ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年9月『南九州ツチノコの旅』【3】

 チィーーーー!!
チチィィーーーー!!

 9/12(旅2日目)夜遅く、噴煙を巻き上げる阿蘇山の向こう、高千穂峡。
南風は、甲高くも湿りのあるツチノコ達のあざ笑う叫び声をありけんのもとへ運んできた。
高千穂の森に侵入するものは、その守り神『高千穂大明神』に食べられてしまうという。
ありけんは夢の中で、高千穂大明神に見つかってしまった。



e0071652_2032931.jpg
【ぎえええーーーー!!】
宮崎県高千穂峡にて。
道の駅の飾り壁で戯れるありけん(注:一人)。
タイマーを押して走って現ポーズをとった瞬間、野良猫が駆けてきてカメラ横に置いてあった食べかけの地鶏(炭火焼)袋に顔をつっこんだので、別の意味でも叫んでいる。
炭火焼鶏肉(すごくハマった)、けっこう持っていかれる。




 ずんぐり眠るありけんにそんな叫び声は聞こえないし、悪夢は見たかもしれないけど忘れていた。
そして旅3日目(9/13)、今日も元気にゆく!!よろしく世界☆

 
 熊本駅から赤水駅まで列車移動すると、後はレンタカーの旅となる。
ツチノコの前にやらなければならない指令があった。

 『指令4』:駅うどん、車内持ち帰りスタイル復活プロジェクトの遂行。

 ご存知の方もいるかもしれない。
その昔、駅ホーム露店の『うどん、そば』は、プラスチッック容器に入れてもらい車内へ持ち帰れたのだ。
自分も子どもの頃一度食べた記憶がある。
あの文化は素晴らしいと思うのだ。
 そこで考案されたのが『駅うどんの車内持ち帰り復活プロジェクト』。
ありけんがまずそれを実践してみせ、それを見たみんなが『自分もやりたい!』と声を上げ始め、自然と復活してゆくというプロジェクトだ。



e0071652_2015213.jpg
【豊肥本線】
ローカル線の各駅に駅員はいない。
従って、バスのように前から降りて運賃を支払うシステム。




 旅初日からホームにうどん屋がないか、さりげなくも探していたのだけど、うどん屋どころか駅員すら配置されてない駅がほとんど。
南宮崎、都城、人吉と言った大きめな駅にもうどん、そば屋はなかった。
さすがに熊本駅にはあるだろうと思っていたが、まさか、熊本駅にもなかった(ありけん調べ)。

 やばーい、、

 ほらみろ、結局、持ち帰りすらできないじゃないか!なんてお思いの方。
ありけんをナメるな!!



 
e0071652_2032656.jpg
【豊肥本線にて、ついに復活!!!】




 これはまずいと考えたありけんは、駅内のコンビニで『どん兵衛』にお湯を入れて、こぼれないよう完璧にテーピングして車内持ち込みを成功させたのだ。
かなり強引だが、うどんはうどんである。

 熊本駅8:44発(始発)の豊肥本線は、予想以上に混んでいた。
混雑にも関わらず一人しか座っていないボックス席があった。
おっ、「あそこ空いてるな」と人をかき分けやってきた乗客も、思わず座るのをやめてしまう。
なぜならそこに座る男(注:一人)は、朝から列車の中でカップ麺を食べていたからだ。

 ズル、、ズルルぅ、、はぁ、、

 危険である。
斜め向かいに座る大学生らしき女性も、そうとう遠い目をしている。

 はぁ、、厳しいなぁ、、

 負けるなありけん!!ここで皆にいいなぁと思われなければ意味がないぞ。
ほら、今こそ、うまそうに食べるのだ!!

 ズルル、、はふ、、はふ

 はぁ、、つらいなぁ、、


 指令4:達成☆
このプロジェクトが成功したかどうかは2年後、君が豊肥本線に乗ってみればわかるさ。
みんな朝から車内で『どん兵衛』食べてるから。



e0071652_2032372.jpg
【豊かな水田地帯と一体となる】



 やがて豊肥本線は世界でも有名なカルデラ火山(火山の活動によってできた大きな凹地を持つ火山帯)、阿蘇へと向かう。
緑が柔らかくみずみずしい。
どこか懐かしい車窓にまどろんでしまう。



e0071652_203216.jpg
【豊肥本線:赤水駅】
外輪山に囲まれた盆地。風渡る田園地帯。
その中で古い駅がよく似合う。




 熊本県阿蘇:赤水駅。
幸せすぎた列車の旅。
残りを惜しみつつ、ここから新たな旅が始まる。
そう、車(レンタカー)の旅である。
ギアはD(ドライブ)、ミュージックはありけん特製『旅CD』、いざ高千穂峡へ!!



 山道をゆく。
空へ伸びる白い中央線。
アクセルを踏み込みカーブを抜ければ開けた丘陵の台地。

 うおーーーー!!

 再び真っ直ぐな道、立ち上る入道雲。

 そこで流れてきた曲は、まさかの『ネバーエンディングストーリー』(今年もかい!)。
 
 うおーーーーーーー!!!

 アートレーーーイユ!!!
(やっぱりファルコン役:不細工な特大ゴールデンレトリバーみたいなの)

 テンションもマックスである。



e0071652_5572333.jpg
【阿蘇山より盆地、外輪山を望む】
中心に阿蘇山(火山)、その周りをドーナツ型にカルデラ盆地が囲み、さらにその周りを外輪山が囲むというとても立体的で美しい大地なのだ。




e0071652_2031945.jpg
【外輪山の駐車スペースにて】
高千穂峡に向かうにはまず外輪山を越えて、南(宮崎)へ南へと進まなければならない。





e0071652_2031678.jpg
【今年も彼岸花】
さすがは山地、早くもたたずむ彼岸花。
『ごん狐』を思い出す。




 寄り道しながら1時間半ほど車を走らせ、ついに目的地『高千穂峡』に到着。
なんとみずみずしい峡谷だ。

 到着と同時に立ち込める暗雲、ぼたぼたと落ち始める雨。
まるで、峡谷がありけんを歓迎しているようだ(手荒)。

 感じる、、

 やばい、、いるな、、ここ、、



e0071652_2031466.jpg
【高千穂峡】
雨量があるのだろう。いたるところに湧水、滝、沢、淵。
様々なグリーンであふれる世界。



e0071652_2031164.jpg
【水がきれいだ】




 ふむふむ、、ほぉ~
おっ、あっちすげぇ!

 ちがーう!!

 観光客になってる場合ではない。
自分は国家プロジェクト級の使命を持つているのだ。
もっと山奥へゆこう。



e0071652_203875.jpg
【水も滴る廃屋なり】




 そもそもなぜツチノコなのか?とお思いの方もいるだろう。
それは、、ロマンである。

 たくさんの目撃情報があるにも関わらず、まだ捕獲されたことがないという幻の生物。
さらに捕獲すれば数億円の価値があるといわれている。
男ならばこれにチャレンジしない手はない。

 目撃情報が多いのは、信州や新潟方面だった。
しかし、信州だとありけんがツチノコを発見するよりも、おなかをすかせたクマがありけんを発見する確率の方が圧倒的に高いような気もした。

 宝くじで1億円当たる確率よりも、明日、不慮の事故等で自分が死ぬ確率の方が高いと言われている。
世の中、1億円当たる者もいれば、ヘリコプターが突っ込んでくる者もいるのだ。

 宝くじで1億円当たる確率
 明日ヘリコプターが突っ込んでくる確率
 ありけんが山中でクマに襲われる確率

この中で一番リアリティあるのは、クマ君ではないだろうか、、。

 これはいかん、ということでクマのいない九州が選ばれたのだ。
完璧である。



e0071652_203450.jpg
【ツチノコ絵図(ウェブ写真から引用)】
ありけんが各方面で入手した情報がだいたい詰まっている貴重な巻物だ(巻物ではない)



 ■ツチノコとは(主にウィキペディア参照)

 ・普通のヘビと比べて、胴の中央部が膨れている(鎚に似ていることからこの名がついた)
 ・チィー!と鳴く。
 ・好物は、日本酒、スルメ、髪の毛の焼ける匂い。
 ・2メートルほどのジャンプ力を持つ。
 ・いびきをかく。


 なんか、おやじみたいだな。

 ありけんは『探す』のではなく、罠を仕掛ける作戦に出た。



e0071652_203290.jpg
【だだーん!毒しめじ(毒しめじではない)】




 罠を仕掛けるため森の奥へ奥へと進む。
なんだか、視線を感じる。



e0071652_2025955.jpg
【だだーん!巨大鹿の足跡】
おいおい、でかいぞ。




 高まる湿度、重たい空気。
そしてさっきから感じるこの視線。
汗を拭い、水を飲む。
場所は決まった。



e0071652_2025549.jpg
【だだーん!!セット完了】




 物陰からすくむようにして罠を見張るありけん。

 一陣の風が樹々を揺らし、暗雲が深い森からさらに光を奪った。

 その時である。

 チチィィーーーーーー!!
甲高い鳴き声とともに鳥達が飛び立った。



 次回、ついに決戦の時。
ありけんはツチノコを捕獲することができるのか!?



 その4へ続く、、 
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-09-29 11:54

2012年9月『南九州ツチノコの旅』【2】

 旅2日目(9/11火曜日)、そのほとんどが列車移動となる。
列車好きのありけんにとってはたまらない一日である。



e0071652_15391389.jpg
【吉都線(きっとせん)、都城駅(みやこのじょうえき)にて】




 南宮崎駅から鹿児島県の川内駅(しょうないえき)へ、遠回りとなる吉都線経由で向かい、そこから第三セクターのオレンジ鉄道を制覇しつつ熊本駅に入るのだ。
そして、オレンジ鉄道のどこかよさげな海際の駅でぽんと降りて、夕日を見ながらビールを飲みつつ、ギターが弾けたら最高だと考えている。
さらに、ここで1曲作成できたなら、指令3(オレンジ鉄道制覇)と指令5(旅中1曲)が達成されたことになる。
さすがはありけん、常に大物狙いである。



e0071652_1539995.jpg
【吉都線のある駅にて】
切符を買わずに乗車し、車掌さんに数分間程激しく怒られて、しょげて歩く地元高校生。
高校時代を思い出してしまった(笑)
その後、遅れた時間を取り戻すべく列車はスピードをうんと上げて跳ね始める。




 列車は空いている。
コーヒーを飲みながらミュージック。
鉄粉でセピアじみた窓に、映像のような景色が流れてゆく。
はぁ、、もう、、最高。



e0071652_1539719.jpg
【窓はちょっとだけ開ける】
南国列車の窓は、ちょっとだけしか開けてはいけない。
なぜなら猛々しく生い茂った草木が、剣のように鋭く飛び込んでくるからだ。




 都城駅で日豊本線から吉都線へ乗り換える。
その後、吉松駅で肥薩線に乗り換えて隼人(はやと)、鹿児島中央、川内へと向かう。
しかし、問題は早くも吉松駅で起きた。
まさかの『乗り間違え』をしてしまったのである。

 ここらはいずれもキングローカル線である。
2時間に1本と言った感じ、列車なんてすれ違うことも稀である。
ところが田舎の分岐駅では、そんな2時間に1本クラスの列車が待ち合わせしていることが多い。
それを逃すと2、3時間待ちと言った感じ。
 「お乗り換えの方、お急ぎくださーい!」という煽りにだまされてありけんが駆け込んだのは、逆方向の肥薩線だったのである。
しかもそれはただのローカル線ではなくて、全席指定の観光列車だった。
なんてこった、、。



e0071652_1539760.jpg
【肥薩線上り『しんぺい号』】
ちょ、ちょっと、ゴージャス。。
乗務員おねえさんまでいる(ここらは大抵ワンマン運行)。




 乗り間違えくらいなにさ、なんてお思いの方。
キングローカル線をなめるな!!
人生と一緒、もう戻れないのである!!(言い過ぎ)



e0071652_1539256.jpg
【しんぺい号、トイレ前】
ゴージャスといっても『キハ47』のリニューアル版。
指定券も300円と安く、地元の人は無料といった座席もある。
観光客を相手にしつつ地元の乗客も従来どうり乗せるという努力に脱帽。
JR九州も頑張っている。




 しんぺい号は、走行しながら名所や由来などを常にアナウンスで紹介してくる。
もう、うざいったらありゃしない。
乗客も全てと言っていいほど観光客である。
変なグッズなんて売ってるし。
さらに駅ごとに数分停車して、皆に写真を撮らせる時間などを与えている。

 ちがーーーーーう!!
違うだろJR、こんなんじゃないだろうキングオブローカル線!!
おれはもっと自然な地元の姿が見たいんだよぉ。

 というかおれ、このままじゃ熊本に行っちゃう。



e0071652_1539584.jpg
【しんぺい号の車掌になったよ!】
散々ぶーぶー言いながらも車内サービスに乗っかるありけん。
これからどうするか頭を抱えている様子が、テーブルのノートと時刻表から見てとれる。
行く先が決まらないので、アホにもキレがない。
乗務員おねえさんも「どうすればいいですか?」という困った客の困った質問に困っている。



 ありけんの精密巧みな時刻表ワークがはじき出した結果、こうなった。

『川内(鹿児島)』→どこかの海→『八代(熊本)』という予定が、
『八代(熊本)』→どこかの海→『川内(鹿児島)』というぐあいに変更された。

 宿泊は熊本にとってあるので、川内からは九州新幹線で再び熊本に戻る。
ちょいと高くつくがこれしかない。

 さすが、おれ、そうと決まったら楽しくいこう!!(しんぺい号を堪能)


 人吉駅でしんぺい号に別れを告げ、券の清算をするため駅の窓口へ。
「今来た『しんぺい号』で戻られた方がいいですよ。
3時間程遅れるけど、料金はかかりませんし、、」
そう勧める駅員さんは、清算が複雑すぎてめんどくさそう。

「いや、おれ、戻るのきらいなんですよ」(かっこいいな、おれ)

「はぁ、、」



e0071652_7592320.jpg
【肥薩線:八代駅へ向かう特急『くまがわ』】
行く先が大幅にかわって、訂正だらけとなってしまった乗車券。
駅員に事情を説明したときも、なぜ吉松駅で乗り間違えるのか理解に苦しんでいた。
車窓にはエメラルドグリーン、球磨川(くまがわ)。




 時刻表を見ていて気になる一点があった。
八代駅にて、オレンジ鉄道(第三セクター)への乗り換え時間は1分。
そんなバカな、、。
時刻表を何度も見返してもやはり1分。
JR同士の乗り換えでも厳しいのに、、。
特急の乗務員(おねえさん)に、この乗り換えは可能なのか聞いてみた。

 「可能かどうか分かりませんが、、頑張ってみてください(笑顔)」

 答えになってないんだけど、、まあ、勇気は出た。
行くしかない。

 八代駅にて、特急『くまがわ』から飛び出して駆け出すありけん(注:荷物多い)。
乗り換え客のためにオレンジ鉄道のスタッフが(私服にオレンジジャケット姿)、向こうの方で手を振って列車を待機させてくれている。

 「はやくはやくー!!」(乗り換え客はありけんだけ)

 うおーーー!!

 いったい今まで、どのくらいの旅人がこの乗り換えダッシュを繰り返してきたのだろう。
熱い、熱すぎるぜオレンジ鉄道。

 うおおぉーーーー!!

というか、乗り換え時間5分にすればいいだけやんか。
なんて考えちゃあいけない!!

 「券もっとうね?
もういい、中で買いんしゃい!!
早く乗りんしゃい!!」

元気いっぱい、熱かった、間に合った。
ありがとうおばちゃん!!

 

e0071652_15385227.jpg
【ついに来た!涼しげ、清潔なデザイン、オレンジ列車】




 追い込まれるように乗車した後、高校生や地元のおじいちゃんおばあちゃん達に混ぜてもらう。
すぐに4人席で一人足を伸ばして座る感じになる。
西に向かって傾き始めた陽をめいっぱいに受けながら、海沿いを風になる。
キラキラきれいになる。
はあ、、幸せだ。



e0071652_15385886.jpg
【来たよ!!鹿児島】




 地図でおおよそ目星をつけていた通り、牛ノ浜駅が海に近く、えいっ!とここで降りた。
道路を渡れば砂浜、大正解だった。



e0071652_15385641.jpg
【小石の海岸】
すごいきれいな小石がたくさん。
きっと1個数万円はするな。



e0071652_15385415.jpg
【うおーーーー!!】
きれいな海だ。



e0071652_15384858.jpg
【夕日に向かって】
運良く近所に酒屋があり、冷たいビールも手に入れた!!
浜辺で夕日を見ながらギターとビール。
これやってみたかったんだ。
写真は酒屋の前の踏切。



e0071652_15385187.jpg
【夕焼けギター】
ここで曲を作るのだ。



e0071652_15384636.jpg
【あの陽が沈んだら帰ろう】
オレンジ鉄道はだいたい1時間に1本の運行。
くぐり抜けてきた路線を思えば、ぜんぜん多い方である。




 めいっぱい幸せになったありけんは結局、九州新幹線でなく、再びオレンジ鉄道で熊本に向かうことにした。
もうね、予算使い過ぎ。
それに歌詞を練る時間も欲しかった。

 ありけんを乗せた鹿児島本線が熊本駅に入線したのは22時近かった。
 


e0071652_15383546.jpg
【ホテルにて、洗濯待ち】
この日はきっと疲れるだろうと、熊本駅直結のJR九州ホテルにしていた。
旅中に洗濯はつきもの。
待ち時間に用意していたDMハガキを作成。
旅先から送ってみたかったのだ(笑)
しかし、けっこう寝るの遅くなる。




 さあ明日は、いよいよメインイベント、ツチノコ捕獲!!
ちょっと待って、指令4の『うどんの持ち帰り復活化』って忘れてない?
まあ、、なんとかなるさ。
もう寝よう。

 どっかり疲れて深い眠りの中、まさか翌日、更なる失敗が待ち構えていようとは。
なんか予測もできたし、もう、慣れていた。



指令3:オレンジ鉄道制覇→達成○
指令5:旅中1曲→作成中△




その3へ続く、、
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-09-20 11:47

2012年9月『南九州ツチノコの旅』【1】

 毎年夏の終わりに旅に出る。
もちろん今年も行ってきたよ、その名も『南九州ツチノコの旅』。

 今年の指令は6つ(自分で決める)。

1:ツチノコを捕獲せよ。
目撃情報は多くあるのに未だ捕獲されたことがない。
捕獲すると数億円の価値があるとされる幻の生物『ツチノコ』。
好物は日本酒とスルメらしい。
捕獲せよ。(メイン指令)

2:宮崎県都井岬で野生馬と晩夏を駆けぬけろ。
都井岬に自生するという野生馬(小型)。
彼らとともに野を駆けて風になろうじゃないか。

3:鹿児島 - 熊本『オレンジ鉄道』を制覇せよ。
川内〜新能代を走るローカル線『オレンジ鉄道』を制覇せよ。

4:駅うどん、車内持ち帰りスタイル復活プロジェクトの遂行。
昔あったよね?駅うどんの車内持ち帰りってやつ。
あれってもうないの?!復活させよ。

5:旅中1曲。
道中4日間の間に1曲作成せよ。

6:くまモンVSありけん。
ゆるキャラの人気者『くまもん』。
やっつけてきなさい。



e0071652_1017972.jpg
【ツチノコの森に入るにあたって、気合い十分なありけん】



 前髪を騒がす南風、目を閉じれば聞こえてくる波の音、深呼吸すれば胸いっぱいの森の匂い。
そしてやっぱり、動き出す列車の窓には、僕さ。



 『2012年9月ツチノコの旅』スタート。


 目覚めた瞬間時計を見なくてもわかる、そう、それが大寝坊だ。
旅当日、3:50起床予定のありけんは、6:40を指す目覚まし時計を片手に困っていた。
あと30分程で宮崎ゆきの飛行機が飛び立ってしまう。
もはやパーマンでも無理である。

 こういうときは一息入れるに限る。
コーヒー片手に、鉢植えにあふれる程水をあげながら作戦を考えていた。
最近2、3時間の睡眠が続いていて、うんと疲れていたからなぁ、、。
うーーーーん、、。

 よし!羽田に向かいながら考えよう(解決策)。

 羽田でダダをこねたがやはりなんともならず、しかしながら払い戻しと安い路線(ソラシドエアー)を選んでもらい、3時間遅れで東京を飛び立つことができた。
まー、楽しく行こうぜ!

 

e0071652_1017416.jpg
【青島:亜熱帯植物園にて】
青空にハイビスカスとフェニックス。
南国で見るハイビスカスは自然にとけ込んでいる。
鮮やか、きれい。




 来たよー、宮崎!!
あちょー!!!(テンションUP)



e0071652_1017368.jpg
【日南線:こういった色彩が自然と土地に似合う】




 今日は指令2、都井岬で野生馬と大地を駆けて風にならなければならない。
なんて魅力的な指令だ。
 しかし、もう時間的に無理である(けっこう遠くて日南線の本数もなく、日が暮れてしまう)。
レンタカーを借りれば間に合いそうだが、日南線にはどうしても乗りたい。
指令をとるか、日南線をとるか、そうするありけん?!



e0071652_1017124.jpg
【列車最高!】




 あっさり指令2を捨てたありけんは、企画段階で気になっていた『青島』へ向かうことにした。
青島は空港からも近く、日南線数駅でゆけるのだ(都井岬は数時間かかる)。



e0071652_10165955.jpg
【青島は橋の向こう】




 正午過ぎ、青島駅前の手荷物預かり所でギターと鞄を預けたありけんは海へ向かう。
気温は高いが風が気持ちいい。
顔もほころんでしまう。



e0071652_10164989.jpg
【青島神社】
赤がきれい。
小さな島にある小さな神社なのだ。



e0071652_10165374.jpg
【絵馬簾をくぐる】



e0071652_101651100.jpg
【木漏れ陽小道】




 小さい神社だけれど、きれいで、波の音に包まれている。



e0071652_10164789.jpg
【貝殻の浜辺をゆく】
よく見ると砂浜はすべてが貝殻。
気の遠くなる程の時間を経て、貝殻が風化して蓄積された浜なのだ。
豊かな海なのだろう。




 島をゆっくりと一周りして南国色に染まったありけんは、亜熱帯植物園を経て青島駅に戻る。



e0071652_1016451.jpg
【行き倒れにゃんこ発見】
おっ、おい、ねこ君、大丈夫か!?
うにゃぁ〜
眠そうに起きて、相手もしてくれず家軒へ移動。




e0071652_1016428.jpg
【日南線:青島駅にて】
夏草が生い茂っている。
伸びると列車がぶちぶち除草する仕組み。




 18時すぎ、南宮崎の安ホテルにチェックイン。
まだ前日までの疲れが抜けきれいていないため、今日は早く休むことにした。



e0071652_10164344.jpg
【ホテル前の居酒屋『炭屋(すみや)』】
風呂上がり、晩ご飯はご当地料理。
宮崎地鶏の旨さと寡黙なご主人のオススメ酒にやられてしまったありけん、ひとりで飲み過ぎる。
焼酎『霧島』うまい!




 結局、都井岬へはゆけなかった。。
なんだよありけん、指令なんて最初からこなせてないじゃないか、フン。なんてお思いの方。
ありけんをナメるな!!
 3日目にゆく阿蘇には草千里という場所があって、そこにも野生馬がいるのを知っているのだ。
草千里で野生馬と風になれば問題ないじゃないか!!(いや、場所が違う)
よし、大丈夫だおれ。
まー、楽しく行こうぜ!!



e0071652_10194639.jpg
【青島にて】
月は東に陽は西に、想いは北へ、南風に乗って君のもと。



 明日は、オレンジ鉄道。
楽しみだな。
浜辺でビール飲むんだ。

 しかし、飛行機に乗り遅れた次の日も再び派手に失敗しようとは、、。
白鳥座が瞬く夜空の下、夏草で笑う虫達は教えてくれたのに、すでに寝ていて気づかなかった。




その2へ続く、、
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-09-18 12:32

ツチノコの旅、無事帰還!!

 帰ってきた、夏旅!!
 今年は『南九州ツチノコの旅』。
心深くまで大地や空や海が広がってゆくような、とても素敵な時間を過ごせた。


e0071652_20143941.jpg
【青島:亜熱帯植物園にて】
赤い色を教えてくれる。



 果たしてありけんは、旅の5つの指令を遂行できたのか?!
ありけんはツチノコ捕獲で億万長者になり、強大な財力をバックにプロモーションして、音楽でバカ売れするのか!?



e0071652_23153123.jpg
【ツチノコの森に入る前】
そーとー気合い入ってる。



【2012年9月:旅の指令】

・ツチノコを捕獲せよ。
捕獲すると数億円の価値があるとされる幻の生物『ツチノコ』。
好物は日本酒とスルメらしい。
捕獲せよ!(メイン指令)

・宮崎県都井岬で野生馬と晩夏を駆けぬけろ。
都井岬に自生するという野生馬(小型)。
彼らとともに野を駆けて風になろうじゃないか!

・鹿児島 - 熊本『オレンジ鉄道』を制覇せよ。
川内〜新能代を走るローカル線『オレンジ鉄道』を制覇せよ。

・駅うどん、車内持ち帰りスタイル復活プロジェクトの遂行。
昔あったよね?!駅うどんの車内持ち帰りってやつ。
あれってもうないの?!復活させよ。

・くまモンVSありけん。
ゆるキャラの人気者『くまもん』。
やっつけてきなさい!!


 過酷な指令にもめけず(注:自分で決めた)駆けぬけた今回の旅。
徐々にレポートをまとめてアップしてゆきますね。
応援メッセージくれた方々、ほんとにありがとう!
お土産もあるよ(笑)
取り急ぎご報告まで。

 よい初秋を。



e0071652_2014499.jpg
【宮崎県、青島にて】
月は東に陽は西に、想いは北へ、南風に乗って君のもと。

[PR]
by KeN-ArItA | 2012-09-14 20:59


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧