「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

旅にでる!

 今年も毎年恒例の旅に出る(8/31〜9/4)。
タイトルは『本州の果て大間崎、本マグロを釣り上げろ!の旅』。
音楽やれっつーの。と言う声も聞こえてきそうだが、今年は盛岡でのライブも含まれているのだ!
ぎりぎりミュージシャンである。


e0071652_21324444.jpg
【2010年9月:北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅より】


 去年は『北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅』で北海道を制覇した(制覇してない。詳しくは『ありけんエッセイ2』コーナーへ)。
そして今年はというと、、北東北に行くのだ!

 学生時代を岩手で過ごしたありけんは、東北のよい所をたくさん知っている。
思い出の場所、馴染みの場所、久しぶりの仲間達、もちろんまだ行ったことのない場所も、列車で駆け抜けながらみんなに紹介しようと思う。

 タイトルを見て分かるように、メインは釣りだ。(だから、、音楽やれっつーの)
なのに半日しか釣りの時間は用意されていない(2日目のお昼から)。
例年の旅をご存知の方は、「またまた、どうせマグロなんか釣れないんでしょ!」なんて思っているかもしれない。

ありけんをナメるな!!

やってみせますマグロ丼。


e0071652_21423229.jpg
【2009年9月 鳥取砂丘らくだはニンジンを食べるのか?実証の旅より】


 
 もちろん、4泊5日の旅には恒例の『指令』が課せられている(自分で課す)。
毎年この指令に苦しめられるのだけど、終わってみると思い出がぐっと深まっているので止められない。

 今年の旅の指令は、、

・本マグロを釣り上げろ→下北半島大間崎で大物釣り(防波堤から)。

・津軽半島の『五能線』を各駅停車で制覇しろ→観光用の快速は使用禁止。

・友人いとうちゃん、かよこと落ち合え→釜石のいとうちゃん(学生時代の寮仲間)、弘前のかよこ(学生時代のバンド仲間)と再会せよ。

・ライブで盛り上げろ→盛岡で活躍しているバンド仲間「すがわら企画」、ソロライブで目指せ大爆笑。

・写真10(しゃしんてん)→その土地で出会う、知らない人のベスト写真を10枚撮影せよ。

・旅中1曲→5日間の間に1曲仕上げよ。


 どの指令もこなしがいのあるものばかりだけど、やはり大難関はマグロだろう。
と言うか詰め込み過ぎのような気が、、。

 天気予報は台風の影響により悪天と言っている。
しかし!晴れると思っていれば晴れるのだ!!
雨でも雨な訳がない。
もし雨でも口開けて食べてやる。

 最高の旅にしてきます!


9月の日記コーナーをお楽しみに☆
ライブもお楽しみに☆




【また始まるロックンロール】
去年の旅の指令『旅中1曲』でできた曲。
最終日にバタバタと作る形になってしまった。
今年は早めに作ろう。
どんな曲ができるのかな、、。
というかできるのか、、。
いや、つくれ!



e0071652_21574751.jpg
【屋上の歌】
8月後半の空やね。
積乱雲はみるみるムクムクと膨らんでゆく。
もう、とんでもないスピードだよ。
そのうち雷がなり始めた。
ピューって逃げるありけん(雷は大嫌い)
やがて夕立。
そして雨宿り。
晩夏のスタンダードコース。


e0071652_21593765.jpg
【日陰では風が走り始める】
日陰は心地いいね。
さあ、元気に晩夏を行こう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-29 22:01

やっと咲いた!

 8月も終盤、ようやく過ごしやすくなってきたね。
 先日コオロギとカマキリを見つけた。
カマキリ(雄)にいたっては嬉しくて、捕まえて空へ放ってしまった。
ハラハラと飛んでいった。
今からは産卵の季節やろうけんね。
動き回りようみたい。


e0071652_6542212.jpg
【ようやく咲いた】


 夏の真ん中頃に買って来ていたハミングオレンジ。
地味な植物が好きなのだけど、夏くらいと思いきれいなやつも買ってきてたのだ。
しかし植え替えた時にびっくりしすぎたのだろうか、買った時に付いていた花が枯れると残りのつぼみはずっと咲かずにいた。
思いっきり『初心者向け』と書いてあるのに、、。

 このまま咲かずじまいで終わってしまうのかと思っていたら、今朝、ぽって咲いてた。
 おー、嬉しいね。
しかし、派手なようで実はしっとりしていたんだね。
こんな女の人を知っている。

 よし、他のつぼみも続くのだ!


e0071652_753646.jpg
【モーニング。カフェ・ラ・コルテ】
クロワッサンがおいしいんだ。
これで400円はかからない。
牛丼屋合戦も大変そうだが、カフェ合戦も大変そう。 
モーニング大好きな自分としては、嬉しいけど、、。
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-28 07:09

目的地あり、迷走ドライブ

 岩手に住んでいた学生時代、先輩から譲ってもらった車に乗っていた。
小さな車だったけど(シビック号)真夜中にあてもなくドライブするのが好きだった。

 ラジカセを乗せて駆け抜ける闇の街道。
ヘッドライトの届く範囲の世界しか見えず、『海』『北』『知らない町』など漠然とした目的地に向かって駆けるドライブは、それからの自分の人生を示していたのかもしれない。
もういい加減にしてくれー!


 夏の終わりに出かける旅で、1日だけレンタカーを借りる。
そう、マグロを釣るために下北半島を駆け抜けるのだ!(音楽やれつーの)
 今、久しぶりのドライブのためにCDを作っている。
2枚組36曲くらいになる予定(あれもこれもとなってしまう:笑)
こういうの作る時って楽しいよね。 
 
 あなたのドライブソングは何?
自分はやっぱり、、





【 U2 『Where The Streets Have No Name』】
夜のドライブは8ビートロック!
映像はロックの大御所『U2』。
『レディオヘッド』や追従する若手の『コールドプレイ』、『ジョンメイヤー』なども好きだが、やっぱりU2の感情的な地に足のしっかり付いた透明感が好き。






【 U2 『with or without you』】
はぁ、、ボーカルはもちろんだけどバンドメンバーもそれ同等にかっこよく、瑞々しすぎる。



 バカすぎる人生だけど、学習してくるとなかなかアクセルを踏み込まなくなる。
 もう、たまには、踏み込んじゃえ!

 あの頃と違って目的地だけは分かっている。


 青森県の下北半島は自分が初めて一人旅した土地だ。
秋の終わり、大自然の迫力に圧倒されて知らず涙を流したものだ。
 あれから15年も経って再び同じ土地へ行くのだけど、自分はどう感じるのだろうか。
あー、何も感じなかったらどうしよう〜。

 まあ、思いっきり駆け抜けてきます!



 9月の『ありけん日記』をお楽しみに!
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-20 22:59

時々タイムスリップ『葉月の川端』

 裏山の池からは用水路が引かれていた。
オレンジ色に塗られ、ところどころサビのある小さな水門は流れをせき止め、田畑へと水を導いた。
せき止められた深みには普段は現れない魚がいて、興味深く顔を揃えて覗き込む少年達の手の上を、大きな黒アリがせわしなく横切っていった。

 水門には誰でも回すことのできる60センチほどのハンドルがあって、暇を持て余した少年達がそれを放っておくわけがなかった。
 ハンドルを握った少年達は船長気分。
面舵いっぱーい!など叫びながらハンドルを一気に回し水門を上げた。
溜められていた水はダムの放水のように勢いよく堰き切った。
その大波を追って少年達は声を上げて駆け出した。
再び水門を下ろした後の水無川には、小魚やドジョウやカニやエビなどが浅い水の中でピチピチと跳ねていた。

 楽しい時間が長くは続かないことなど、子ども達が知る由もない。
裏山のじじいが鍬(くわ)を構えて雄叫びとともに鬼のような顔をして走って来た。
少年達は声を出して逃げ出した。
 やがて水門にはチェーンが掛けられるようになり、少年達は次の遊びに夢中になった。

 時は今、チロチロとした小川を飽きずに見ている。
ずっと見ている。
葉月の木々は生い茂り、ところどころにしか落ちていない木漏れ日も涼しげに揺れている。
 深呼吸すると、こんな時でも笑顔になれた。
ベンチについている僕の手の上を、黒アリがせわしなく横切っていった。


e0071652_633480.jpg
【ノウゼンカズラ】
夏の花よね。
ずっと名前が分からなかったのだけど、先日公園に名前が掲げてあった。
ジュースに添えたい色合いよね(笑)
夏の空にもよく映える。
この花にはいつも蟻がたくさんいる。
きっと甘甘なんだよ。


e0071652_633739.jpg
【カポック】
以前、100円ショップで買ってきたカポック。
だんだん大きくなって来た。
霧吹きで吹くと「わーい!」と声が聞こえてきそう。
きっと南国の木だな。
30メートルとかになったらどうしよう。
川端から苔をとってきて敷いたら、日本風になってしまった。
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-16 06:42

セミの一生(内訳編)

 どんなに暑くても昆虫だけは元気だ。
セミもアリもカナブンもハチも大騒ぎ。
もう、勝手にやってくれ!


e0071652_21552274.jpg



 セミは4年をイモ虫君として地中で生活する。
そして空へ飛び立ってからはたった一週間の命と言うじゃないか。
 真っ暗な土の中、モグラ(そういえば昔、『ドリモグ』ってマンガあったよね)に怯えながらの孤独な生活。
進化の過程で、せめて幼虫期を3年、成虫期を1年とかに内訳できなかったのだろうか?
よくよく考えるとすごい生き様だ。

 でも実は、地中ライフは僕らの想像を絶するパラダイスなのかもしれない。
だから好き好んで4年も潜ってるのかも。

「お前はいいな、あと3年もあって。おれなんてあと一年で地上だよ〜」とか
「カブトムシの奴ら(もちろん幼虫)が殴り込みにきやしたぜ!」とか
「君、ヒグラシでしょ?おれ、もしかしたらニーニーゼミかも、、」とか
「成虫になったらこの木の上で会いましょう」恋の約束してたりとか
まさかの心変わり〜とか
5月頃には送別会やったりしてるのかも。

 でもセミが夏中生きたら、、
うるさすぎ。
 満開の桜でセミが鳴いてたら、、
芭蕉もがっかり。

やはり一週間で完全燃焼してもらわなければ。

 みんな、セミの亡がらを見つけたら「おつかれさま」って言うんだよ。


 しかし、暑い。
セミ、、夜も鳴いてるよ。

 さあ、負けずに完全燃焼しよう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-14 22:15

フォトギャラリー♯18 『夏、夏、ココなっつ』

 8月に入り、また暑くなったね。
ほんと、暑い、、。
でも抜けるような青空を見上げると、深呼吸とともに胸の中に広がってゆく大きなものを感じる。
今年は記念に残る暑さやね。
忘れないでおこう。


e0071652_636237.jpg
【この道を通ってみる】
西東京は小平にて。
すごく暑い日。


e0071652_636046.jpg
【蓮沼】
甘ったるく蜜々しいよね。
なんでこんな葉っぱからこんな花が咲くのだろう。
うーん、、静かだ。


e0071652_6355392.jpg
【ぎんなん】
こうやってみるときれいよね。
かじれそう。
しかし、そんなことをしたら大変なことになる。
ぎんなんを煎ったやつが食べたくなった。


e0071652_6354847.jpg
【室内にて、夕陽前】
みんなで日光浴。
わーい!
気持ちよさそう。


e0071652_6354482.jpg



e0071652_6354169.jpg
【下町ツリー】
でたー!
でかいぞスカイツリー。
東京タワーと違って民家の集落の中に立ってる感じ(言い過ぎ)。
これは、、嬉しいね。


e0071652_635386.jpg
【日本の未来も伸びてゆけ!】


e0071652_6353441.jpg
【やっぱり朝派】
一番乗りのエクセルシオールカフェ。
ボールペン講座もやるのだ。


e0071652_6353166.jpg
【夏だ!】
キラキラ眩しい。
汗だくだけど気分は青空よ。
暑さを苦しむより、暑い夏を満喫するのだ!


e0071652_6352558.jpg
【そんなぁ、、】
Cコースの帰り道、まさかのお散歩に遭遇。
おやじもおやじだが、犬も犬である。

犬の顔がおかしいと(笑)。
少し嫌だけど、、気持ちいい。
なんだか困るけど、、気持ちいい。

暑い夏に最高の散歩コースやね。
犬を飼っている方はぜひやってみて!
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-13 06:42

今年も旅に行く

 先日、駅のホームでカブトムシを見つけた。
ホコリまみれになって前進していたので、絡まったそれらを取り除いて植木の所に放した。

 東京は緑少ない都会なのだけど、意外と大自然の生き物も共存している。
一昨年は子どもの頃、野山を駆け回ってもなかなか捕まえることができなかった『ノコギリクワガタ』を、街灯の下で探しもしてないのに見つけたし。
いろんな種の魚や鳥達、狸などもいるし。
近所の川にいたってはカワセミまでいるのだ。

 都内でも端の方に住んでいるからかもしれないけど、田舎育ちの自分はかなり助けられている。
と言っても田舎の大自然パワーには到底かなわない。



e0071652_625619.jpg
【夏が過ぎ、風あざみ】
2010年9月『北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅』
(『ありけんエッセイ2』コーナーにて掲載中)
女満別にて。


e0071652_6251084.jpg
【窓全開、次の町に行く】
2010年9月『北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅』
室蘭本線にて。


 ありけんは夏の終わりに旅に出る。
ローカル線が好きだからなのか、お金がないからローカル線なのかはさておき、正月やGWやお盆も持たない自分は1年の疲れをここで癒すのだ。
そう、思いっきりフル充電するのだ!



e0071652_6345293.jpg
【待ち時間は3時間半】
2009年9月 『鳥取砂丘らくだはニンジンを食べるのか?実証の旅』
(『ありけんエッセイ』コーナーにて掲載中)
広島県高駅にて。


e0071652_6345539.jpg
【砂丘は一番大変な所を登れ!】
2009年9月『鳥取砂丘らくだはニンジンを食べるのか?実証の旅』
鳥取砂丘にて。



 去年の北海道は、素晴らしい旅だった。
一昨年の鳥取の旅も素晴らしかった。

 今年は北東北に行こうと思う。

 釜石のいとーちゃんや、東北に住む仲間達にも会うのだ。
 津軽半島の五能線にも乗るのだ。
 久しぶりの盛岡でライブもやるのだ。
 大好きだった、でも10年近くやっていない釣りもするのだ。
 旅中に曲も作るのだ。
 もちろんカメラも持って行くよ。

 北東北の笑顔をたくさん紹介できたらいいと思う。



e0071652_6494219.jpg
【ハロー、北海道】
2010年9月『北の果てオホーツク、アザラシVSキタキツネの旅』
網走にて。



 今年の夏はどこかへ行った?
それともこれからかな?
 お互いよい夏にしようね!



e0071652_654379.jpg
【夏の夕陽がホップして】
南西向きの窓からは夕陽がよく入ってくる。
傾きが激しくなると、湖面すれすれに投げた石がテンテンテン…とホップするように夏の夕陽が飛び込んでくる。
自分も鉢植え達もよい気持ち。
[PR]
by KeN-ArItA | 2011-08-02 05:50


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧