ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今日はご飯を食べて帰ろう

最近、行きつけの『餃子の満州』というイタメシ屋に新人の女の子が入った。

『餃子の満州』(チェーン店)は店内も広く、安いのにうまいということで埼玉や西東京あたりでかなり人気がある。


『3割うまい!』という「何に対してだ!」と突っ込みたくなるようなキャッチフレーズを掲げるこの店。
自分が利用する駅の回りには、本屋は2軒しかないのに、『餃子の満州』は北口と南口に2軒もあるのだ(みんな本よりも餃子の方が好き!)。

すごい勢力である。
僕も忙しいときは、よくここでご飯にするんだ。


厨房まで見渡せるわりと広い店内では、いつも4人程の従業員が働いている。
従業員はほとんどがアルバイトで構成されていて、高校生は当たり前、「君は中学生か…?」そんな子まで働いている(ちゃんと大人もいるよ)。
制服姿の女子高生が「遅れました〜」と入ってきて、着替えて出てきたとおもったらもうフライパンを振ってたりする。そんな店なのである。


当然作る料理にも当たり外れがあり、みそラーメンセットのラーメンの具がなんだか少ないときは、お新香が大盛りででてきたり。
忙しくて出てくるのが遅くなったときは、みそラーメンの豚肉が気持ち多めに入っていたり。
餃子が少し焦げすぎた時は、多少申訳なさそうに持って来たりするんだ。

そんな気遣いができるとは、、高校生とはいえやはりプロである。

僕はそんな『餃子の満州』が好きだ。


アルバイトの入れ替わりが激しいこの店は、新人でもすぐにレジを打たせる。
アフリカの草食動物のように、ここでは新人で入ってもすぐに自力で立ち上がらなければやっていけないのである。


そう、そこで最近入ったアルバイトの女の子(金髪、高校生)の話である。
普通、お金を払った後に「ごちそうさま」というと、「ありがとうございました!」と返ってくるものである。

だけどこの子は「ごちそうさま」に対して、「はい!」と答えるのである。

…さすがは『餃子の満州』、またすごいヤツを雇ったなぁ。


2週間程して再びこの店に来た時、あの子が僕のレジを打った。
一万円を出した僕に、「ひとまず、大きい方から5千、6千、7千、8千、9千円お返ししまーす。」なんと軽やかに対応できているではないか。

おおー

僕は嬉くなった。

アフリカで生まれたシマウマの子が1週間で走れるように、『餃子の満州』に入ったこの子はたった2週間で成長したのである。

うんうん。こうやって大人になってゆくんだな。

そして僕は元気に言ってみた。

「ごちそうさん!」

そしたら

「は〜い!」

だって。


おかしいよね(笑)

いつまで続くか楽しみだ。



e0071652_18551845.jpg
【スタジオリハの休憩時間 Withサポートメンバー】

リハーサルの休憩時間。

早めにスタジオに戻った僕は、キーボード(北村美喜のNORD)を弾いてドラムの大浦ともぞうと噛み合わないセッションをやっていた。
噛み合わない理由は、有田はセッションをしてるつもりなのに、大浦はセッションしてるつもりはなかったからだ。

そこへ帰って来た北村美喜は、自分の弾く楽器がなくて僕のギターを弾きはじめた(もちろん弾けない)。

その絵がおかしかったらしく、ベースの余語知幸はすかさず写メ。

北村にせがまれギターのワンコードを教える澤野隼土。

勝手にヒートアップしてくる大浦。

まだ休憩気分で、ぼーっとしているパーカッションの馬場章生。

ドラムのヒートアップで火がつく澤野ギター。

うるさくてキーボードの音が聞こえなくなりつまんなくなった有田。

実はベースがそんなに好きではない余語、写メで爆笑(写真)。

ワンコードで何がそんなに楽しい?北村。

この隙に、もう一本タバコを吸いに行こうかと考えてる馬場。

さらにヒートアップの大浦、澤野。


ズドドドドドドー…

このメンバー、過去最低のセッションは終了した。


なんだか、学生の頃を思い出したよ(笑)。



みんなこれからもよろしくね!
(曲、間違えないでね!)
[PR]
by KeN-ArItA | 2007-11-10 18:45


twitter
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧