ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

心地よい音楽、発見!

おろそかになりがちだった、柔軟体操。
柔軟体操というよりはストレッチ。
最近は朝早くやっている(10分くらいだけど)。
ようやく手がペタペタと地面に付くようになった(まだ体がギギギ…と言っている)。
なるほど、早朝の太極拳とかってかなりいいんだろうな。

体が硬いと歌やギターを弾く時に、自分なりのよい姿勢がとれない。
歌いながら『あー、体が硬いなー』なんて思ってしまうし。
歌が下手なのはこのせいだな、、なんて責任逃れまでしてしまいそうになる。

早朝柔軟体操をやる時の楽しみがある。
それは、音楽を聞くことである。
電車の中、ヘッドホンで聞く音楽とはまた違って心地いいんだ。


ありけん、今年の指針はかなり綿密(自分的に)。
1年は1日から成り立っている。
今日もよい1日となりますように。
さあ、がんばろう!



e0071652_21183675.jpg
【なぜ梅は地味なのか?】
梅って自己主張せんよね。
しっとり綺麗だ。



e0071652_21205693.jpg
【幹の中では】
ボコボコ活性化してます。
只今桜色作成中。
耳をあててごらん。
ボコボコボコ、、。
まだまだ寒いけど、春はもうそこまで。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-02-23 06:08

モハで行こう

始発電車に乗っていた。
外はまだ真っ暗。
こんなに朝早いのに、けっこう乗客がいるんだね。

外のように寒い車内。
ヒーターもまだ温まってない。
電車やディーゼルカーは、エアコンはすぐ効くのに暖房は遅い(最新型はそんなことはない)。
うー、寒いよー。
そうだ、真冬の早朝は『モハ』『キハ』系だった。


高校の頃、始発で通学していた時期があった。
朝早く学校へ行って勉強するという目的があったからだ(実際は全然勉強してなかった)。

朝早く乗る列車は、昼間と違い無機質で寒かった。
しかし、エンジンがついている車輛はいくぶん暖かいのだ。
床から響くディーゼル音とともに、床暖房のような暖かさが感じられた。


JRは、車輛の下の方に『キハ』『クモハ』などの表記がなされている(私鉄は表記してない会社もある)。
それは車輛のタイプを表している。
デーィーゼルエンジン車輛は『キ』(線路のうえに電線が無い列車)、モーター車輛は『モ』(線路の上に電線がある列車)。
さらに客車は『ハ』、運転席がある車輛を『ク』、付随車輛には『サ』、グリーン車には『ロ』などである。

例えば『クモハ』だと、運転席があり、エンジン(モーター)があり、客席もある車輛ということになる(先頭車輛であることが多い)。
『キハ』だと、ディーゼルエンジンが付いている客車である。

つまり、寒い朝は『キ』か『モ』と記された車輛に乗れば、幾分暖かいのである(ありけん説)!

しかし旅先で『キハ』や『クモハ』車輛に乗り合わせると、エンジン音がうるさくて音楽なんか聴けたものではない(ローカル線は旧型が多いのでうるさい)。
旅に出る時は『クハ』『サハ』などの車輛を選んで乗ることにしている。


西武線は座席の下、端から2番目にヒーターが付いている。
ちゃっかり端から2番目の座席で小さくなり、ほんわりと足に当たる暖気に幸せを感じているありけん。
あー、暖かいなー。

エンジン音が聞こえるこの車輛はどうやら『モハ』のよう。
んん〜
あんまり関係ないかも。


東の空が、焦げたような暖かく透き通った色彩を広げ始めた。
朝だ。
今日も全力の一日が始まる。

さあ、頑張ってゆこう!



e0071652_61314100.jpg
【鉢植え、仲間入り】
駅から家までの中間地点にある花屋の店頭陳列攻撃に負けてしまった。
バラのようなこの花は『プリムラ・ジュリアン』。
バラ科ではなくサクラソウ科らしい。
一足先に春の香り。
うれしいね。



e0071652_619738.jpg

かなり準備が整ってきている『カランコエ』、じわじわと伸びてきている『水仙』。
ベランダチームに仲間入り。
春が楽しみやね。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-02-13 00:56


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧