ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ありけん相談室(梅雨編)

「怖がってちゃダメです!
まあ気持ちは分かりますけど、どーんと行くしかないですよ。
セミさんなんて7年ですよ、7年。
クワガタさんだって、3年かかる種類だってあるんだから。
それに比べたらあなたは半年間なんだから、土の中の思い入れはまだ少ない方でしょう?
まあ、王者というプレッシャーもあるでしょうが、、。
怖がらないで。さあ、もう戻ってサナギになりましょう」

「いやいや、そんなこと言ってたらカブトムシさん、あなた一生幼虫のままですよ。
変化を恐れちゃダメ。」

「そう、その調子!頑張って下さい。お大事に」


ここは『ありけん何でも相談室』。
様々な相談者達ががやってくるのです。
おや、また誰か来たようですね。
それではありけん先生、よろしくお願いします。


「なるほど。
それは確かに深刻ですね…
なんせ梅雨で湿度がすごいですもんね」

「自分的には、そのままでもよいと思うのですが…、やっぱりプライドが許さないんですよね?
うーん、灯台もと暗し。
確かに、あなたにカビが生えていると説得力がないもんなぁ。
しかし、皮肉なものですね。他のカビはどんなものでも落とせるのに…」

「そうだ!抗菌にしてもらうってのはどうですか?」

「え、予算出してもらえないんですか?」

「いやいや、会社に掛け合ってみましょうよ。
私も一緒にお願いしにいきますよ。
『カビキラー(抗菌)』って売り出し方にしてもらえばいいじゃないですか」

「え?抗菌は表示しなくていい?
でも、せっかく抗菌にするなら『抗菌』って表示してもらいましょうよ」

「え?殺菌が仕事のカビキラーさんに『抗菌』って表示は恥ずかしいのですか?」

「分かりました。
それじゃ、『New!カビキラー』ってのはどうですか?」

「うーん、それじゃどういった名前がいいのですか?」

「わかりました。じゃあ『カビキラーMax!』で。
じゃあ今度の水曜日に、一緒に担当者のとこに行きましょう」

「え?大丈夫ですよ。
まず私が説明したあと、カビキラーさんが思いの丈をぶつければよいですから。
くれぐれも興奮して液を吹きかけないようにね。
お大事に。」


他人からみて些細なことでも、本人からしてみるとそれは重大な悩みだったりする。
みんな悩みと戦いながら生きているのだ。

カランカランカラーン…
次の方、どうぞ。

ありけん相談室には今日も誰かがやってくる。


「これはこれは、ゴルフボールさん」
「え?もうやってらんない?
まあ、まあ、、」



e0071652_2325032.jpg
【キキョウ待つ】
2ヶ月ほど前に買ってきていたキキョウが花咲きそう。
キキョウってどんな花?
楽しみだ。


e0071652_2341626.jpg
【中ガモ】
近所の川のカモ親子。
かなり大きくなったね。
みんなで毛づくろい。


e0071652_236381.jpg
【おはよう】
キキョウ咲く。
いつの間にか咲いていた。
しっとり、地味できれいやね。
一房入魂。
種できるかな。

今日の湿度は80%近く。
ううー。
梅雨進む。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-06-26 21:27

時々タイムスリップ 『チコと僕ら、夏物語り』

「そうだ!チコを救助犬にしよう」つよしが言った。
夏休みも終わり頃、セミの元気さは暑苦しさを倍増させ、時はさらに長く感じられた。

つよしは、テレビで救助犬という存在を知ったらしい。
何か面白いことはないかと暇を持て余していた少年達にとって救助犬という言葉は新鮮に響いた。
チコとは、つよしの家の庭で飼われ始めたまだ小さな雑種犬。
リードを付け替えられたチコは、この後まさかとんでもない特訓が待っていようとも知らずに、パタパタと嬉しそうにしっぽを振った。

お手、おかわり、野原ダッシュ、ボール拾い、特訓は楽しく続けられた。
「そうだ、泳ぎの特訓もしよう!」
僕らは、溺れている人をばしゃばしゃと助けにゆくチコを思い浮かべた。

裏山の小さな池は深い緑色をしていて、取り囲む山々を静かに映していた。
バシャーン!
まだ小さなチコは、突然池に投げられた。
僕らはドキドキしていた。
チコは突然池に水の中に落ちた人のような顔をして少しもがいたが、だけどしっかり泳いで戻ってきた。
「おおーー」
僕らは誰にも教わったこともないのに泳げるチコに感心し、歓声をあげた。
しかし、嫌がるチコを抱き上げ第2投目にかかった時、バランスを崩した僕はチコと一緒に池に落ちてしまったのだ。

池はすり鉢状ですぐに深く、足は届かなかった。
きっと僕は、突然池に投げられた犬のような顔をしていたに違いない。
表面は暖かいのに足の辺りはひんやりしていて、カッパの話を思い出して怖くなった。
さっそく実戦に直面した救助犬チコはというと、こちらを見向きもせずあっという間に岸に上がってしまってブルブルと水を跳ねている。
つよしの差し出す棒切れに掴まり、ようやく僕は救助された。
こりゃ…、チコもたまらんな。そう思った。
 

危うく救助犬として育てられかけたありがた迷惑なチコ。
それ以降喜んで散歩に出かけても、池の階段を上ろうとすると足を突っぱねて顔をパグのようにして断固拒否した。

たまに帰る実家の曲がり角。
つよしはもう引っ越して知らない人が住んでいるのだけど、覗き込むと犬小屋の回りに集まって何して遊ぼうか考えている小さな子ども達が浮かんでくる。



e0071652_655296.jpg
【水辺へ行こう】



e0071652_6581217.jpg
【昔から身近な存在】



e0071652_6592997.jpg
【子ども達の跡】



e0071652_703538.jpg
【去年と同じ場所】



e0071652_71281.jpg
【初夏、見上げて】
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-06-17 06:42

天気はいつも、同じじゃない

6/13日の19時頃、いつものように気象庁のホームページを開いた。
ところが、様子がおかしいのだ。
明日の天気(6/14)コーナーのページを開いても、そこには27日、28日といった全く関係のない日の天気(恐らく先月)が掲載されているのだ。
他のコーナーは更新されているのに、何度開いても『明日の天気コーナー』の結果は同じだった。

気象庁の天気予報は、1日4回、午前午後ともに11時と5時に更新される。
それは僕が知っている限り、今まで1分の狂いもなく完璧だった。
きっと更新のためだけの係があって、2交代制でやっているのだと想像していた。

現在は19時というのに、午前11時で更新が止まったままの『明日の天気コーナー』。
これは、大変だ!
更新係のやつ、忘れてやがる。
いや、あいつらに限ってそんなことがあるはずがない。
きっと何かあったに違いない!
僕は興奮してきた。

気象庁には問い合わせ用の電話番号がある。
今まで電話したくても、大したことない内容だったので遠慮していたこの電話番号。
ついにやってきた大チャンス!
僕はドキドキしていた。

「いつも見てます」
「やっぱり梅雨課ってあるんですかね?」
「頑張って下さい!応援してます」
ついでに言うんだ。

しかし、受話器越しには営業時間終了のアナウンスが流れていた。
そりゃそうだよな、19時だもんな。ああ、残念。


僕はそわそわ落ち着かず、いろいろ考えはじめた。


「更新のためだけに2人も使うなんて税金の無駄使いだ!」
もしかして、事業仕分けに引っ掛かったのかもしれない。

更新係は左遷され、他の仕事と兼任となってしまった『明日の天気の更新』。
兼任の担当者は、自分の仕事を終え17時の更新を終わらせて帰るはずが、すっかり忘れて帰ってしまった。
なぜならそいつは、野球の試合を見に行く約束をしていて焦っていたからだ。

ほら言わんこっちゃない。
更新係をナメるな!
奴らはいつもマンガ読んだり、ネットやったり、おかし食べたり、ダラダラしているように見えたが、更新だけは完璧にやっていたのだ。

ああ、可哀想な更新係。
5時や11時が近くなると今でもそわそわしてしまう。
今では気象庁財源確保の新設『お天気グッズ開発部』へ回され、「低気圧シール」や「お天気占いシューズ」「スーパーお天気棒」などの開発をさせられている。


いや、待てよ。(パターン2)


「更新のためだけに2人も使うなんて税金の無駄使いだ!」
更新係を兼任させられたのはなんと『梅雨課』だった。

「お前ら、梅雨入りと梅雨明けの見極めしかやっていないんだから、そんぐらいやれよ」

なんとひどい言い方だろう。
梅雨の雨と普通の雨との見極めがどれだけ難しいか、上のヤツらはまったく分かっちゃいない。
梅雨課の面々(3人)は激怒したが、逆らえなかった。
しかし、なんだかんだといってもさすがは梅雨課、更新は上手いことやっていた。

九州支部は6/12(前日)に梅雨入りを発表していた。
問題はこの日、2010年6月13日。
関東梅雨課もついにこの日『梅雨入り宣言』を発表したのだった!
そりゃー、もうパーティーだよ。
数ヶ月というものこの日のために動いてきたのだからね。
大満足の梅雨課は、明日の天気の更新などすっかり忘れて神田の『赤ちょうちん』に飲みにいったのだ。

ああ、、大目玉。



6月14日、問題の『明日の天気コーナー』はいつもと変わらなく復旧していた。
ホームページのトップには、以下の文が掲載されていた。

6月13日17時ごろから22時30分過ぎにかけて、気象庁ホームページにおいて、一部の情報の更新ができない障害が発生しました。
(省略)
この障害は、気象庁ホームページを作成しているデータ処理サーバの不具合のために起こりましたが、現在は正常に更新が行われています。
ご利用の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


そんなこともあるさ。
気にするなって!
しかし、サーバーのせいにしちゃうとは、やるな上司。
僕らは、本当のことを知っている。


6月14日に梅雨入りした関東地区。
ついに来たね。

さあ、雨、雨、雨。
あじさい達も笑っている。



e0071652_17544075.jpg

[PR]
by KeN-ArItA | 2010-06-14 17:51

昼休み、トムソーヤ気分

東京はずっと西の方、東青梅に来ていた。
茂った木立が続いていて見えはしないのだけど、耳をすませば川の音がしていた。
そこで、昼休みは居眠りせずに散策してみることにした。
パンとコーヒを持って河原への降り口を探して歩き始めた。

…ここはあやしいな。
生い茂る木立へ続く小さな道を見つけた。


e0071652_646277.jpg
【深い茂みの道は続く】



ああ、山の匂いだ。
すっかり山道だ、熊とか出てきそう。
あるーひ(あるーひ) もりのーなか(もりのーなか)くまさーんに(くまさーんに)…
意外としゃれにならない歌だ。
もしクマさんに出会ったら、、
缶コーヒーを開けてパンと共に置いて逃げよう。

下の方から川の流れが出力大に聞こえてきた。
近いな。

ほらあった。


e0071652_711819.jpg
【誰かの秘密の場所】


ここはきっと子ども達の秘密の場所なのだろう。
大切な道具が置きっぱなし。
大人にとられちゃうぞー(勝手にいじくっている)。
後に、この川は多摩川だと知る。


e0071652_745812.jpg
【初夏の空】


気持ちのよいところだ。
僕は靴下を脱いでお昼にする。
ようやく上手く鳴けるようになってきたうぐいすが嬉しくてしかたないのだろう、途切れることなく鳴いている。
たまに通過する薄雲と木漏れ日が、日射しを和らげてくれている。


e0071652_785119.jpg
【釣りに行こう】


自分たちで作ったような竹竿を見ると、さらに懐かしくなる。


e0071652_20315793.jpg
【トムソーヤ気分】



そりゃ横になるさ。
はぁ、、気持ちいい。
こんな時、生きててよかったと思う。


e0071652_2034964.jpg
【釣れなければ竿を置いて、、】



目を閉じていると大地にとけ込んでゆきそう。
そもそも自然の一部やもんね。

時間の過ごし方は自分次第。
今日は歩いてみてよかった。
短い時間だけど、急速充電した感じ。
元気、元気、心から元気。


e0071652_20404362.jpg
【木漏れ日さらさら】



よっこらしょ。
さあ、そろそろ行こうかね。



e0071652_20444396.jpg
【ブラシの花。もうすぐ咲くよ】

帰り道。
バス停の近くに、ブラシのような花が赤く鮮やかに歩道を彩っていた。
みたこともなかったので写真を撮っていたら、近所のおばさんがやって来た。
みんな、ここで写真を撮ると言う。
『ブラシの木』だと教えてくれた。
木の下の方に『カリステモン(フトモモ科)』と札が掛かっていたので少し笑ってしまったが、自分も『ブラシの木』の方がいいと思った。

バスは5分遅れてやってきた。
風の吹く町はもう初夏の景色。
通り過ぎる橋の上から、昼休みの秘密の場所を探してみた。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-06-05 21:21


twitter
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧