ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かがんで小惑星

 キャベツ色の新芽が木々から溢れ出している。
晩春の午後、手をかざして注ぐ日射しを見上げれば、初夏の匂い。


e0071652_515657.jpg



 忙しい日が続いている。
休みが取れないと余裕がなくなってしまい、よくない。
過ぎ行く風景、虹や花、風や笑顔、そういったものを見落としがちになってしまう。


e0071652_513548.jpg



 そんなふうに日々が詰まってくると、ちょっとした時間にかがんでみて、普段は気にもしないようなところをクローズアップして見てみるのだ。
そうするとそこにもちゃんと世界があって、はぁぁ、小さくても季節や生命の力強さを感じたりできる。


e0071652_512886.jpg
【よもぎ】
新芽が柔らかくておいしそう。
子どもの頃、新芽を採って祖母の元へ行くと、よもぎ餅を作ってくれた。


e0071652_505098.jpg
【たんぽぽの種】
どんな花より〜たんぽぽの〜花をあなたに〜送りましょ〜って歌あったよね(笑)
空いた鉢植えに蒔いてみることにした。
数日で小さな芽が出たよ!
今後楽しみ。


e0071652_511818.jpg
【屋上の小惑星】
わずか1、2センチの隙間の世界。
苔の合間に小さな芽が2つ。
右の赤い芽の脇には蟻の巣穴が、、。
すごいよね。
地球も宇宙から見たらこんな感じなのかも。



 すっかり朝派の自分。
柔軟体操や朝練はもう欠かせない。
忙しくてもこの新鮮な時間は、コーヒーとともに、たとえ短くても必要なのだ。


e0071652_514615.jpg
【フレッシュ】
頂いたみかんは『小夏』。
薄皮をリンゴのように剥いて白いまま食べるという。
程よく酸っぱくて、お菓子みたいで、新食感!
朝のよい時間になりました。
ありがとう!



【『Norah Jones』Shoot the Moon 】
朝や心地よい午後によく流しているのが『ノラ、ジョーンズ』。
Shoot the Moonは、地味さが好き。

この季節、朝早くギターで流していると燕が向かいの電線にやってくる。
おはよう!
 

e0071652_514242.jpg
【午後のコーヒー】
頂いたお菓子でコーヒーを。
よい時間になったよ。
ありがとう!


e0071652_515224.jpg
【道端でスズランの芽】
家のスズランは見事に茂ったが花はつけなかった。
球根植物の難しさを知る。
ほっときゃ咲くだろう。あまーーい!
趣味でも喜びを得たければ、やっぱり努力しなければならないか。。
先日『球根植物の本』をいただいたので、それで研究して、来年は絶対全部咲かせる!!
今年は青々と茂らせて球根を大きくさせる年にするのだ。


e0071652_511066.jpg
【朝練後、クローバーとギター】



 自分が決めた年間スケジュール。
来年4月まで大まかなことは決まっている。
見返すと、脳司令部の叫びが思わず声となる。
ああー、大変だぁ!!

 何てったって日々はぐんぐん進んでゆく。
早すぎる。
さまざまな問題も溜まりに溜まって富士山クラス。
登って、うえーい!などと旗を立ててる場合ではない。

 自分で決めて進む道なのだ。
日々流されないよう。
いや、流されても少しでも進めるよう日々生きる。


e0071652_4594190.jpg
【水道橋の神社にて、晩春】


 忙しいが、日々楽しい。
ありがとう!

 さあ、今日も行きますかね。
絶対よい一日にする!!よろしく世界☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-04-30 06:39

頑張れスズラン!

 去年の遅い春、花のついたズズランを買った。
真っ白で小さくて連なっている姿がかわいらしかったのだ。
それはすぐに枯れて、後は土のみの鉢植えとして地味すぎる時間が半年以上も流れた。
それが先日芽を出していたのだ!


e0071652_6581170.jpg



 これは嬉しい!
苔を貫く元気さだが、同時に心配もある。
水仙やミニ蘭と先に芽を出した先輩球根植物たちが、未だ花をつけないという事実があるからだ。


e0071652_658996.jpg
【3年目の水仙】
今年は花をつけるだろう!と喜んでいたが、つぼみは付けず、今年もニラのように終わってしまいそうな勢いだ。
ちょっとちょっと、オリンピック規模ですか、、。
なまじっか「自分に重ねてしまう。今年は咲け!」など言っていただけに少々シャレにならない。
縁起も悪い!
咲いたら写真をアップするね!!など言っていたが咲かないからアップできないっつーの。
これは、、本格調査が必要だ。



 頑張れスズラン、花をつけておくれ!


e0071652_658936.jpg
【ベランダに菜の花】
去年末だったと思う。
空いた鉢植えに『ザ、雑草』と言った植物が芽を出した。
抜こうと手を出したが、まあ空いている鉢植えだし、もしかしたら胡蝶蘭に成るかもしれないし(ならない)どうせならどんな植物になるか見てやろうとそのまま放っておくことにした。
60センチも伸びて、咲いた花を見て菜の花だとわかった。
なんか嬉しい。


e0071652_658626.jpg
【朝のよい時間】
代官山は蔦屋書店。
館内にスターバックスコーヒーがあるのだ。
これは半日は過ごせる!
とてもよい空間だった。
今度はゆっくり来よう。

さあ、今日も元気に行こう!!
よろしく世界☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-04-14 07:28

ヘリコプター大作戦

 いつだったろう、あるカフェの窓際。
去年の大震災で曲がってしまった東京タワーの先端を見つめながら、その修繕工事の方法を自分なりに考えたことがあった(ひまじん)。
そこから妄想が始まったのだ。


 問題は高さ333メートルという点。
風も強けりゃ、クレーンも届かない。
作業中に地震が起こる可能性だってある。
いくら日本のシンボルとはいえ、管理を委託されている民間会社がポンと出せるほど修繕工事の予算捻出は安易ではない。
そこで考え出されたのが『ヘリコプター大作戦』だった。

 2機のヘリコプターとタワー先端をワイヤーでつなぎ、引っ張って直すといういたってシンプルな作戦である。
これなら足場工事に対して恐ろしく予算を削減できる。
余った予算は、スカイツリーに対抗すべき新グッズの開発費に回してもよいのだ。

 絶対条件として、ヘリのパイロットが超一流でなければならない。
そう、プロジェクトの最大の要は人選である。
そしてあまたの優秀パイロットの中から選ばれたのが「たけし」と「由美」であった。
その世界では知らない者はいないほど、彼らのヘリオペは天才的だった。

 これならば間違いない!誰もがそう思うだろうがここにも隠された密かな問題があった。
二人は以前、恋人同士だったのだ。
しかも、たけしにいたっては未だ由美のことが好きときている。
しかしここは国家のシンボルに関わる大プロジェクト、私情を挟んでいる場合ではない。
たけしも由美も一流のプロとして私情を捨て、この仕事を引き受けた。

 
 上空333メートル、南西の風0.5、晴天。
日程は、気象庁との刻々たる打ち合わせのもとに決められただけに好天と言える。
タワー先端部と2機のヘリを繋ぐワイヤー取り付け作業が成功した。
いよいよ先端を引っ張って元に戻すのだ。

 「管制塔より2機へ。微速前進」

 「微速前進」

 タワー内に設置された簡易管制塔からの指示が、たけしと由美ののヘッドホンを鳴らす。

 「ダメです、微速ではぴくりともしません」

 「管制塔より2機へ。中速から全速で調整してみろ」

 近づきすぎてもヘリがぶつかってしまう。
高低差を間違ってもワイヤーが絡まってしまう。
まさに神業。
彼らが超一流のパイロットというだけではない、息も合っているのだ。
しかし、タワーの先端はいぜん曲がったまま。

 「無理です、引っ張りきれません。
やはり空中では力が入りません」

 管制塔から帰還命令が発せられた。

 「たけし、助走をつけてやってみましょう」

 「なんだって!そんな無茶な」

 「嫌なら私一人でやるわ」

 「まったく、変わらないな、、」

 2機の機体が傾き、一気に加速した。
まるで鏡にでも映すかのように同じ動きをしている。
ワイヤーがビンと音を立てて振動した。

 「どうだ!やったか!?」

 「管制塔よりオペレエーター。管制塔よりオペレーター。
あのね、、うんと曲がっちゃった、、」

 「ほらみろ言ったじゃないか~、どうすんだよ由美」

 「ふん、相変わらずな言い草ね。
だからいつまでたっても一人なのよ。
今度は反対側へ回って引っ張り直すのよ」

 「さあ行くわよ!GO!!」

 「管制塔よりオペレエーター。管制塔よりオペレーター。
あのね、、今度は反対側に曲がっちゃった、、」


 開始から3時間が経とうとしていた。
並ならぬ集中力をもっての作業である、二人も限界を感じ始めていた。

 「こちら管制塔。こちら管制塔。
いいかお前達、次が最後のチャンスだ。
なぜだかわかるか?
お前らがあんまりグニャグニャやりすぎたんで、ここらでポキっと折れそうなんだ。
世界中が注目する中でそれは、、まずい。
もし、次失敗したらこのプロジェクトは終了する」

 「わたし、、自身ない」

 「なに言ってるんだ由美、俺たちならできる。
いつだったか、ゲーセンのUFOキャッチャーで絶対無理と言われていた特大のドラえもんとった時のことを思い出せ!」
 
 「とったけど、あれニセモノのどらちゃんだったじゃない。
それに、これはUFOキャチャーじゃない!」

 「同じさ、いくぞ」

 先ほどから大気の流れが変わりつつあることは二人とも気づいていた。
しかし、こういったタイミングで風の波が来ようとは。

 「あぶない!!」

 「高度と水平を保つんだ」

 「管制塔よりオペレーターへ。
プロジェクトは失敗。直ちに帰還せよ。直ちに帰還せよ」

 「ここまで来て、そんなことができますか」

 「由美、、こんなときになんなんだが、、
これが成功したら俺たち、やり直さないか」

 「ばっ、なに言ってんのこんなときに!
それにみんなに聞こえてるのよ!
集中して、さあラストチャンス、行くわよ」

 「かまうもんか!おれはお前が好きだぁー」



 まだ日が高い午後、高層ビルのカフェ。
窓際の一席からは、海原のようにきらめく都心が一望できる。
なのにたけしは時計ばかり気にしている。
そう、由美と待ち合わせをしているのだ。
再びやり直してくれるのならこの時間に来てくれと伝えてある。

 果たして由美は現れるのだろうか。
あの調子じゃ来ないかもしれない。
いや、もしかしたらヘリで現れるかもしれない。

 たけしは再び一枚の絵のような窓に目をやった。
そこには、先端がしゃんと垂直に伸びた往年の東京タワーが陽を浴びていた。



e0071652_632936.jpg




 時は今、桜の頃、赤羽橋付近。
ありけんは朝陽の反射する坂道を登りながら、その美しさに幸せを感じていた。
東京タワーをバックに桜を撮ろうとカメラを向けた。

 あ、、

最先端部に足場や工事用のネットが設置され始めているのに気づいたのだ。
いよいよ工事が始まるのか。
やっぱりヘリコプター大作戦は不採用に終わったか。

 でも、またまっすぐ元どうりに戻るんだね。
これからもシンボル。
日本の空に、未来に、ピンと伸びててくれ。

 さあ、春進む、工事進む、僕らも進む!!



e0071652_632235.jpg
【見上げれば若葉】
新しい季節が始まろうとしている。


e0071652_631984.jpg
【ハナニラと青空ランチ】
モズやスズメが蜜を得ようと桜の花を切るので、回りながら花びらが落ちてくる。
簡易だけど、すてきな花見だ。


e0071652_631648.jpg
【柔らかい】


e0071652_63890.jpg
【今年もありがとう】



[PR]
by KeN-ArItA | 2012-04-10 19:32

フレッシュ、リフレッシュ

 今日から4月。
新しいスタートの月やね。
自分も便乗、フレッシュ気分。


e0071652_8522558.jpg
【中央区新富町の裏路地にて】



 生活を朝型に変えて2年が経つけど、いぜんお気に入り。
柔軟体操や朝練、時々抜けることもあるけど、冴えた時間に集中してできるのがよい。
その後、カフェでちょいとした仕事をすることも多いのだけど、それもお気に入り。


e0071652_8522327.jpg
【港区は田町。エクセルシオールカフェ】


e0071652_8522033.jpg
【近所の道ばたにて、見つけた!】
自分はつくしが好き。
子どもの頃たくさん採ってきては祖母に渡して、卵とじにしてもらった。
つくしの卵とじが好きだったわけではなく、自分が採ってきたものが食材となるのが嬉しかった。
学生として岩手に行ってからも、毎年仲間を呼んでつくしパーティーを開いた。
最初みんな来てくれたが、自分があく抜きを忘れてみんなでお腹を壊してからは参加者が激減した。
また作るかな。



 春が随所にあふれている。
町を歩いていても、空を見上げても、電車に乗っても。
女性の服色もライトになってきたよね。
風も北西から南西へ。
スカートも風で揺れている。


e0071652_916542.jpg
【株分け】
この雑草の生命力はすごい。
ちぎれたやつをさしておけばすぐに根を張る。
赤玉を敷いてみた。


e0071652_8521631.jpg



 最近、改めてギターや歌が楽しい。
特に一人ステージ用の練習はやることが尽きないし、深い。
サポートバンドに頼ってばかりの自分だけど、今年はぽつぽつとソロも入れてゆこうと思っている。

 さあ4月、進む春とともに元気に行こう!!
 
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-04-01 09:46


twitter
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧