「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

上手く回すことができるボールペン→きれいな字大作戦

 先生、字へたいよね!

22歳の頃、教育実習で少しばかり小学校の先生をしていた時に生徒から言われた言葉である。

 「ばか!字は心で書くんだ、表面だけを見るんじゃない」

そのやり取りを見ていた本物の先生に職員室で怒られるありけん先生。

 「字は見やすいにこしたことはないです」

 はいです、、。


 あれからずいぶん経った今でも、自分は字が下手なままだ。
なにかと一筆を添えることの多い自分は、その度にすっきりしない。

 心を込めて書けばよい。そう思っていた。
しかし、書き上げた文面を見返す度に積もってきた思いがある。
 きれいな字で心がこもっていれば尚いいのに、、。

 そして今年の正月、年賀状を書いていてついに限界がきてしまった。

 も〜う、ヤダ!!

 なんだこの『ふ』は?!
 あんぱんか!!


 そういうことでついに申し込みましたユーキャンのボールペン講座。


e0071652_20213237.jpg
【始める前に記念に書いたひどい字と文面】



 こういう習い事ってほんとに久しぶりだ。
ワクワクするよね。

 しかしいざ届いてみると箱の大きさに驚いてしまって、そのまま2日間放置してしまった。

 ようやく箱を開けると、たくさんのテキストやDVDや説明書などがわんさか出てきた。
そしてまた2日間放置してしまった。

 ようやく一冊目のテキストを開いて、レッスン1に入る前の『やってみよう』コーナー。
縦線と横線を真っすぐに書いてみよう、、で挫折しかけたが気力で持ち直す。

 いよいよレッスン開始!!


e0071652_20275440.jpg
【こ、こ、これは、、】
小学一年生みたい、、



 早い人で6ヶ月、遅い人で1年くらいかかるそうだ。
始めは5ヶ月半で!と意気込んでいたのだけど、やり始めて『目標1年』と大幅に下方修正された。
 
 しかし、やり始めると楽しいもので、いつも持ち歩き短い時間でちょこちょことやっている。

 先日のライブでも嬉しくてMCでこの話題をしてしまった(テキストまで見せて)。
それはいいのだけど、その後テキストをライブハウスに忘れてしまい電話がかかってくる始末。

 「有田さん、国語のドリルみたいなの忘れてません?」だって。

ドリルはないぜ、まっきーさん(笑)

 2日後、恵比寿に取りに行って再びレッスン再開。

 こんな感じ、ゆっくりやっている。
ほんとに上手くなるのかな。


e0071652_20432261.jpg
【ドトールの『抹茶ラテ』】
今日は冷たい雨の朝だから。
前々から気になっていた『抹茶ラテ』といきましょう。
うーーん
うーーん
おいしいんだよ
だけど、うーーん



 お手本をなぞりながらすぐに思った。
これは歌や楽器の演奏と似ている。

 このままお手本通りに書けるようになって終わったら、それはすごく上手いだけのつまらない字体になってしまう。
 だってみんな手本を目指して学ぶんだからね。
みんな似たような字になってしまうさ。

 じゃあ、今のままの好き勝手な字の方がよいの?
そんなことはないのだ!

 癖と個性の違いは表面的には紙一重だけど、波と津波ほども差があるように思う。
自分の好き勝手な字は、、癖やね。
だって、、正しい字を知らない(涙)。

 まず手本を知って、それからもちろん、崩すのだぁ!

ギターで言うと、、
ハイテクフレーズを『弾けないから弾かない』ではなく『弾けるけど弾かない』にする感じ。

 じゃあ、自分の歌はどうだろう?
うーーーん(抹茶ラテどころではない)
 現在、崩し中!!(おいおい、そこまでいってるのかい?!)


 なんかエラそうなことをいいようけど、、
ありけん、まず、その手本を知れるのか?


e0071652_20522710.jpg
【抹茶ラテとボールペン講座】
気づけば、、
なぜこういうことをやろうとすると、こうなってしまうのだろうか、、
集中力の無さか、、
小学生の頃から変わってないんじゃないのか!?
おしゃれな『抹茶ラテ』が青汁に見えてしまう。



 字の世界、個性的になるために今から1年間は無個性を目指します!
 DMが届いてる人はその成長過程が分かると思うよ(笑)


 やがて春になって『自分も何かやりたい!』って思った人は、ギターをやるといいよ。
そして『ありけん弾き歌い講座』に申し込むのだ!(結局それかい!)



e0071652_2122537.jpg
【代々木ラボにて】
今年は多くお世話になる代々木ラボ。
照明が素敵。
ライブはいつだって自信満々!
日々が単調になってたりしたら、、もう、来なさい!絶対来なさい!
全力でほっこりさせるよ。


e0071652_21284148.jpg
【植物はちゃんと分かっている】
今年もきっと咲くよ、水仙。
さあ、もう3月。
いよいよ春やね。
明るい色の服を用意しよう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-02-28 21:30

頑張れ受験生!

 改札は受験生でごったがえしていた。
そうやね、受験生にとって今時期がクライマックスやもんね。
きっと回りのみんなは自分よりもできる人に見えたりするのだろう。

 かく言うありけんも受験生だった(懐かしい)。

 現役受験の当日は、ほとんどと言っていいほど各教科一番に退室した。
理由は2つあった。
 まず、考えても分からないものは分からない。
 2つ目は、一番に退室してみんなにプレッシャーをかけてやろうという、ただでは死なない、でも死んでくれと言われんばかりの心理作戦だった。
 そして全て落ちた(予備校行き)。

 もしありけんが受験生にアドバイスできることがあるとすれば、それは些細なことだろう。

 いいかい君たち。
一番に退室するやつは、絶対合格するすごく頭のいいやつか、絶対落ちるすごくバカのどちらかだ。
いずれ君には関係ないところなので、気にするな!

 ただーし!
もし君が勉強を怠った選ばれし者ならは。
一番に退室しなさい。


 まだまだ寒いね。
今年は東京にもたくさん雪が積もった(わーい)。
 冬になると温暖化の話題が遠のくのもわかる気がする。
寒いもんね。


 マークシート答案用紙で同じ番号が続くとなんだか不安になってくる。
ずっと2番だけど大丈夫かな、、みたいな。

 人生も似ている。
軸ブレることなかれ!
 だけど、そんな時はやっぱり見直した方がいいかも。
そして再確認したらやっぱり。
軸ブレることなかれ!!


 さあ行こう!



e0071652_2030070.jpg
【雪の日、じっと春を待つ】
寒くなって、暖かくなって、また寒くなって、、
この刺激がたまらない新芽君。
むずむずしてそう。



e0071652_20301096.jpg
【新発売のコーヒー】
まったく、なにが『初恋ブレイク』だ。
こんなのに乗せられて買う奴の顔が見てみたい(鏡を見ろ)。
裏には振れば振る程コクが増すと記されている。
おいおい、やる気まで出てしまうじゃないか(そうとう振るありけん)。
だけどね、カフェモカ薄くしたみたいで美味しかった。
これは、、また飲んでしまうな。



e0071652_20306100.jpg
【朝のノート】
雨の日の喫茶店はより、よいよね。
朝は頭が一番澄んでいる。
さあノートを開くのだ。
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-02-16 20:54

必然的にお手玉

 地下鉄渋谷駅の副都心線ホームに売店がある。
そこのホットドリンクのガラスケースを開けると、だいたい声をかけられる。
 
 「熱いですよー」

 始発駅とあって大抵座って帰れるので、自分はよくこの副都心線を利用する。
多少遠回りとなるが乗り換えなしで帰れるし、座って本を読んだり仕事をしたり、ぼーっとしたりとよい時間にできるのだ。

 始発駅なので折り返し電車を待つのだけど、お腹がすいているとどうしても小さなパンケーキ(120円)みたいなのを買ってしまう(最近のハマりは、マーブルケーキ)。
その時にホットのガラスケース(この時代にまさかの『あったか〜い』表記)からコーヒーを取り出すのだけど、問題はここ。
ここのガラスケースの飲み物は沸騰しているんじゃないかと思えるくらいに熱いのだ。
思わずお手玉してしまう。
 ハンドタオルで包んだりして、すぐに飲もうとしても缶のふちで唇を火傷してしまうので5分は寝かさなければならない(意味ない)。

 おばさんもそれを知っていて熱いと呼びかけてくれるのだけど、みんな想像を絶する熱さにやっぱりお手玉してしまう。
  理由は、サーモスタットが壊れているからだそうだ。

 以降は飲み物は自販機で買おうと思ったのだけど、なんかね、この熱さが病み付きになるのだ。
未だかつてない缶コーヒーのしびれる熱さ、みたいな。
 「あのね、45分経ってもまだ熱いんです。ほんとに」(体験談風)みたいな。
 
 今ではベテランなありけん。
前の人がホットを取り出そうとすると「熱いですよー」のすぐ後に「まじで熱いですよ」と助言を挟めるまでになった。
 「なんだコイツら」なんて思った人は、ほら、お手玉じごくー。


 ベリーホットな飲み物が飲みたくなったら副都心線ホームの売店に行くといいよ。
「袋に入れますか?」って言われても断るんだよ。
 
 そしたらほら、お手玉じごくー。



e0071652_6452321.jpg
【今年も花カンザシ】
つぼみだらけだった花カンザシ。
咲いたー!ありがとう。



e0071652_6464256.jpg
【気になる、、】
以前から気になっているホットケーキ味。
ほっとけない、、。
しかし!飲みきる自信もない。
やはり後輩にお勧めして様子を見るしかないようだ。
ヒラオは最近生意気になってきてるし、、やっぱ今村だな。
なーむー。



e0071652_6515599.jpg
【室内桜、エネルギー充填終了】
通りすがりに見つけた室内桜。
どこにいたって、ただ花咲くことにめいっぱいやね。

だけどこれは、環境や育ちがよいと言えるのだろうか。
いずれ大きくなったら広い外の世界へ出されてしまうだろう。
その時は、寒いし、風もあるし、鳥にに突かれるし、枝も折られるかも。
だけど、きっと泣きながらでも咲こうとするよね。

さあ、春は近いぞ!!
頑張ってゆこう。
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-02-05 05:27


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧