるほど風は暴れ、夕焼けは紫、やがて満天の星空になる。
随分前に親方から教えてもらったことは、天気予報よりあてになった。

早めに仕事にけりをつけた帰り道、駅を出て川沿いを早足に。
見上げれば、冬至を終えたばかりのまだ早い夜空にチロチロと星が瞬いていた。

おお〜
東京でもこんなに星が見えることがあるんだ。


小学校の頃、太陽系圏内にハレー彗星という大型彗星がやってきた。
76年に一度の周期でやってくると言われていて、次に見れるのは76年先となり「貴重な瞬間だ!」とみんな騒いでいたのを覚えている。

僕は、76年かけて一周する彗星の気が知れず。
途中で道を間違えるか気が変わるかして、どこかへ飛んでってしまうに違いない。
だから「もうこない」そう確信していた(答えは2061年に!)。


天体観測が好きな父は、望遠鏡とともに僕を連れて大分県の山の中へ向かった。
到着して車から降りて満天の星空を見上げた時、僕はきっと目が丸くなっていただろう。
気持ち悪い程の星の数と流れ星の飛び交う空は、立体的だった。

「これは…、絶対どこかに生き物住んでるな」
その時から宇宙人を信じてます。

興奮した父に望遠鏡を覗かせられ、いざ見たハレー彗星。

しかし、それはぼーっとしていてインパクトに欠けていた。
それよりも、バラバラと降ってくる流れ星を数えながら見上げた空が忘れられない。

「物より想い出」とはよく言ったものやね。
ありがとう、感謝です。


火星、木星、シリウス、、あれは何だったかな。
年末の川沿いを、今日はスローテンポで歩いてゆく。

大きなキャリーバックとネギの入った買い物袋。

「年末年始はネギさえあればなんとかなる」

例年どうりの考え方と、ひとつ年をとった僕。

しっぽり冬と思い出に包まれた帰り道は、星空の下へ。
北風だってヘッチャラさ。


e0071652_16454710.jpg
【新宿の屋上より南の空へ】
冬だ!昼と夜の境目。
グラデーションは、風とはうらはらに暖かい。

e0071652_16522625.jpg
【代々木ブーガルへの行き方(サポートキーボード、みきてぃ作)】
サポートキーボードをやってくれている北村美喜のバンド「リゴライフス」のライブに行ってきた。
ブーガルの場所は知っていたが、ご丁寧に地図を書いて写メで送ってくれた。
笑ったよ、これ新しいね。
ぱっと見むかつくけど、よーく見てるとわかってくる(笑)。

でもリゴは、頑張っているバンドの一つだ。
陰ながら応援してるよ。
[PR]
by KeN-ArItA | 2006-12-28 23:07

公園へ行こう

秋もすっかり都心まで降りてきて、あっという間。
今ではもう冬への引き継ぎだ。

東京は赤坂。
あまりに天気がよいので、昼休みは近くにある公園へと向かった。


e0071652_1323091.jpg



休日とあってガラガラな公園は、けやきの落ち葉でうもれている。
落ち葉はなんでこんなに暖かそうな色をしているのだろう。

ザシャ〜

飛び込んでゴロゴロしたくなるよね。
昔やった、たき火を思い出す。
焼きイモよくやったな〜。


木製のベンチに、カップ春雨と僕。


e0071652_1384794.jpg



向こうの茂みに、日だまりとドラ猫。


e0071652_1403892.jpg



奥まで歩けば、収穫の秋。
都心赤坂での意外な光景やね。


e0071652_1582150.jpg



寝っころがって見る空はもう冬だ。
寒いがよい日差しなので、ほんわか眠たくなるよ。

厳しい季節の前に、ドラ猫VSありけん。
どちらが気持ちよく寝るか。
さあ、スタート!

しかし見事なドラ猫だ。
絶対触らせてくれないだろうな。


そして僕らは夢の中。


この後、目覚めた僕は鼻水が止まらなくなるのである。
[PR]
by KeN-ArItA | 2006-12-07 01:46


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧