ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ネギ、Love

 風邪をひいてからちょうど一週間が経とうとしている。
今シーズンは絶対に風邪をひかないと豪語しておきながら、あっさりである。
 うー、だるーい。

 風邪をひいても、気づかなければいいのだ!
そう思っていたけど無理だった。超気づく。
イソジンの携帯用を買って、うがい、手洗いを徹底したいと思う。
 そして治ったらもう一度言うのだ。
「この冬は絶対に風邪をひかない!」


 帰り道、スーパーで鍋焼きうどんを作る材料を買い込んだ。
もう頭の中は、くつくつの鍋焼きうどんしか浮かんでいない。
早く現実のものにするのだ。
 しかし、ガサゴソと材料を開いてお湯に火をかけて気づいた。
買ったはずの長ネギがないのだ。
 なんてこった、ネギのやつ、どこかで落ちやがったな、、。
いつも袋から落ちそうで落ちないのが長ネギだと思っていたのに。
あいつ、ついにやりやがった。

 長ネギのない鍋焼きうどんなんて、ギターを持たない『弾き語り』のようなものだ。
つまり『語り』だ。おいおい、おんがくやろーぜ。
 冷蔵庫を開けるとタマネギがあった。
ネギはネギでもタマネギじゃなぁ。
 「楽器ありましたよ有田さん!ドラムっす」
 「ドラムで歌えってか!ありだけど、なしだ!」
それにそれは『弾き語り』でなく『叩き語り』になってしまう。
おれは『鍋焼きうどん』が食べたいんだ!なーべーやーき!


 再び服を着込んだありけんはネギの捜索に向かった。
ああ、かわいそうな長ネギ。誰かに踏まれたり、自転車にひかれたりしてなきゃいいが…。

 「ただいまー!おかあさん、ネギ拾ったよ」
 「まあ、落ちてるものを拾ってきちゃダメでしょ。
 でも立派なネギね、今夜は鍋焼きうどんにしましょう」
 「それはオレのネギだぁー!」

いかん、急がなければ。


 少し歩くと暗闇の中、歩道の端に転がっている長ネギを見つけた。
 お前って、こんなに白かったんだ。
拾い上げたそれは、ひんやりとしっとりと手に馴染み、瑞々しかった。
まったく、もう逃げ出すんじゃないぞ(「落とした」という考えには至らないありけん)。

 3束あるネギの2束も使ったクツクツの鍋焼きうどん。
ありけんが幸せな気持ちにならないわけがなかった。ごちそうさま。


 今夜こそ早く寝よう。
なーに、起きたらすっきりさ。
そして、もう風邪はひかないのだ!(いつも言っている)



e0071652_7424014.jpg
【季節はくまなくやってくる】
こんな小さな葉っぱまで一つ一つ落葉するんだね。



e0071652_744512.jpg
【収穫の秋】
都心は渋谷、屋上の菜園にて。
懐かしいね。アケビの実。
子供の頃に山で見つけてよく食べた。
腐るほどあるからと、いただいた。



e0071652_7452279.jpg
【種ばっかり】
アケビは美味しいのだけど、種がやたらと多い。
そんなに種がないと子孫を残せないのだろうね。
とろーりほんのり甘い味。
こりゃ、動物達もほっとかない。
収穫の秋やね。



e0071652_752514.jpg
【散らばった朝日を浴びて】
日射しが随分やわらかくなったね。
もうすぐしたら冬至やもんね。
さあ、冬モードで行こう。
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-11-27 19:55

フォトギャラリー♯16 『秋秋している、少し歩いてみよう』

 朝晩が冷え始め、秋もうんと深まってきた。
 秋の色って暖かいよね。
空も深く澄んでいて、深呼吸したら胸のずっと奥の方まで広がる青さ。
 立ち止まってカメラを出してしまい、なかなか進まない。
そうゆうわけで、今回は秋のフォトギャラリー。


e0071652_5444522.jpg
【都心のコスモス】
好きな花のひとつ。
駐車場の脇で暮らしているこのコスモス。
今年もこんにちは。



e0071652_5534279.jpg
【日本の未来】
伸びてゆけ!



e0071652_5554221.jpg
【グリーンな標識】
江東区の裏路地にて、駐車禁止の標識の裏側から。
花盛りが見てみたいよね。
しかしよく怒られないな。



e0071652_558148.jpg
【ブーゲンビリアは木だった】
ずっと草かと思っていた。
こんなに大きくなるんだ、、。



e0071652_611928.jpg
【テンション、上がる】
浅草の町を通過中。
下町情緒溢れる活気がある町だ。
今度ゆっくり来たい。
『はなやしき』(小さな遊園地)にも行きたい。



e0071652_6451898.jpg
【お昼休み、神社へ行こう】
上野は下谷神社。
たまによってコーヒーを飲む。
なんか落ち着く所。



e0071652_650737.jpg
【水の国】
西洋と違って日本は、落ち着いた水の絵が似合う。
でっかい噴水よりは獅子おどし、みたいな感じ。
そんなこともないかな、、。



e0071652_6531250.jpg
【一枚の葉のように】
お疲れ様。
自分も一枚の葉のようにめいっぱい生きなければ。



e0071652_632050.jpg
【きっといつもの通学路】
運河に何か見つけたのかな?



e0071652_6542450.jpg
【秋の朝をゆく】
最近は本当によい気候だ。噛みしめておこう。
そのうちすぐ寒くなるよ。
でも平気、いっぱい着るから、気合い入ってるから。

さあ、今日も元気に晩秋の街をゆこう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-11-11 06:57

ステンドグラスの向こう

 雨の音がしているのでカーテンを開けてみた。
窓は結露でいつもより幾分か上品に見えた。
曇りガラスの向こう、冬の迫る明るいグレイの世界が想像できた。

 指先で擦ると外の様子がうかがえた。
 …やっぱり雨だ。
 雨の街は、一枚の紙に火をつけた時のようにゆっくりと、再生する結露の向こうに霞んでいった。


 冬の本当に寒い時期になると倉庫から教室へと石油ストーブが運ばれた。
 九州は冬でも暖かいと思われがちだが、意外と寒いのである。

 職員室にストーブはあっても、僕らの教室でそれに火がともされることは少なかった。
しかし、いよいよ寒くなるとストーブはオレンジ色に暖かい存在になるのだった。
 外から戻った僕らは、ネコの様にストーブに集まり輪になった。

 暖かくなった教室の窓は、巨大なホワイトボード。
いつの間にか落書きやアイアイ傘、巧みに作られた小人や動物の足跡等が残された。

 温々(ぬくぬく)の幸せな空間は長続きはしない。換気の時間だ。
北風が、僕らの育てた暖かさを全部さらっていってしまう。
さんざん叫び回った僕らはようやく窓を閉めることを許される。
 新鮮な空気で始まる授業。そりゃ、眠気も吹っ飛ぶさ。
 外を見ると窓には降り積もる雪の様にじわじわと、またまっさらなホワイトボードが完成しようとしていた。


 結露は温度差によってできるもの。
つまり、そこは外より暖かいのだ。
 幸せな場所にいるってことよね。

 さあ、今年も寒い季節がやってくる。
結露で外が見えないの時は、少しだけ手で擦ってみよう。
細やかな水滴は本来の水に姿を戻し、一時のステンドグラスの様に緩やかに流れるだろう。
歪んで透ける外は、きっと冬の世界。
そして、暖かい今の場所に幸せを感じよう。




e0071652_7515934.jpg
【素敵な朝】
今日の現地までのスケジュールと久しぶりに借りてきたCDと花。
CD、古いやつばっかやね(笑)
カーペンターズは、今までまともに聞いたことがなかったので借りてみた。
いいねぇ。
雨なので『Rainy Days And Mondays』がしっくり来る(タイトルからしてなんとなく)。


e0071652_752133.jpg
【南へ行く】
横浜で開催されたヨコハマフッドに向かう『湘南新宿ライン(東海道線)』の中。
やっぱり東海道線は、好きだ。
しかしこの数時間後、台風14号で運休になってしまう。


e0071652_752177.jpg
【時は流れて】
友人の結婚式に出席してきた。
音楽仲間とあって懐かしい面々とも再会できた。
披露宴では久しぶりの合奏となり、自分も幸せを分けてもらった。
おめでとう!
そしてありがとう。

写真は久しぶりの再会、西出幸恵。
以前ずっとドラムのサポート(初代)をやってもらっていたのだ。
出会ったとき、彼女は確か19歳だった。
今ではすっかり母親業が様になっている。
幸せいっぱいやね。
ありがとう。
今の自分がいるのは、でんはもちろん、みんなのお陰です。
また会おう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2010-11-01 07:54


twitter
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧