ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お試し!ねるねるヨーグルト

ちょと前から口内炎ができていた。
あまりできる方ではないのだけど、わりとでっかいヤツができていたのだ。

チョコラBBでも効果がないので「口内炎の治し方」とネットで検索したところ、すごい情報を入手した。

ブログ形式の掲示板にその治療法が記された後に、「すぐ治りました☆」「びっくりです!」「ありがとうございました〜」などなど感謝のレスで溢れかえってるではないか。

おお〜これしかない。

早速、幻の薬の作り方を見てみた。

牛乳コップ一杯に対し、ペットボトルのキャップ一杯半のお酢を入れて飲む。

良薬は、いたってシンプルなものだった。

早速スーパーで牛乳とお酢を買ってきた僕は、一瞬で幻の薬を作り上げた。
(お酢の量は、トポトポと感で入れました)

混ぜれば混ぜるほとろとろとなってゆき、それは「ねるねるねるね」(子供の頃に流行ったお菓子。現在も隠れ家的駄菓子屋にあることもある)を連想させた。

んん〜

まるでどろっとしすぎないヨーグルト。
そう、ヨーグルトだ。
こうやって作ってたのか〜(たぶん違う)

えいっ!!

僕は「ねるねるヨーグルト」を一気にコップの3分の1あたりまで飲んでみた。



うわっ、まず〜い

なんだこれは、、まずいぞ

まるで牛乳にお酢を混ぜたような味だ。

良薬口に苦しと言うが、それにしても量が多すぎじゃないか。
(僕は、たくさん飲めば早く良くなる気がして大きめのコップで作っていたのだ。)

せめてリンゴ酢とかにしとけばよかった。(T_T)

「しかし、これで治るんだ…」
そう自分に言い聞かせた僕は、残りを2回に分けて一気に飲み干した。


「効果は1回目からすぐにあらわれます」
説明には確かそう記してあった。

フフフ。。
すぐに効果が表れるんだって。

よし、すぐに治ったら自分もレスをするぞ。
「まじすごいっす☆」とか、キャラ変えていってみようかな。
ついでにアルバムの告知もしようかな。


10分後、早くも僕の体に変化が現れた。

お腹が痛くなってきたのだ。

(>_<)

一方口内炎は、クリーミーになった口の中、依然勢力を保ったままだった。

僕は「一回で効かないのなら止めて下さい」という説明を無視して、2日間も続けてしまった(小さいコップにかえたけど)。


お腹のすぐれない日が2日続き、それから何日か経って口内炎は徐々に治っていった。

しかし、それは「ねるねるヨーグルト」のおかげではないと僕は断言したい。


民間療法。。
それは科学的裏付けを優先せずに、歴史とともに一般ピーポーから自然発生してきたものだろう。
自分も子供の頃は、ケガをするとおばあちゃんにドクダミの葉を熱で煎じて塗られたものだ。
カゼのときの『卵酒』や『ショウガ湯』なんかもその一つかもしれない。

それは案外、時と場合により専門的な薬よりも安全で、優れていたりするかもしれない。

しかしその歴史の中で、相性が合わない犠牲者が出たことも僕らは忘れてはならない。


『ねるねるヨーグルト療法』のレスコーナーに、匿名で「まじすごいっす☆」と書込まれることはなかった。


口内炎ができた方はこの『ねるねるヨーグルト療法』、ぜひ試してみて!



e0071652_1153423.jpg
【隣の隣の住人の扉】

バルサン中らしい(笑)。
煙が火事と間違われないように貼ったんだろう。
しかしびっくりマーク2個とは、、よっぽどウキウキしてバルサンたいたんだろうな。
顔は見たことないけど、なんだか仲良くなれそうな気がする(笑)。
[PR]
by KeN-ArItA | 2007-10-31 01:00

振り返れば足跡、行く先は彼方

10月も後半戦、朝晩と冷えてきましたね。
空がきれいだ。
街路樹のポプラの葉も、バサバサ感を増してきました。

そんな秋最中

ありけんはというと、
海面すれすれを飛ぶ鳥のよう、カゼをひく一歩手前です。

ぼちゃ〜ん
はい、カゼ!

とならないように、、舞い上がれ、おれ。


やっとこさCD制作を終えたわけですが、一息つく間もなく、レコ発イベント(レコード発売記念イベント)やプロモーション、ツアーに向けてやっぱり時間がない日々です。

んん〜 頑張ります(日記の更新も…)。


e0071652_19243790.jpg
【東京は赤坂。ビルの上のススキのあい間より。】

今回、アルバムということで8曲入りのCDを出すわけですが、
『振り返れば足跡、行く先は彼方』というタイトルにしました。


思い返せば、、
自分はほんとに無駄ばかりの時間を過ごしてきました。
たくさんの人に迷惑をかけて、
未だに会えない人すらいます(ゴメン)。

そんな過去を消すことができるわけもなく、
ただ少しでもまともになろうと、
ギャンブルやタバコ、お酒もやめて、
日々、ただただ忙しくして。

そんなことではない、ということも分かってました。
だけどやっぱり、忙しくしてないと怖かったのです。


そんなある日、ふと振り返ってみると、
自分の足跡がずっと続いているのに気づきました。

ダメダメな日々も、栄光の瞬間も、最低な時間も、
その足跡はひどく遠回りで、

砂浜をただ真っすぐに歩いてくればよかったのに、
あっち寄り、こっち寄り、時には途切れたり、戻ったり。

だけど「足跡」は、確実に続いていました。


自分は他人ではないので、きっと自分の中にあるものしか表現できません。
だから自分の歌は、そんな遠回りな「足跡」の歌です。


e0071652_2130879.jpg


振り返ったままずっと立ち尽くしていても、しかたありません。
再び前を向いてみました。

ふぅ〜

果てしなく続く世界は、キラキラ綺麗。


今度こそ真っすぐに歩いてゆこう。
だけどやっぱりきっと、グニャグニャと。

行き着く先は、誰も、自分でさえも見たことのない「彼方」。
それはきっと自分そのものでしょう。


自分は他人ではないので、自分の中にあるものしか表現できません。
だから自分の歌は、いつかこうありたい、そんな「彼方」の歌です。


e0071652_20215549.jpg


ホームページや、日記、ジャケットの写真を見ても分かるように。
真っ正面からの自分の写真は、ほとんどチョイスされません。

それはまだ、自分のことが好きではないからだと思います。
だけど、前よりは好きになりましたよ。

いつか本当に胸を張れるように、
ちゃんとなれるように、


優しい人間はきっと、優しい歌を歌うことができると思います。


ぼくの理想も彼方。

だからやっぱり、、頑張ります。


e0071652_20534678.jpg


冬がやって来る直前の寒さというのに、落ち葉の色は暖かいよね。
子供の頃はよく、掃き集められた落ち葉の山に突っ込んでいったものです。
(けっこうチクチクする、たまに栗とか混じっているので要注意)

みんなで寝っころがって、
ていっ!と舞い上げた落ち葉の向こう。

薄い白の絵の具を、水に溶いたような高い青空を見ながら、
なにを思っていたのでしょうね。

今年は、チャンスがあれば「イチョウ」か「けやき」あたりの落ち葉の山に、突っ込んでみたいと思います。

ご一緒します?(笑)


みなさんもよい秋を!



追伸:CD、ぜひ聞いてね☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2007-10-20 20:26


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧