ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年9月『南九州ツチノコの旅』フォト展

 おかげで今年も素敵な旅になったよ。
本編では掲載できなかった写真なども、ざっくりフォト展としてあげさせてね。



e0071652_10133578.jpg
【宮崎県、青島にて】
南九州の中でもここは特に亜熱帯色が強いと思う。
海風が袖をぬける、素敵な南国タイムをありがとう。



e0071652_10133242.jpg
【青島駅の行き倒れにゃんこ、目覚める】
あまりの無防備さに笑いをこらえきれず写真を撮るありけん。
ようやく気づいてお目覚め。



e0071652_10132961.jpg
【待ち時間も好き】
駅前のうどん屋でうどんを注文したら「20分くらいかかりますけど」って言われて、ほんとに20分かかった。
ここではそれが当たり前。
時間の流れがゆっくりなのだ。



e0071652_10132745.jpg
【南宮崎『炭屋』】
地鶏の炭火焼は病み付きになるくらいうまかった(写真はふつうの焼き鳥)。
それも注文してから出てくるのに20分以上はかかった。
マイペースで一つずつ注文をこなしてゆく主人。
他の客も出てくるのが遅い!なんて言わない。
これが当たり前なのだ。
宮崎へ行ったら、宮崎タイムに合わせるといいよ(笑)
ゆっくり行こう。



e0071652_10132427.jpg
【吉都線にて】
田舎は車社会である。
そこをゆくローカル線の乗客の多くは、お年寄りや学生なのだ。



e0071652_10132297.jpg
【肥薩線:しんぺい号】
まさかの乗り間違えをしてしまったありけん。
鹿児島に向かうはずが観光列車の『しんぺい号』で熊本へ向かうはめに。



e0071652_10131974.jpg
【鹿児島県:オレンジ鉄道牛ノ浜駅前の海】
一度乗ってみたかったオレンジ鉄道。
そのオレンジ列車に乗って適当に降り立った砂浜のある駅は『牛ノ浜』。
海がキラキラきれいだ。



e0071652_10131655.jpg
【そりゃ、入るよ】



e0071652_10131990.jpg
【これがやりたかった!】
夕陽を見ながらギターを弾きつつビールを飲む!
叶った!!幸せ。
ありがとう。



e0071652_10131696.jpg
【タイマー撮影NG集】
タイマー撮影の一番難しいところはピント合わせ。
被写体もいないのにピントを合わせなければならないからね。
近くにある何かにピントを合わせてタイマーをセットして、あとは駆け出す!
上の写真は道路標識と頭がかぶってしまった失敗作(笑)
けっこう難しいのだ。



e0071652_1017522.jpg
【ツチノコ森にて】
果たしてありけんはツチノコを捕獲することができたのか!?
詳しくは本編4にて!



e0071652_10131064.jpg
【熊本県:阿蘇山にて】
広々とした大地、走り回らさせてくれてありがとう!



e0071652_1013376.jpg
【帰宅すると枯れていたワイヤープランツ】
旅中に枯れてしまったワイヤープランツ、根は生きていてまた芽を出したよ。
これからもよろしく!



e0071652_1013116.jpg
【熊本は阿蘇、外輪山にて】
晩夏の大地はもう秋の準備に取りかかっている。




 南九州、幸せな時間をありがとう!
また来るよ!!
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-10-19 11:16

2012年9月『南九州ツチノコの旅』【5】

 初日は宮崎の激安ホテル(2900円。エアコンあってなし)。
二日目は熊本駅直結のビジネスホテル(すごく便利)。

 最終日くらいはビジネスホテルではないところにしたいと思った。
かといって高級旅館などを選べるわけはなく、粘り強いネット探索の結果選決められたのがホテル『トンボの里プチホテルエリーゼ』だった(ちょっぴり照れちゃう名前もよい)。
 


e0071652_14353548.jpg
【指令5『旅中1曲』作成中】
う〜ん、エリーゼでバカ曲は作れない。。
柔らかい雰囲気である。
ついついバラードを弾いてしまう。




e0071652_14353842.jpg
【西洋的雰囲気のある建物】
どこかゲストハウス(民宿)的な雰囲気があるところがよい。
窓から放たれる暖色の明かりがほっとさせてくる。




 ギターを持って玄関に入る疲れ果てたありけんを迎えてくれたおかみさん、笑顔が素敵。
(こういったどちらかというと民宿的な旅館に一人客はあまり歓迎されない)

 近所に温泉があるとのことで楽しみにしていた。
さっそく向かってみたのだけど、まさかの定休日だった。

 はぁ、混浴が、、(きっと混浴ではない)。

 悪運はまだまだ続いているなと、しかたなくホテルの浴場を利用したが意外に広くて満足満足。
夕食までギターを弾いて過ごした。



e0071652_14353983.jpg
【メインホールの雰囲気が特に好き】
食事はコース料理。
自分一人にも関わらず、美味しく、たくさん、幸せ、ありがとう。
ごちそうさま!




 毎旅、ありけんを苦しめるのが指令5の『旅中1曲』。
そんなの指令にしなきゃいいじゃん!ってお思いの方もあろうが、しかし、去年も一昨年もよい曲が完成しているのだ。
 だけど実際、なかなかできないものである。
テーマや曲自体は、前日の海(オレンジ鉄道)ででほぼ出来上がっている。
あとは詩と詰めなのだけど、元気で前向きなテーマに対して、この落ち着いた空間はちょっと合わない。
恋歌ができてしまいそう。



e0071652_14353249.jpg
【夜のメインホール】
宿泊客が一人でも、23時までの館内はいっさい手抜きをしない。
空調だって快適さ。




 21時も過ぎて、さすがに迷惑だろうとギターを置いたありけんは手持ち無沙汰になる。
こういった時、一人旅とは寂しいものである。

 あーあ、、他に宿泊客でもいればなぁ。
携帯電話でツイッターなんぞ見ている。
ぱこっ(またビール開けてる)。

 こういった寂しさも一人旅なのだ。

 心地よい雰囲気の中、ほろ酔いからマジ酔いに変わり始めたので寝ることにした。
窓を開けると高原の夜が堰を切ったように流れ込んで来た。
晩夏とはいえ、もう冷気を含んだ秋の空気だ。
いったいどれだけいるのだという程の虫の音に包まれたベッドの中。
大自然の夜を懐かしく感じながら眠った。



e0071652_14353096.jpg
【阿蘇山より米塚を望む】
子どもの頃、家族で阿蘇へ行ったことある。
小さい頃でほとんど記憶にないのだけど、この『米塚』を父と登ったことだけは覚えているのだ。
現在は登れないようになっているが、懐かしく眺めた。




 旅4日目(最終日)。
 正午に熊本空港にレンタカーで乗りつければ問題ない計画である。
朝食を終えてしばらくギターを弾いたありけんは(もはや普通に歌ってる)、もう一度、阿蘇山をドライブすることにした。



e0071652_14352753.jpg
【草千里、山頂近く】
この日は天気がとてもよく、色彩がより浮き立っている。



e0071652_14352549.jpg
【すすき原】
金野原、深呼吸、幸せだ。
だけどススキをナメてはいけない、突っ込んでゆくと刃物に変わる。
無数のトンボもキラキラしている。




 好天ドライブ、窓を開けて深呼吸すれば、体の中は世界規模に輝いて広がる。



e0071652_14352130.jpg
【中腹にて、休憩】
観光客は意外に少ない。
えーい、一人じめだ!




 指令5『旅中1曲』の仕上げは飛行機内でやるとして、最後は指令6である。

 さて、指令6『ありけんVSくまもん』。
これは、ゆるキャラで全国No,1と言われるの人気者『くまもん(熊本のイメージキャラクター)』。
そんくらい倒してこようじゃないか!というものである。

 あれだけ有名なら、熊本駅に着ぐるみのくまもん1匹くらいはいるだろう。
そいつと格闘しているシーンでも撮影してやろう!という安易な魂胆であった。
しかし、熊本駅にいた特大の『くまもん』は空中に飾られていて、ありけんごときには手も出せない尊大な位置にあった。
くそ〜、ぬいぐるみのくせに。。
そこで空の玄関口『熊本空港』での決闘にかけることにしたのだ。



e0071652_14351945.jpg
【熊本空港:お土産売り場】
くまもん、すごい人気だ。
当たればなんでもすごいものだな(うらやましい)。




 空港についてチェックインを済ませたありけんはお土産売り場に向かってみた。
うう、、すごい人気だ。
お菓子にタオルにぬいぐるみ、お酒、、もうなんでも『くまもん』である。
くそ〜、もうかると思ったら見境なくなんでもやりやがって。
草千里の野生馬の方がぜんぜんいいじゃないか(見てない)。
それにまず、九州にクマはいないだろ。

 いかん、ゆるキャラをうらやましがっている場合ではない。

 さあ出てこい、くまもーーーん!!

 どこじゃ!くまもーーーん!!

 くまもーーーん!!出て来ておくれー。

 くまもーーーん。。
いないと落ちがつくれないんだよぉ。


 警戒中の小さな空港内を、怪しげな男が何かを探すように行ったり来たりしている。
強い視線を感じたありけんは、そこだぁ!とばかりその方を見た。
視線の主は『くまもん』ではなく女性警官だった。

 くそぅ、なんて鋭い目だ、、にこにこ笑っていればかわいいものを。
『鷹もん子』と呼んでやる。

 捕獲されては困るので、おとなしくロビーに戻るありけん(小心者)。

 そのときである。
場内アナウンスで便名とともに間違いなく自分の名前が呼ばれた。
1Fカウンターに急いで来いとのことである。

 なぜだ、なぜバレた、、おれがくまもんを倒そうとしていること。
どうしてそこまで見切った、熊本県警。
でもなぜ呼び出す!?
逃げちゃうぞ。

 1Fカウンターにおとなしく出頭したありけん。
航空チケットを落としていたのだ。


 おいおい、しっかりしろよおまえー!

 いや、もう、ほんとだめだよな〜おまえ〜!
(自分と自分がほっとしつつも注意し合ってる)

 なんだよ〜、結局『くまもん』もダメじゃないか、しょぼいぜありけん〜、なんてお思いの方。 
ありけんをナメるな!!




e0071652_14351696.jpg
【くまもんタオル買った】
いざ買うと、結構かわいい。




 ばーーん☆

 指令6『ありけんVSくまもん』→○(勝ち)



e0071652_14351377.jpg
【新型機ボーイング787】
これに乗るためにこの時間帯にした。
エンジン部の渦巻きなんて遊び心があって好き。
機内もきれいでいいよ。
驚いたのが窓のオートカーテン。
ボタンを押せば窓がさーっと暗くなり、ボタンを押せば再び視界のきく窓に戻る。




 飛行機は、やっぱり離陸の瞬間が好き。



e0071652_14351111.jpg
【旋回中、世界はきれいだ】




 羽田からはリムジンバスで最寄りの駅まで。
いつもの黄色い西武線が滑り込んでくると帰って来たという実感が強まる。

 旅の終わりは祭りの後と似ている。
幾分の寂しさはあるものだ。
だけど、南九州にあれだけ包み込んでもらったから充電は120%である。
またこれからも頑張れるよ。

 家に帰るまでが旅、油断は禁物である(さすがは旅のプロ)。
ちゃんと無事に帰宅して、油断したありけん宅から叫び声が聞こえた。



e0071652_12341523.jpg
【1年半育てたワイヤープランツ】




 旅立つ前にたっぷり水をあげていたのだけど、枯れてしまっていた。
他の鉢植えは問題なかったのだけど、ワイヤープランツと柊は枯れてしまった。
しかし、ワイヤープランツの根は生きていて、数日してまた芽を出してくれた。
嬉しいね。
またよろしく!



e0071652_1435449.jpg
【阿蘇山にて】
いろんな道を通って今がある。
これからも道は続く。




 目を閉じなくても思い起こせばたくさんの絵が蘇ってくる。
南九州の旅、楽しかった。
素敵な旅をありがとう!!




□指令、結果発表

1:ツチノコを捕獲せよ→×

2:宮崎県都井岬で野生馬と晩夏を駆けぬけろ→×

3:鹿児島 - 熊本『オレンジ鉄道』を制覇せよ→○

4:駅うどん、車内持ち帰りスタイル復活プロジェクトの遂行→○

5:旅中1曲→△

6:くまモンVSありけん→○

総評:よくできました!




2012年南九州ツチノコの旅、おしまい。






[PR]
by KeN-ArItA | 2012-10-18 12:38

種蒔きと収穫祭

 秋進むこの頃、すっかり日の出が遅くなってしまい朝派の自分としてはつまらない。



e0071652_5485124.jpg
【朝練も陽を浴びないのでノリがいまいち(陽は関係ない)】



e0071652_5484493.jpg

【小金井公園にて、コスモス】




 3年前の春に黄色い花をつけた水仙を買った。
シーズンが終わってやがて枯れて、だけど翌春、水仙は再び芽を出してくれた。
すごくうれしかったのだけど、花は咲かなかった。
今年もまた芽を出してくれたがやはり花は咲かなかった。
嬉しいけど、かわいい黄色い花がつかないのは寂しいものである。

 そんなありけんを見かねて、あるお客さんが1冊の球根植物の本をくれた。
おおーー!!こんなのがあったのか(ありがとう!)。
ありけんは多少勉強して欠点を見つけた。

 そしてついに来た10月!
10月は、球根植物を植える最適な時期だそうだ。
大きめのプランターや土を買って来て、晩春に土から掘り起こしていた球根達を植えた。

これで大丈夫!(ほんとに大丈夫なのか!?)
冬の真ん中頃、厳しい寒さの中芽を出して、来春には花をつけてくれればいいなぁ。
というか咲け!!




e0071652_5574828.jpg
【菜の花の芽】
去年、植えてもないのに勝手に芽を出した植物。
まあいいやと育ててみたら菜の花だった。
これはそいつの種から芽を出したせがれ。
かわいいよね。




 10月は収穫された食べ物ものが溢れる季節でもあるが、実は春の草花の種まき時期でもある。
3種程の種を買って来て植えてみたらすぐに芽が出た。
かわいいよね。
今までは、咲いたやつを買って来ていたのだけど、なんだかどんどんハマってゆく。。



e0071652_5484424.jpg
【白花かすみそう】
やがて間引くのが辛い。




 ベランダは野とは違うので放っておいても育たないし、花がつかないということがわかった。
やっぱり多少は知識と手を入れなければならないのだ。



e0071652_5482344.jpg
【季節外れのたんぽぽ】
夏に種を植えてここまで成長した、たんぽぽ。
つぼみを付けて、ほんのひと時、わずかに花開いた(暗くて写真は撮れなかった)。
やがて枯れるだろう。
それでも来春また芽を出しておくれ。
ありがとう。



e0071652_62053.jpg
【朝の響きは心地よい】




【明日に風が吹くならば】




 近日10/20(土)は、自由が丘にて久しぶりのワンマンライブを開催する。
やはり準備で忙しいもので、あれやこれやとわたわたとしていて、同時にパリッともしている。
自分自身、過去最高のステージにするんだ。
ハートフル、楽しく。
みなさん、ぜひいらしてね!



e0071652_623410.jpg
【ワンマンに向けてのフライヤ】
デザイナーのBreumenさん、ありがとう。
この日は、ずっと自分をサポートして来てくれた『えんどう光豆』君のラストライブでもある。
絶対最高のステージにするのだ。




 やらなければならないことが大小様々なくす玉だとして。
現在、くす玉どもがなぜか坂道を勢いよく転がり始め、ありけんは焦ってあわあわと走って追いかけている感じ。
坂道を転がるようにして走るありけんとくす玉ども。

 あちょーー!!

 ぼーーん☆

 今、一つのくす玉をやっつけて紙吹雪が華やかに舞った。
がんばる!!
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-10-12 12:13

2012年9月『南九州ツチノコの旅』【4】

 ロマンを求めて宮崎県高千穂峡谷へ来たありけんは、仕掛けたツチノコ罠を見張っていた。
ここは深い森の芯、時の流れは日常世界とは異なっているように感じられた。



e0071652_19315542.jpg
【ツチノコ仕掛け】
好物の日本酒、焼酎、スルメが仕掛けられている。
都心じゃ、まず、おやじが掛かる。




 じぃー、、、

 う〜ん、眠たくなってる場合ではないぞ。

 じぃーーー、、はあ〜ぅ

 そのときである、後ろの落ち葉がかすかに乾いた音を立てた。
そこだぁー!!



e0071652_19315098.jpg
【鮮やかなハ虫類のしっぽ。これは、、】




 捕まえたーーー!!!!(素手)



e0071652_19314671.jpg
【めっちゃかわいい】




 ちがう、イグアナであったか(子トカゲ)。

 チィィーーー!!
 
 しまった、、
自分としたことがトカゲごときに気を奪われて罠から離れてしまった。


 ここからは当時の死闘感をありのまま伝えたいので、一気に見流していってほしい。


 駆け出すありけん。

 チチィィーーーーー!!!

 急いで戻るのだ!!

 木立をくぐり抜けツチノコの森を走る。



e0071652_19314180.jpg
【急げ!!】




 でたーーーー!!



e0071652_19315031.jpg
【ツチノコ現る】




 チィィーーーーー!!



e0071652_19314642.jpg
【風を切るツチノコ捕獲網(昆虫網)】




 おりゃあああああ!!



e0071652_19314248.jpg
【やつも、すごいパワーだ!!】




 捕まえたーーー!!
しかし、忘れていた、、ツチノコのジャンプ力は2メートル。




e0071652_19313999.jpg




 なにぃぃぃぃーー!!



e0071652_22144733.jpg
【強者どもが夢の跡】
ちゃんと片付けました。




 一度は手中におさめたツチノコドリーム。
しかしそれは虹が消える瞬間のように、儚くも晩夏の森に消えた。


 はぁ、、

 溜め息の訳は聞かないで欲しい。




e0071652_19313659.jpg
【阿蘇山:秋はもう始まっている】



 撮影を終えて、徐々に覚めてきたありけん。
この後、下降中のテンションを一気にどん底まで落とす出来事が起きてしまった。

 とてもお気に入りだった鞄が車にひかれてしまったのだ。

 飛行機に乗り遅れたり、列車を乗り間違えたり、だがしかしそれらはまだツイートなどして笑い話にできる範囲だった。
しかし、この鞄事件(自分が悪い)はさすがに応えた。
中身は無事だったとはいえ、傷だらけになってしまった。
なにやってんだおれ、、。




e0071652_19313013.jpg
【阿蘇山:草千里にて】
阿蘇の大自然が包み込んでくれるにも関わらず、ありけんのテンションは低空飛行。




 お前さ、、なにやってんだよ。
3時間も寝坊して飛行機乗り遅れるし、、列車だって乗り間違えるし、、ダメダメじゃないか。

 終わったこといまさら蒸し返すなよ。
予算オーバーとか気にすんな。
旅の思い出はプライスレスだろ。

 じゃあ、この鞄はどうなんだ?!

 それは、、
というかお前だってずっとノリノリだったじゃないか。
おれの中の誰もが(たくさんいる)鞄のことに気づかなかったんだ、しかたないだろ!!

 まあ1000歩譲ってそれらは良しとしよう。
お前、昨日『オレンジ鉄道制覇!』って言ったよな。
でも本当はあと4駅(牛ノ浜駅〜川内駅)乗ってないよな?
(事実、海に満足したありけんは、折り返して熊本へ向かってしまったのだ)

 うるさーい!
オレンジ鉄道は120パーセント満足したから『制覇』って言っていいんだよ。

 そういった自己満足解決的な考え方が、ステージにも悪い方向に出てしまうんじゃないのか?!

 てめー、旅先でステージの反省会はなしだろう!!


 いかんいかん、自分と自分が喧嘩しはじめた。
元気出して行こう!こういう時は旅CDだ。

 きた〜、ネバーエンディングストーリー!
アトレーイユ(のらない)



e0071652_19312533.jpg
【熊本県阿蘇山:草千里にて】
笑ってはいるけど、どこか、沈んだ感は拭えない。
カルデラの大パノラマグリーンに癒されて、次第に元気が戻ってくる。
まあ、、楽しく行こうぜ!!




 草千里に来たのは訳がある。
それは旅初日、飛行機に乗り遅れたために達成することができなかった指令2『宮崎県都井岬で野生馬と晩夏を駆け抜けろ』のケツを取りに来たのだ。
何も野生馬は都井岬にだけしかいないわけではない、ここ草千里にもいるのだ。
この指令に対する執念は、評価していただきたい。

 「だって、そこ都井岬じゃねーじゃん」なんて言わないで欲しい!
野生馬は野生馬である。

 カルデラ山系の中心、草千里にてありけんと野生馬の共演を動画にてお届けします。
風が強く音声が聞き取りにくい箇所があるので、レポートを文字でも追っている。
ぜひ参照してもらいたい。





 こんにちはー!突撃レポート隊です。
今日は熊本県の阿蘇山に来てます。
草千里というところです。
とても、気持ちがよすぎるんですけどね。
 あれは阿蘇山です、えんえんと煙を吐いてます。
今はちょっと勘弁してほしいですね(噴火は)。
 車が止めてあるとこは、あそこですね。
まあ、おれもよく歩いてきました。誰もいません。

 ここに野生馬がいると聞いてはるばる来たんですけど、どこを探してもいないんですよね。
その野生馬と一緒に野を駆けたかったのですけどね、ちょっと、いないんですよね。
 おれがちょっと、元気に走って、野生馬達を呼びたいと思います。
じゃあ、あの山まで走ってみます。




 指令2→×



e0071652_19305525.jpg
【トンボの里プチホテル:エリーゼ】




 相当くたびれたありけんを迎えてくれたのが、阿蘇山麓『トンボの里プチホテルエリーゼ』。
ちょっぴり照れちゃいそうな名前なのだが、とても心地よい雰囲気なのだ。
こういった所では一人旅客は敬遠されがちなのだが、暖かい笑顔で向かえてくれた。



 次号は最終号!
エリーゼの素敵な夜から最後の指令『ありけんVSくまもん』から東京まで。
癒しと緊張、そして涙のエピローグをお見逃しなく!!




その5へ続く
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-10-05 16:17

月が傾くまで

 レッスンを終えて生徒を送りがてら外へ出た。
南風の出力に改めて敬意を払うべき風の強さだ。
塵やら、排気ガスやら、水蒸気やら、全て吹っ飛ばされた夜空。
おおー、月が、眩しい。



e0071652_1103442.jpg
【中秋の名月】
よくよくよく見ると、、
なるほど、たしかに、ウサギが肘をついて寝ているな。



 明日は久しぶりのオフなので気持ちも大きくなり、台風の尾っぽがバタバタと騒ぐ中、ビールの酔いも手伝って散歩に出た。
見上げればカシオペア、東には起き上がりのオリオン、西には数の子のような雲。
南天にはスペシャルプレゼント、真珠の月。



【『矢野顕子with小田和正』中央線】
高校の頃から好きなTHE BOOM、中央線。
偉大なお二方のアレンジにも恐れ入る。




 10月1日、0時過ぎ、川沿いをしてして歩いてゆく。
コンビニでビールとおつまみ。
橋上月見。



e0071652_132583.jpg
【種から育ったたんぽぽ】
まさかのつぼみが出てきた(シーズンは4〜6月)。
悪いことは言わないって、春にしなって!
とは言うものの、心のどこかで花開くことを望んでいる自分もいる。
あとは、もう、凍えてもしらん。




 台風は行ってしまったよう。
コオロギが鳴いている。

 ぱこっ(またビール開けた)

 いいと。

 今夜は贅沢に夜更かしを楽しむのだ。
[PR]
by KeN-ArItA | 2012-10-01 01:27


twitter
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧