「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フォトギャラリー ♯10 風冬陽春

季節は確実に回っている。
2009年、気づけばもう2月。
冷たい風の中でも暖かくなった陽射しを感じる。
もうすぐ春やね。

e0071652_9472225.jpg
【代々木八幡にて、見上げる空はカラッカラ】


細い急な坂道の途中で代々木八幡の入り口を見つけた。
まだ時間があるし、コーヒーを買って少し寄ってみることにした。


e0071652_103358.jpg



境内の日だまりでは、お約束のネコがふくれて目を細めている。
ふいっ
カメラを向けると別のお気に入りの場所へと行ってしまった。

かー

かぁ〜


e0071652_107199.jpg



都内のカラスはとても元気がよい。
元気がよいというか、凶暴だ。

朝の新宿、渋谷などでは人が避けて通る程の暴れぶりだ。
野鳥なのにすごいよね。
人間も負けてられない!
生き生きと、生きるのです。


e0071652_10112354.jpg
【両国のライブハウスにて、セッションナイト】



先日、大学時代の先輩が主催するセッションイベントに行ってきた。
自分が1年の頃に4年だった先輩で、すごくパワフルで生命力溢れる人なのだ。
出会った当初は、自分も尊敬していてよく付いて回っていたし、飽きもせず永遠とセッションをやったりした。
しかし、いかんせん自分が生意気で、先輩も人を蹴落としてでも上に行くという人だったので、当然のように疎遠になっていった。

その後、数々の活躍をしてゆく先輩の話は耳にしていて、いつからか、また会いたいなと思うようになっていたのだ。
セッションの内容は、ほぼヘビーメタルだったが、なんだか懐かしく、よい時間だった。
先輩の話では、またやるらしい(笑)。


e0071652_10294678.jpg
【2008/12/24 代々木ラボにて】



e0071652_1031527.jpg
【2008/12/24 代々木ラボにて】



e0071652_10331081.jpg
【カランコエ】

去年3月に買って来た花が、冬を越しそうだ。
去年は3度も花を咲かせてくれた。
鉢植え(拾って来たやつ)も大きくしたし、土もたくさん入れたし。
今年も黄色くて可愛い花を、また咲かせてくれたらいいな。
花の名前が分からないままよくこの話をしていたら、見かねた方が花の名前を教えてくれた。
カランコエ、でした。


e0071652_1040113.jpg
【赤坂のビルの屋上にて】



屋上緑化。
日当り抜群、ここは空に近い花壇。
みんなで少しずつ、未来へ。


e0071652_1043508.jpg
【天高く。世界はきっときれい】



屋上から、南の大地へ

背伸びをして見れば、遥かずっとずっと南の方
たくさんの想い出やら、優しさやら、愛情やら
キラキラまばゆい光は、大地から尽きることなく溢れ出し
それはまるで、光る液体の噴水の様
気づけば、自分の中でも同じものが光りだしていた

空はこんなに青いのに
いや、空はこんなに青いから

歩いてゆける





                                      ライブphoto:yayo
[PR]
by KeN-ArItA | 2009-02-19 15:46

風と月

排気ガスや塵、工場の煙などおかまいなし。
西から動いてきた大気は、霞みがちな都心の空気を跡形もなく東へと追いやろうとしていた。

立春を終えた冬は、熟れきった果実のようにベテランになり、調子にのっていて、実は強大になりつつある春の勢力などに気づくはずもなかった。
やがて一時代の衰退のように、北へと追いやられてしまうだろう。

そんなこと考えたって、今はベテラン冬の北風帰り道。
もー、前へ進まない。寒いったらありゃしない。
楽しそうなのは買い物袋から転げ落ちそうで落ちない長ネギと、月くらいだ。

川沿いの帰り道、やっぱりAコース(商店街通り)で帰ればよかったと後悔の最中。
低い西空にはステージに上がったばかりの月が、僕の目を、きっとみんなの目も惹いていた。


e0071652_21394712.jpg



風と月

誰もが愛する太陽の彼女とは違って、主張派ではない月の彼女。

脇役でも主役でも、実はそんなことはどうでもいいのだ。
歌っていて、それがひっそりしているなぁと思われたっておかまいなし。
晴れだって、霞みがかってたって、雨だって、おぼろな夜だって、さほど気にならない。
彼女はいつもクルクル、ルララ…と歌っていた。

だけど今夜は違っているよう。
彼女を取り巻く邪魔者達が、ことごとく消え去っているのだ。

予期せぬ突然のスポットライトに彼女の横顔は少し恥ずかしそう。
それでもルララ…と歌いながら。
ブルーのドレスから伸びるメロウで優しく、なのに眩しいくらい透き通る白い手足は、クルクルと滑らかにステージを回る。

手足の軌跡は流線形。
その流線を滑るように流れてゆくのは、彼女のささやくような歌声。

やがて彼女は、時計の短針のように境目なくゆっくりと慣れてゆき、自分が放つ光をより楽しみ始めるだろう。

だって私はきれい。本当はきれい。



その昔、
風の彼は、月の彼女に恋をした。

彼は彼女のために毎日走り回って、立派なステージとまばゆい程のスポットライトを用意した。
彼女の美しさと輝きは日に日に増してゆき、彼はそれを見ながら吹きすさぶことが幸せだった。

しかし、そのダンスと歌声は誰をも魅了した。
誰もが瞳の奥底で彼女を捉え、誰もが彼女に恋をしはじめたのだ。

彼は立ち止まり、初めて『見返り』というものを求めたくなった。
毎日が辛くてしょうがなくなった彼は、ある日、兄様である大気と惑星達にお願いをして、想いを伝えに天空へと旅立った。

数日後、夜空から舞い戻った彼に凛とした音はなかった。
風車も風見鶏も、さざ波も穂の揺れも、止まってしまった。

それ以来、風は月のために吹くことはなくなったという。



きっと年に数える程。
偶然が作り出すこともあれば、星達がプレゼントすることもある。
だけど今夜は違うのだ。

風の彼は、海と笑ったり、街と話したり、牧場を駆けぬけたりして紛らわして塗り固めていても、未だ風化しない自分の心を知っていた。

ある日、彼は大陸の山脈に腰掛けて天空を眺めていた。
そして大きく息を吸い込んで「ふぅ」と吹き出して、笑ってみた。

穂は揺れて、湖はさざ波で光り、少年は帽子を手でおさえ、綿毛は空高く旅立った。

「ふぅ」もう一度笑ってみた。

それから、彼は綿密な計画を練りはじめたのだ。
ユーラシアの大気と太平洋の大気にお願いをして、星や太陽にまで挨拶をして、この日を狙っていたのだ。

雲一つないダークブルーの半球。
星達のミラーボール。
裏方に回った太陽の、いつもよりまばゆいスポットライト。

乱れ狂った指揮者のようにさらにボウボウと、彼は彼女の邪魔者達をいっさい寄せつけない。

彼は、彼女の美しさを知っていた。
そしてやっぱり恋をしていた。


夜空の舞踏会、今夜の彼女は本当にきれい。







e0071652_1143465.jpg
【静寂は中断する】

東京は西の果て、青梅に来ていた。
所用を終えた帰り道、落ち着いた踏切の石段で一休み。
静寂を打ち壊したものの、それは無理のない自然な響きのよう。
今か今かと待てば、時はゆっくりと流れ始める。


e0071652_11491171.jpg



線路がきしみはじめ、当たり前の出来事にも期待は高まってしまう。
小さな踏切には大きすぎる列車が駆け抜ける。


e0071652_11524875.jpg
【ベテランになった冬空の下、再開した静かな夜】


線路に出て、行ってしまった列車を見る。
2つの赤ランプはどんどん小さくなり、さらにくすみ、ふっと闇に飲まれた。
より静かさを増した青梅な夜。
気持ちも石段に同化してしまいそう。
[PR]
by KeN-ArItA | 2009-02-10 21:39


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧