ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

時々タイムスリップ『久しぶり!まるちゃん』

テレビをつけたら『ちびまる子ちゃん』の20周年記念スペシャルが放送されていた。
『ちびまる子ちゃん』と言えば、忘れられない思い出がある。


高校2年、英語の授業中だった。
先生が黒板に夢中になっている隙に、僕のもとに小さな紙切れと1冊のマンガ本が回ってきた。
「由美ちゃんに回して」と書かれた紙切れ。
『ちびまる子ちゃん』と題された、当時の少女マンガにしては気の抜けた表紙。

…まったく、女子はマンガが好きだな。
僕は先生から見えないように机の引き出し辺りにそれをもってゆき、さっそく読み始めた。

「ちょっと、なん読みようと!はやくまわしーよ」
ひそひそ声の催促なんておかまいなしである。

…こんな少女マンガもあるんだ(女子が読むマンガは全て少女マンガだと思っていた)。
僕は、面白いと思った。

フフ、、
フフフ、、。

しかし、マンガに夢中になっている姿を、たまたま隣のクラスから廊下に出てきていたおっかない国語教師に見られていようとは。
殺気も気づかせないほど夢中にさせる『ちびまる子ちゃん』、恐るべし。

授業が終わって、チャイムの余韻も引けぬ間に駆けてきた友人。
「おまえ、マンガ見よったろう?
国永が廊下からすごい形相でお前のこと見よったぜ」

彼は、気の毒そうな、だけど少し楽しそうな顔をしていた。
災難とは、ある日突然向こうからやってくるものである。
幸せは歩いて来ないのに、災難は向こうからやってくるのである。
そんなものである。

「そんな、、おれはただ、通りすがりのマンガ読んだだけやんか。」


「有田はおるかぁー」

(条件反射で机の下に隠れる有田)

「有田はおらんのかぁー」

(さらに小さくなる有田)

「昼休みにマンガ持っておれんとこ来いって、有田に言っとけ!」(聞こえている)


昼休みも終わる頃、職員室から出てきた有田の頭はそうとうヒリヒリしていた。
もっとかわいそうなのは、さんざん僕の頭を叩く道具にされた『ちびまる子ちゃん』であった。
表紙は破け、単行本なのに雑誌のようにしわくちゃである。

「お前はな(ビシッ)、授業中にな(ビシッ)、こんなものを(ビシッ)。
読んでいいと、お(ビシッ)も(ビシッ)い(ビシッ)よ(ビシッ)う(ビシッ)と(ビシッ)やっ!(ビシッ!)」

大変だった。
しかし、自分のものでない『ちびまる子ちゃん』を奪われなくてよかったと思った。


あの衝撃的な出会いから、20年近くも経ったというのか。
テレビの中のまるちゃん達は相変わらずで、ほのぼのとさせてくれる。
すごいなー、ずっと変わってないんだもんな。

20年前の自分、今の自分。
変わったところ、かわってないところ。
どうなんだろう。

思わずため息が出てしまうのはなぜ。

とりあえずまるちゃん、20周年おめでとう。
そしておれ、おまけだけどあれから20周年おめでとう。

これからもがんばろうね!




e0071652_632853.jpg
【きのこパラダイス】
思い出せば暖かい、2007年『きのこの旅』。
よく買っていたしめじ(とってもおいしめじ)のパッケージの裏面に『工場見学大歓迎』と記されているにに気づき、旅はきっかけと『(有)いいやま』さん(長野の飯山市)まで旅をしたのだ。
(詳しくは『ありけんエッセイコーナー:きのこの旅』へ)

あれから3年、先日『(有)いいやま』(現在は『産直いいやま』)の社長さんから、たくさんのきのこの詰め合わせが送られてきた。
なんとキャラクタータオルも!
もー、すごい嬉しい。


e0071652_636142.jpg
【『産直いいやまの』しめじ】
すごいよね。
刺身でも食べれそう。
ぷりっとした歯ごたえと、独特の苦みがたまらない。

工場見学の日、社長さんは不在で会えなかったのだが、今回連絡いただいて話もできた。
やっぱりたくさんの苦労を経験された方は、考え方が大きいよね。
人のつながりを大事にしていらっしゃる。


e0071652_638295.jpg
【特大きのこ鍋】
リハーサルでいつものサポートメンバーがやってくるので、きのこ鍋を作った。
みんな言葉少なく夢中で食べた。
もー、本当においしいと。

農場の方、『産直いいやま』のみんさん、久保田さん、ありがとうございました。
また伺います!

(ホームページのリンクコーナーに『産直いいやま』さんのリンクが貼ってあります。
ぜひ覗いてみて下さいね!)



e0071652_6531740.jpg
【春はそこまで】
去年、確実に枯れ草になったと思っていた水仙が芽を出した。
おおー
水をあげ続けててよかった。
こんなに寒いのに、ちゃんとわかっとうちゃね。
楽しみだ。
さあ、春はそこまで。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-01-31 21:01

パウダースノー

見上げてごらん。
それはスポンジを小さく千切った、少し灰色がかったゴミのよう。
ずんと重たい空から静かに落ちてくる。
どんどん落ちてくる。
ある一定の場所になるとそれらはすっと現れ、音もなく地面に落ちて壊れる。
いや、実際は音がしているのかもしれない、だけど聞こえない。

僕は頭を動かしてそれらをよけてみた。
今度は大きく口を開けてその一つを受けてみた。
ほんの少しの冷たさと、ほんの少しの水分が僕を嬉しくさせた。

ゲレンデに響く有線ミュージックは、機械的なリフトの滑車音と共にその響きを山肌に奪われ。
両足にスキー板、両手にストック。
僕は再び、えいっと真っ白な斜面へと飛び出した。
固められたパウダースノーが、ギュッギュッときしむ音がした。


九州育ちの僕が岩手で生活し始めて一番差を感じたことは『寒い』ということだった。
−10℃、そりゃ感じるさ。

冬になると仲間達は、スキーやスノーボードをするためにスキー場に出かけた。
スキーよりはギターを弾いていた方がよかった僕だったが、その日はせっかくだからと仲間に連れられて岩手山のスキー場に来ていた。

スキーは上手くも下手くもない(本人談)。
僕の情熱は、『かっこよく滑る』というより『いかに派手に転ぶか』ということに燃やされた。
初心者向けの広く緩やかなゲレンデを滑るくらいなら、転がりながらでも上、中級者コースを行く方がよかった。
なかでも分岐したコースの端っこ、まだだれも滑っていない新雪の中を滑るのはお気に入りだった。


当時、岩手ではスノーボードが流行始め、スキーからスノーボードに切り替える仲間も多かった。
しかしまだ広くは認められてなく、『ゲレンデが荒れる』として数多きベテランスキーヤー達からは煙たがられていた。
自分も、まだボードで上手な人など目にしたこともなく、格好がチャラチャラしていたので断固保守派(スキー)に回っていた。

「あんなのダメだよ、スキーの方が上やね」

しかし、実際は少し興味があった。


ぼっこーん☆

分岐したコースから本線に戻る緩やかなカーブ。
でこぼこ地帯で加速して止まれなくなり、ウホウホウヒョーと派手に転んでしまった。

宙に舞うストック、パンと外れて勝手に滑ってゆくスキー板。
体もなかなか止まらない。
ようやく止まった時のあの充実感ったらありゃしない。

寝転がったまま見上げる空は、手に届くよう。
流れる雲は水の中で溶いた白い絵の具のよう。

はぁ、いいなあ。


「大丈夫ですか?」

気づくと、同じ年くらいの女の人がすぐそこで心配そうにこちらを見ていた。
きっと派手に転んだままずっと動かなかったからだろう。

彼女はスノーボーダーだった。
僕が照れ隠しに笑うと、彼女も笑った。
ゲレンデや砂浜、浴衣姿で見る女の人は、だいたい2.5割増しくらい可愛く見える。
タクシーの深夜料金もびっくりである。
すぐそこで笑っている彼女は、天使のようだった。


その後、僕はどことなく彼女を捜していた。
仲間達とロッジで昼食をとる時も、リフトの上からも、さっ爽と滑る時も。
しかし、ゲレンデは広かった。

仲間との集合時間が近づいていた。
最後の1本を滑ろうとリフトを乗り継ぎ中級者コースへと降りようとした時、僕は彼女を見つけた。
彼女は男女含めた数人のボード仲間と、今まさに急斜面へと繰り出そうとしているところだった。
リフトを降りた僕は力強くストックで地面を押しやり、急いでそちらに向かってみた。

ふっ

急斜面へ落ちるように消えた彼女はまるでスローモーション。
急いで斜面を覗き込む。
再び舞い始めた粉雪の中、彼女は縦長のS時を描きながら霞む白い下界に消えていった。


…やっぱ、ボードだな。
これからはボードだよ。

えいっ!

僕も彼女のように飛び出してみた。

ぼっこーん☆



直視しても痛くない、ぼんやりとした太陽が雪の流れを教えてくれる。
まるで月のよう、きっと白夜のよう。
ここはもしかしたら雲の中なのかもしれない。

雪は、スポンジを小さく千切った、少し灰色がかったゴミのよう。
モノクロ陰影の空から静かに落ちてくる。
どんどん落ちてくる。
ある一定の場所になるとそれらはふっと現れて、音もなく地面に落ちて壊れる。

口を開けてみた。
入ると思ったそれはかすかに逸れて、頬に落ちてチリリと溶けた。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-01-24 01:42

ウキウキ冬将軍

初めて自主ライブイベントをやったのは確か21歳の頃。
会場は、岩手県の『盛岡劇場タウンホール』だった。

そのイベント名は『冬将軍』。
アパートの隣に住む伊藤ちゃんが考えてくれたんだ。
白黒だけど、がんばってフライヤも作った。
懐かしいな。
きっと今時期だったんだろう。

「冬将軍ってなあに?」

まず、聞いてしまった。

「冬の一番寒い時期をそう言うじゃん」

「へえ〜、さすが伊藤ちゃん」

なんだか強そうなので、イベント名はその場で『冬将軍』と決められた。
あまりこだわりも無かったのだろう。

ワープロを持っている学生もまだ少なかったあの頃、いったいどんなフライヤを作ったのだろう。
『盛岡劇場タウンホール』、憧れだったな。
ものすごくぼやけているが、イベントも思い出せないこともない。



e0071652_20505737.jpg
【バイバイ新宿、ハロー新宿。いろんな人がいる】




ヒュー
ヒューー
ブボォーー

今年もついに大陸から冬将軍がやってきた。
天気予報もここぞとばかりにボスを推している。


むむっ、やっと出てきたな将軍。

「今年も西高東低、だけど、ものすごく等圧線詰めてみました」

あまいな将軍、こっちは新素材ヒートテックにカイロ2個だ!

「フハハハハー、ばかめ」
「行け!寒太郎」

なに〜、北風小僧の寒太郎(かんたろ〜(コーラス))。
それならこちらは、2年前のダウンコート〜。

「むむっ、やるな」
「それならば、シベリア寒気団パーンチ!」

はーなーみーずーがー

うう〜、負けてられるか。
Q10ハンドクリーム、さらに、てぶくろー。
ツルピカですばい。

「まだまだ、北東から援軍の低気圧を呼んでみました」

はーなーみーずーがぁー…



全てを凍てつかせる岩手の冬将軍。
懐かしい福岡の冬将軍。
東京に来てからの冬将軍。
どれも手強いよ。

最近は温暖化で冬が暖かくなってきているようだ。
弱い冬将軍なんて見たくないね。
やっぱり冬は寒くないとね。
小さいことをこまめにやります。


はーなーみーずーがー

さあ、今年もついに冬将軍がやってきた。




e0071652_211103.jpg
【今年も屋上はキラキラ綺麗】
寒いけど、いや、すごく寒いから宝石みたいに見える。



e0071652_2057652.jpg
【吉祥寺にて、16年ぶりの初詣】
カウントダウンライブが終わった後、みんなで初詣へ。
深夜なのに、こんなに人がおるっちゃね。
びっくりした。
寒かったけどみんなでわいわい、なんか楽しかった。
ターニング店長、ありがとう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-01-13 21:16


twitter
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧