ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

午後ティー後のラーメン

 先日、3/17(土)自主イベント『花が咲いたらもう一度会おう』の会場となる『自由が丘 hyphen』の下見に行ってきた。
昼間の混んでいない電車で出かけたくもあったのだ。
 自由が丘のきれいな町並みを散策しつつ辿り着いたハイフンは、昼間は紅茶専門の喫茶店として営業していた。


e0071652_1251180.jpg
【hyphenにて『午後の果実』とてもよい香り。】



 イベントの多くはライブハウスでやってきたのだけど、今回は、椅子とテーブル、氷とグラスの音、専門的な食事もとりつつ楽しんでもらえればと、こちらの会場になったのだ。
『午後の果実』いただきつつ店内を見回すありけん。
白調のとても雰囲気のよい空間だ。
こりゃ、、こじんまりした感じでよりアットな空間になるな。


e0071652_1250582.jpg
【フライヤー:ハイフンにも置かせてもらった】



 今回のイベント共演者はカトウマサタカ君。
興味深い人が技術と経験を積めば興味深い音楽になるのだ。
ありけんおすすめのアーティスト。

 春のよい頃かな、3/17の夜はとても楽しい時間になるよ。
ありけん、サポートメンバー、共演者一同でお待ちしています!
お近くの方も、遠方の方も、いつもの方も、お久しぶりの方も、ぜひいらして下さいね!!



e0071652_12505168.jpg
【博多天神(渋谷店):キクラゲラーメン】


自由が丘から渋谷に戻る。
渋谷に来るとついつい寄ってしまう、いつもの『博多天神』。
これでもか!という程のキクラゲ(600円、替え玉付き)。
香り高い紅茶の余韻も台無しである。
順番逆にすればよかった。
『午後の果実』が780円、『キクラゲラーメン』が600円。
価値観は様々だな。


e0071652_12504923.jpg
【フライヤ:裏面】


ここ1、2年はライブをぐっと押さえて活動している。
それでも活動してゆけてるのはきてくれるお客様のおかげだ。
ありがとう。
頑張ります!


e0071652_12504834.jpg
【恵比寿SWITCHにて】



e0071652_1250421.jpg
【代々木 laboにて】


近日ライブは、2/28(火)恵比寿SWITCH、3/2(金)西新宿navi cafe。
恵比寿はロック調、西新宿は弾き歌い調。
どちらも自信満々、最高のステージをお届けします!!
ぜひいらしてね!!
(新曲もやるよ!!)


e0071652_12503949.jpg
【後楽園:ラクーアにて】
光のオブジェの下から。
万華鏡みたいできれい。
寒かったけどよい時間だった。


e0071652_12503594.jpg
【まだまだからっ風】
だけど、真冬とはちょっと違うよね。
飴色のつぼみも少し膨らんでる様子。
寒そうに突っ立っている木々も、身体の中、見えないところでは大活性しているのかも。



e0071652_13543441.jpg
【3年目の水仙】
どんどん伸びてきた。
嬉しいね。
去年は花をつけなかった。
今年は花を咲かせてほしいな。

春はそこまで、さあ行こう!





ライブphoto:yayo  フライヤ:BREUMEN
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-02-27 14:05

未来できっと思い出す

 明るい場所はあまり好きじゃない、どちらかというと暗くて狭い場所の方がよいのだ。
それなのに彼らが出会ったのは、貯金箱として窓辺に置かれたガラスビンの中だった。

 平成元年製の100円は、裏に傷の入った52年製100円の話が好きだった。
自販機の下で2年間過ごした時の話。
500円玉と派手に喧嘩した時の話。
券売機の集金時に、仲間たちといっせいに転がり逃げた時の話。
中でも、背中の桜模様につけられた傷の話は何度聞いてもドキドキした。
52年製傷硬貨は、それらを面白おかしく元年硬貨に話すのだった。


 ある日、窓辺のカーテンが開けられた。

 「眩しい!」
 「なにすんだばかやろう!!」

 硬貨たちはそれぞれに叫んだが、光の中でいっぱいに咲き揺れている桜の木を見て黙ってしまった。

 自分の背中に刻まれているサクラ模様。
『元年』と『52傷』は、そのモデルとなった本物の桜のきれいさに見とれた。
やがて満開となり、春風とともに舞い上がり。
新芽の緑が茶菓子の様に溶け入りはじめ、最後のひとひらが散り終えるまで、彼らは桜について語り合った。


 地球がぐんぐん廻れば、時も流れる。

 遠い国まで旅したこともあった。
 溝の穴に落ちてネズミと世論を語り合ったこともあった。
 初めてのお使いに駆け出す子どもにぎゅっと握りしめられたこともあった。

 同時に時代は変わろうとしていた。

 交通機関ではICカードが導入され、買い物でも電子マネーやクレジットカードが活躍し始め、硬貨が活躍できる場は少なくなってきていた。

 その日、『元年』は銀行の硬貨の山の中にいた。
以前は、銀行といえばそれは日々が盛大なお祭り騒ぎだった。
みんなで歌っては踊り、この星数のような流通硬貨の世界で再会を果たし喜び合うものもいた。
しかし最近では、古かったり傷のある硬貨は間引かれて鋳造所へ送られるとの噂もあり、昭和生まれの硬貨などはみな年号が見えぬよう背中を向けてじっとしていた。

 コインカウンターが回り始めようとした時、人間の指が1枚の100円硬貨をつまみ上げた。

 「離せ!離しやがれー!!」

 聞き覚えのある声と傷の背中を見て、その100円硬貨があの時の『52傷』だと知った。

 『元年』は叫んだ。
しかし、回り始めたコインカウンターの唸りはその声を遮り、硬貨の山をグズグズと壊し始めたのだ。
仲間に揉まれながらも『元年』は叫んだ。
『52傷』は観念したのか、へへへっと笑っているようだった。

 それから間もなくして人間の指が『52傷』を離した。
いや、離したというより驚いて落としてしまったと言った方がよいだろう。
コインカウンターが突然止まってしまったからだ。
 チリンと音を立てて落ちた『52傷』は、その隙に仲間の中へまぎれて難を逃れたのだ。
この日のことを大得意になって話す『52傷』の姿が未来に浮かぶような逃走劇だった。

 翌日、修理されたコインカウンターの脇に、傷だらけになって折れ曲がっている平成元年製の100円硬貨が置かれていた。


 硬貨たちはどちらかというと明るいところは好きではない。
ある日、居心地のよいコインケースの中で小銭たちは大いに笑っていた。
その中心で得意になって話しているのは、そう、『52傷』だった。

 人間が自動販売機の前で止まった。

 「よっし!おれの出番だな。
そいじゃみんな!元気でなぁー!」

 まぶい光が差し込み、『52傷』はつまみあげられた。

 「まったく、さっさと投入すればいいものを、人間め、何を買おうか迷ってやがるな」
 「まったく眩しい、、さっさと決めやがれー!」

 目が慣れてきた『52傷』は、辺りを見て声を漏らした。
そこは舞い散る春の桜道だった。

 時折背中を押すように、波のように吹きつける春風のように、記憶がちかちかと輝いた。

 遠い昔、そういえば、、
あいつは元気にしてるかな。

 深く息を吸い込んだ。
そしてキラリと反射して勢いよく自販機の中へ転がり込んでいった。



e0071652_2153499.jpg


[PR]
by KeN-ArItA | 2012-02-24 21:55

今さら言えない、ほんとの季節

 先日、風吹く厳寒の昼間にベランダ植物に水をあげた。
冬の水やりは少なくていいのだが、乾燥も激しいしまったくやらないわけにもいかない。
しかし気温が低すぎたようで、すぐさま鉢植えごと凍ってしまった。

 びえーー!なにすんだバカー!

 植物達の怒声が聞こえてきたので室内に入れてしのぐことにした。

 すると2、3日もしないうちにクローバーからたくさんの芽が出てきた。
春だと勘違いしたのだ。


e0071652_13145066.jpg



 長く伸びた茎の先端に葉をつけているだけで途中の茎は全部枯れていたのだけど、そこからカイワレのような小さな芽がたくさん出てきた。
なんてかわいいんだ。
これは嬉しい。

 言えない、、今さら「まだ冬なんだよ」だなんて。
暖かくなるまで室内で過ごさせることにした。


e0071652_1256669.jpg



 新芽の息吹はパソコンまわりを明るくしてくれる。
目一杯の元気をわけてもらおう。

 だけど、茎がすごく長いんだよね。



e0071652_1256954.jpg
【主張しないとスペースがなくなる】
屋上緑化の地衣類達。
寒い中でも負けてられない。
はーい!はーい!はーい!
僕ここでーす!!
主張しないとスペースを取られてしまう。

同じ空間うまく分け合って共に生きてゆこう。


e0071652_1354983.jpg
【スクランブル8分音符ディッシュ】
最近よくいくジョナサン。
ここのモーニングはしっかりしている。
ドリンクバーも新聞もついてるのでお気に入り。
朝食が並ぶとついついケチャップでアート(落書き)。

相変わらず忙しくて貧しい自分だけど、朝だけはよい時間にしたいのだ。
一日の始まりやけんね。
『今日も目指せよい一日!よろしく世界☆』
毎日そうやってスタートしている。


e0071652_135412100.jpg
【コラム原稿を仕上げる!】
この日は都心のスターバックスカフェ。
カフェラテはすごくおいしいのだけれど、高い(笑)
この日もやっぱり『目指せよい一日!』

ちなみに今日は、オーーーフ!!なのでゆっくりするのだ。







[PR]
by KeN-ArItA | 2012-02-11 14:11

今春はきっと、スペシャルブロッサム

 連日寒い日が続いている。
今年は特に寒いから、しもやけになってしまった。
足の小指が痛かゆい。
ついつい、もう片方の足でふみふみしてしまう。
今日は、風邪気味だった体調もよくなり、とてもゆっくりとした休日を過ごせた。

 朝、ベランダ鉢植えに水をあげたらすぐさま凍ってしまった。
東京にしては厳しい寒さだ。
これはいかんと室内に入れる始末。
乾燥が激しいため、よかれと思ってとった行動が裏目に出てしまった。
大丈夫かな。

 植物達も、今時期じっと籠って耐えて春を待っている。


e0071652_18232066.jpg
【室内鉢植え、ひなたぼっこ中】



 冬は冬でよいのだけど、さすがに飽きてきた。
何となく閉鎖的になるよね。
今年は冬が厳しいだけに、春はより素晴らしい季節になるね。
うまくできてる。

 湿った土の中からたくさんの植物達がこんにちは。
 南風に鳥の羽音、虫の羽音。
 川は底の濁りもとれて、キラキラと音を出す。
 山はふもとより少しずつキャベツ色のグラデーション。
 そしてサクラ咲く。
 明るい服装の僕らは町へ行く、笑い声。
 見上げれば電線に放物線、燕達も帰ってくよ。

 さあもう一息、寒さに負けず頑張ろう!
 
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-02-03 18:57


twitter
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧