「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

低気圧がやって来る

晩春の天気もめまぐるしい。
大陸からの寒気と太平洋からの暖気に加え、南シナからの雨雲。
気象予報士も大変である。

夕方のテレビお天気コーナー。
「明日はね、私は思い切って傘マークを付けてみました。
この雲がこうやって少しずつ南から上がってくるんですね。
もしかしたらそんなに降らないかもしれませんが、明日は一日傘が手放せないお天気には間違いないでしょう。」

別の局では。
「私の予報はね、明日は雨、所により曇りといった感じです。
自信はね、70%!
寒さが戻ってきますよー」


天気予報はあくまで予報である。
外れても文句を言っちゃいけない。
だけど予報士もチャラチャラしすぎちゃいけない。

そこで考えたありけん案。
気象予報士の『給料完全出来高制』

さあ大変、外しっぱなしだと給料がもらえない。
みんな本気である。


「明日は晴れ、所により曇りか雨でしょう」
どう転んでも大丈夫な予報が多くなる可能性もある。

居酒屋での予報士の会話も変わってくるかもね。
「おれ、今月給料やべーよ」
「あれ、滝川は?」
「明日当てねーとマジやばいらしくて、泊まり込みでデータ洗ってる」

そうなると当然出てくるカリスマ予報士。
「しかしN局の山下さん、すげーよなー」
「ぜったい外さねーもんな」
「予報だけで1000万だってよ」
「かぁー」

カリスマ予報士にコツを伝授してもらいにいく若手予報士。
「お前ら、ちまちまし過ぎなんだよ。
俺なんか半分は靴投げて占ってっから。
結果当てりゃいいんだよ、当てりゃ。
どーんと行け、どーんと!」
「かぁー、やっぱすごいっすねぇ」



e0071652_18241943.jpg
【雨上がり、裏路地。猫がいそうよね。】




やがて5月になり、6月になるとやってくる。
東シナから三日月状の巨大な雲の帯。

あじさいの葉はもう既に深緑。
雨を待つ準備は着々と進んでいる。

そんな中、今年の気象庁『梅雨課』も大変。
事業仕分けにひっかかり、存在が危ぶまれている。

『梅雨入り宣言』と『梅雨明け宣言』のために3人もいらないんじゃないの?

そんなことはない!
梅雨課の面々も頑張っている(フィクションです)。



e0071652_1827192.jpg
【きっと、芽吹いた場所なんて関係ない】




雨の季節を楽しく過ごす方法。
傘をクルクル回してみる。
長靴で水たまりをじゃばじゃば行く。
時間がある時の雨宿り。
あなたは?


さあ、低気圧がやってくる。
雨もまた、いいもの。



e0071652_18323541.jpg
【キキョウの芽】
また買ってしまった。
今回はキキョウ(105円)。
何色のどんな花が咲くのかな。



e0071652_18352764.jpg
【みんな生きている】
都心は神田。
雛は電気に強い子に育つだろう。
意外と気づかない場所だから多分大丈夫。
カラスの卵って、緑色で柄があるのを知ってる?



e0071652_18425669.jpg
【実は野鳥さ】
木の実を食べたり、草の種を食べたり、人にパンをもらったり。
ハトだって。



e0071652_18481382.jpg
【東京スカイツリー、じりじり進む】
その前に東京タワーにいかなきゃ。



e0071652_18502122.jpg
【気づけば晩春】
暖かく気持ちよい日だった。
帰り道は久しぶりのCコース(川沿いの遠回り)。

川端をゆく。
立ち止まる。
ゆく。
立ち止まる。
ゆく。ゆく。



[PR]
by KeN-ArItA | 2010-04-23 19:02

コーヒーサイズ

春風が大暴れしている。
そりゃ見てしまうさ、スカートレディ。
しかし、すぐに前を向き直して歩いてゆきます。
頑張れおれ2010。

早いもので春渦中。
サクラもキレイ。



e0071652_674944.jpg




最近、空き時間をカフェで過ごすことが多い。
『2010年、頑張る帳』にあれこれ書き込んだりしているのだ。

そこで困るのが、都心によくある「コーヒー下さい」といってもコーヒーというメニューがないお洒落なカフェだ。
最近では慣れてきたが、初めて入ったときは大変だった。


「申し訳ありません。当店にはコーヒーというメニューはないのですが…」

メニューを見ると、『なんとかラテ』とか『なんとかモカ』とか分かりにくい英語とカタカナが並んでいる。
後ろに人が並んでいるのでなお焦ってしまう。

「じゃあ、ブレンドコーヒーで」
「申し訳ありませんブレンドコーヒーというのも…。
こちらのメニューの中からお選び下さい」

ここは喫茶店だろー!
心で叫んで顔で平静。大人やね。

しかし、もし僕が博多のラーメン店主だったら大変なことになる。
「コーヒーつったら、お前らが一番美味しいと思うコーヒー出せばよかったい!」


僕はメニューの中から無難そうなやつを指差して注文する。

「サイズはいかがいたしましょう?」



「普通でお願いします」

「申し訳ありません、当店には普通というサイズはないのですが…」

ぼっこーん☆(ちゃぶ台をひっくり返す音)

もし僕が博多のラーメン店主だったら大変なことになる。
「きさん、普通つったら普通のやつをもってくればよかったい!
たくさん飲みたきゃ替え玉(おかわり)するったい!
麺は残してもスープは残すな、ボケがぁー!」


メニューに書かれてあるサイズは『S』『T』『G』『V』と4段階に別れている。

なるほど、真ん中がない。
これじゃ「普通がない」という返答にも納得ができる。
ばかなやつらだ。
せめて3段階にしてればよかったものを(バカはお前だ)。

しかし、『S』はスモールとしても他の『T』や『G』、『V』とはなんなんだ。

なぜビックの『B』がない?

『V』ってなんだ、ビンテージか?
いや、古くてどうする。サイズの話だろ。
ビクトリーか。

そうすると『T』は、タンブラーか。
タンブラーでコーヒーが出てくるってか…。
時代は変わったな。


僕は無難な『G』ジャイアントで注文する。

「グランデですね。かしこまりました」



もう、日本なんだから『大吉』とか『中吉』とかにしろよ。


実際は『S』はショート、『T』はトール、『G』はジャイアントではなくグランデというらしい。
『V』は忘れてしまったが、コーヒーをコーラのように飲みたい人が注文するそうだ。


最近では慣れてきて『G』を指差し「ギャラクシー下さい」など真顔で注文したりする余裕も出てきた。(本人はユーモアのつもりだが、店員は笑いをこらえるのに必死)

しかしそうは言っても実際、お洒落なカフェのカフェは美味しい。
確かにうるさいだけのことはある。
博多のラーメン店主は頷かさせれなくても、僕は頷かさせられてしまうのである。

『ウインナーコーヒー』を、コーヒーの中に極上の粗挽きポークウインナーが入っているコーヒーだと本気で思っていた青年だったが、すっかりシティーな大人になってしまったものだ。



e0071652_692355.jpg




芽吹き、花開き、それらが風に揺れる4月。
色彩と息吹が世界を明るく活気づける。

真新しい少し大きめの制服は、新入生。
満員電車に目をぱちくりさせているのは、新社会人。
ほら、今度はぐっと空を見上げてみて。
絡み合う電線は、X軸とY軸。
一瞬に放物線を描いたのは、大人になって帰ってきたツバメ。

うーーん、春だ。

公園のベンチと缶コーヒー。
こんな日は青空喫茶も悪くないね。

さあ、素敵な時間を過ごそう。


そうこうしているうちに、すぐに暖かくなるよ。
そして、コーヒーをがぶ飲みしたくなったらお洒落なカフェで言うといいよ。
「コーヒー、ビクトリーで!」



e0071652_6193285.jpg
【そりゃ、虫達はほっとかない】



e0071652_6101783.jpg
【台風、竜巻と一緒。南半球のこの花はきっと逆回転】



e0071652_6211687.jpg
【つくつくし】



e0071652_6215143.jpg
【みんな並んで】



e0071652_6223962.jpg
【瑞々しく】



e0071652_623586.jpg
【今年もありがとう。カランコエ】



e0071652_6234899.jpg
【宵の口、桜路】
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-04-05 06:57


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧