ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベランダに出よう

ベランダに青ネギ(小ネギ)を植えた。
植えたといっても、薬味に使った小ネギの根っこを捨てないで土にさしただけなのだが、切り口からまた伸びてくるのが嬉しい。


e0071652_13223028.jpg



子どもの頃、実家の庭にも畑があって季節の野菜が地味に植えてあった。
みそ汁ができたから卵とネギを採っておいで。
魚焼くから大根採っておいで。
そういったことは日常だった。

福岡では『ネギ』と言えば、青ネギ(小ネギ)である。
もちろん白いネギもあるのだが、ラーメンやその他多くのものに入っているのは青ネギで、自分も青ネギが好きだ。
先日、切った根っこを捨てようとしてふとネギ栽培を思い出したのだ。


鉢植えは空いていた発泡スチロールの箱を使うとして、問題は土である。
改めて驚くことに、近所には土がないのだ。
ないと言うとウソになるが、他人の土地だったり、神社だったり、川だったり、とにかくお手軽ではないのだ。
なんてこった、大地は土でできているというのに。
仕方なく近所の花屋で土を買って来て、高価なネギ栽培が始まったというわけだ。

しかし、日に日にぐんぐん伸びるネギを見ながら水をあげるのは楽しいものである。
早く大きくなーれ。


現在、ベランダの鉢植えは4つ。
生い茂るカランコエ、カラカラに枯れた花カンザシ、土の中で生きているのか死んでいるのかすら分からない水仙の球根、それとネギである。

ちょっと前に、カランコエの鉢植えに生えてきた正体不明の謎の芽もネギの箱に移して様子を見ることにしている。


e0071652_13491828.jpg



この双子葉類はいったいなにかな。
花?木?
大木になったらどうしよう。


夏はふとんを干したりするのでベランダに出ることが多い。
なんだかな、やっぱり晴れた日のベランダはいいね。
外っていいね。


今日は『ベランダ日記』。
次書く時はまた新しい鉢植えが増えとうかもね。




e0071652_13414591.jpg
【しずくの向こう】
今年の夏は雨が多かった。
雨宿り、しずくの向こうはホントの世界。


e0071652_13561149.jpg
【カール】
クルクル、夏空へ。


e0071652_13571126.jpg
【瞳を閉じて】
お昼休みは、多摩川にて。


e0071652_13583765.jpg
【靴を脱いで】
懐かしい感触。


e0071652_14019100.jpg
【燃えアコ、オープン前】
今年隔月開催のありけん企画『燃えろ!アコースティック聖火リレー』。
今年は残すとこあと2回。
さあ、がんばるぞ!
[PR]
by KeN-ArItA | 2009-08-21 14:02

命は、あきらめない

学生食堂で四人は盛り上がっていた。
学園祭で1回限りの企画バンドをやろうというということになったのだ。
普段はそれぞれ自分がメインとするバンドをやっているため、こういう企画バンドはリラックスしてて楽しくやれるからね。

あれをやろう、これもやろうと盛り上がってゆく中、リーダーの英二が以前から考えていたバンド名を『ファットボム』と発表した。
自分はその名を聞いて困惑してしまった。
それは長崎、広島に落下された原子爆弾の名前と同じだったからだ。

64年前の8月6日、本来福岡市を目指したはずのファットボムは、曇天のため第二目標の長崎へと運ばれていった。
小学校の頃から、夏休みの登校日でもそのことについて語られ、時間になると学校全体で黙祷を捧げたものだった。
地域全体で哀悼の意識も高く、その反戦意識は知らずと染み込んで育ったのだろう。

なぜ、そんな名前を。
自分は、盛り上がりの最中に言いにくいとは思ったが、その名前ならば自分はやらないと理由もつけてはっきりと言った。
当時19歳、アウトローがかっこいいとされていたバンド仲間に、こういうことを言うのは勇気がいった。

次の日、英二が駆けて来て僕に言った。
ごめん!俺が決めたかったバンド名はファットボムでなくて、ファートボムだったよ。
意味はね、『おなら爆弾』。
僕らは大笑いした。
洋楽バンドの歌詞から得たネーミングだったのだが、読み方を間違えていたらしい。

それならばぜんぜん問題はないとスタートしたファートボム。
演奏曲は、全曲ハードコア(すごいうるさくて早い)だった。

「全員ビキニパンツで出ようぜ!」
「いや、おれ、全裸で出る!」

ビキニパンツも全裸もいやだった自分は 女装で出ることになった。
無茶な仲間だったが、本当はみんな優しかった。


e0071652_144363.jpg
【森へゆこう】



今日は8月15日、戦後64周年。
今では多くの平成生まれが各所で活躍している。

あるご年配の方が言った。
最近の若者はこの不景気情勢の中で、可哀想だ。
私らの時代は、経済の成長期で活気があって本当によかった。

自分はそうは思わない。
若者もそうは思わない。
へんぴな場所で芽吹いた草がそれでも凛と生きるように、踏みつぶされてもまた生えてくるように、多くの若者達は頑張っている。
そんな場面をよく目にするのだ。


「余命3ヶ月を言い渡された私が、あれから1年経った今でもまだ生きている。
だけどその間に、余命を言い渡されなかった人達がどれだけ死んだと思う?
明日が来るって、幸せなことだったんだね。」

数年前に乳がんで亡くなった、愛すべき友人が言った言葉だ。


冷夏と言われるこの夏、今日は久しぶりの青空。
窓を開けて見渡す視界は小さな世界だけど、見上げる空は世界をぐるりと包んでまた戻ってきている。
今日があるのは、素晴らしい。

戦時中を生きた人達がいる。
戦後を生きた人達がいる。
高度経済成長期を生きた人達がいる。

僕らは低迷の時代を生きる人達なのかもしれない。

だけど、大丈夫。
前を向いて、さあ、共にこの時代を歩んでゆきましょう。



e0071652_1452740.jpg
【世界は続いている】


e0071652_1474959.jpg
【命は、あきらめない】
[PR]
by KeN-ArItA | 2009-08-15 13:04

朝の俺、夕方のオレ

最近、朝早くギターを弾くことがお気に入りだ。
10分だったり30分だったり時間は短めなのだが、窓を開けて弾くギターは気持ちいい。

今日もそんなよい一日の始まり。
さらに、出掛けにつけているテレビニュース。
その合間の運勢占いは1番だった(悪いと耳に入ってこない仕組みになっている)。
よいね。
今日も一日よいテンションで行こう!


しかし、絶妙な悪タイミング同士が握手し、大変な一日になってしまうことってあるよね。
昼間は大変だったよ。
だけど、よいテンションはそんなことでは負けないのだ!

なんとかそんな山々を乗り越えたおつかれ帰り道、JRのホームで電車を待っていた。
夕焼けはきれいで、ホームへとかいくぐってくる風と共に僕をぽーっとさせた。
心地いい。

自販機の前に立った僕は、嬉しくなった。
最近ではめっきり見かけなくなった大好きな、ジョージア『エメラルドマウンテン・カフェオレ(ノンシュガー)』のペットボトルが並んでいたからだ。

おおー、やっぱり今日はラッキーじゃないか。
頑張っていると、よいことはあるものやね。

ボタンを押してペットボトルを取り出し、入線して来た武蔵野線へと乗り込んだ。
府中本町駅は始発駅なので人も少なく、ゆっくり座れるのがいい。
すぐさま幻の『エメラルドマウンテン・カフェオレ(ノンシュガー)』を飲みながら本を読み始めた。

電車は動き始め、夕陽はバラバラと窓に散らばっては駆けてゆく。
最高の時間だ。

……

僕は手に持っているペットボトルを見た。
それは幻のエメラルドマウンテンではなく、サントリーBOSSの『朝のオレ』(カフェオレ)だった。

なぜだ…異様に甘ったるいと思ったら違うやつじゃないか!

確かに『エメラルドマウンテン・カフェオレ(ノンシュガー)』を押したはずなのに。
メーカーまで違うじゃないか…。

この『朝のオレ』は、以前自主的に飲んで、もう二度と飲まないと硬く決意したやつだった。


「有田君、おめでとう!合格ですよ」

「やったよおれ!やったー!!」

「あ、、ごめん!順番を1つ間違えてた。
合格は荒井君で、有田君はやっぱり不合格でした。」

こんな感じ。
こんな合格発表ってあり?って感じ。


この大したことのない小事件。
だがしかし、気を緩めていたありけんにとってはかなりのダメージとなった。

はぁ

朝の俺は、あんなに清々しかったのに。
夕方の俺は、朝のオレを片手に参っている。

だいたい、なんで夕方なのに朝のオレを飲んでなきゃならないんだ。
しかも、メーカーまで違うし。
午後のオレならまだしも、なんで朝のオレを夕方の俺が…


武蔵野線は長い長いトンネルに入った。
トンネルを出ると、夜はうんと街まで降りて来ていた。

夜の俺は、朝のオレを再び口にした。
あめぇ〜


がんばれオレ。





e0071652_2229101.jpg
【どんどん行こう】
競争やね。
天まで届け。


e0071652_22303975.jpg
【ひまわり、スタンバイ】
後ろから、ひまわりの眺める空も。


e0071652_2233438.jpg
【夏色、その1】


e0071652_2234062.jpg
【今年も猫じゃらし】


e0071652_22345965.jpg
【夏色、その2】
今年の夏は天気がよくない。
梅雨も長引いたしね。
きっと今から夏の逆襲。
今の季節を満喫しよう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2009-08-05 20:57


twitter
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧