ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タイムスリップ小惑星

 深い深い緑色、透かせば紫の血液を携えたようにも思われる『どくだみ草』。
蒸れた初夏の日陰にゆけばたいてい地から溢れ出すように茂っていた。
子どもは皆そうだろう、自分も、そのむっと薬のような詰まった匂いは好きではなかった。

 お墓の草むしりをさせられても他の雑草とは違って根が深いし、なによりも手に染み込んだ匂いはいつまでたっても消えてくれない。
さらにイメージがよくない一番の理由は、蚊の隠れ家というところにあった。
昆虫取りに行っても、釣りに行っても、どくだみ地帯に入れば蚊がいっせいに襲ってくる。
こんな草なければいいのに。
それはそう思うよね。



e0071652_16244194.jpg




 膝を擦りむいた時、祖母は庭からどくだみを摘んできていぶして傷口に当ててくれた。
強烈な薬草の匂いが「オロナインの方がいい!」と言いたい僕の口を塞いだ。
あれは、本当に効いたのだろうか。
少なくともいぶされてドロドロになった紫のどくだみは、こりゃ効くなと信じ込ませてくれる力を多分に持っていた。

 夏になればどこの家でも麦茶が冷えていた。
友達の家に遊びに行って飲ませてもらう麦茶はとてもすっきりしていた。
それに比べ自分家のお茶はなんだか苦く、濁っていた。
それがどくだみ茶だったと知らされるのは、もう少し成長してからのことだった。
しかし喉が渇いていて、さらに冷えているとなんでも飲めるものである。
いつの間にか子どもながらにその苦みが好みになっていたかもしれない。



e0071652_1624689.jpg




 マンションと壁の合間。
この時期になると毎年どくだみ草のシェアが始まる。
ひょいと覗き込むとそこは、日陰の小宇宙。
鈍く眩しい程に白いその花は、まるで小惑星のように静かに佇んでいる。
こんなにきれいだったんだ。
たくさんの思い出をありがとう。

 今年は、摘んで花瓶にさしてみようと思う。
深い深い緑色、匂いとともに日陰の思い出。
(決して育てはしない)




e0071652_16583450.jpg
【午後はカロリーオン、マウントレーニア】
クリーニングを出して、フライヤなどのコピーをとりにコンビニに向かった。
最近はノンシュガーばかりだったけど、普通のマウントレーニアを買った。
よい午後。



e0071652_173436.jpg
【あじさいは知っている】
もうすぐ愛しの低気圧群がやって来ることを。
雨の季節やね。



e0071652_174481.jpg
【初夏の味】
差し入れで頂いた小夏。
皮を薄く包丁で剥いてそのまま食べる。
しゃくしゃくしゃく、名前負けしない食べごたえ。
ありがとう!



e0071652_1783177.jpg
【どれだけ表現できたかな】
5/23吉祥寺シャッフルにて。
来てくださった方々、対バンの方々、関係者の方々、ありがとう。
引き続き精進します!



e0071652_17103614.jpg

サポートメンバーは、永山かずみ(ギター)、大浦ともぞう(カホーン)、竹村保彦(ベース)。
ナイスステージ、いつもありがとう!
次回ライブは明日(5/29ターニング)。
楽しくゆこう☆
ライブphoto by:yayo



e0071652_17124475.jpg
【野菊】
ベランダにも野菊はあるのだけど、花をつけてくれない。
太陽大好きな野菊としては、いまいちの日照時間なのかもしれない。
今年は咲けばいいな。



e0071652_17153159.jpg
【生まれたよ!!】
コンビニの帰り、1階の短期入居のツバメ君の巣を覗いてみた。
やったー、ハロー!
かわいい。
元気に育つんだよ。



e0071652_17175048.jpg
【振り返って帰り道、大きく息を吸い込む】
世界はやっぱり素晴らしい。
今から雨の季節、傘をくるくると、元気にゆこう。

[PR]
by KeN-ArItA | 2013-05-28 17:33

登って蜃気楼

 日が長くなったね。
初夏、朝は特に気持ちがいい。
さて、サマータイム起床(3:50)。
夜遅い日もあるからさすがに毎日というわけにはいかないけど、なかなかの成績だ(自己評価)。



e0071652_18381445.jpg
【秋に蒔いたカモミール】
咲いたっ!って喜んだけど、この花なんだったっけ?といった始末。
秋に蒔いて何を植えたか忘れてしまっている。
カモミール。
教えてもらってやっと種を蒔いたことを思い出した。
ありがとう。




 そんなに速く起きて何をするの?とよく言われる。
起きてまず、柔軟体操をしてシャワー浴びたり。
その後コーヒーを入れて、朝練開始と言った感じ。
外仕事の時はラッシュが嫌なのでこれまた早く家を出て、どこかのカフェで仕事をする。
電車は座れると、そこでも作業ができるしね(寝てしまう時も多いけど)。
 これが理想だけど、夜が遅いとなかなか大変だ。
眠すぎると集中できないしね。



e0071652_18543028.jpg
【ムスカリの種】
先日、ムスカリの種を採取した。
正露丸(ミニ)として売られていても分からなさそうだ。
ムスカリは球根植物で、種から育てると開花まで3年もかかり、えらい難しいらしい。
そんな、、こと言われるとやってやろうじゃないか!ってなる。
種まき期は5月らしいので、さっそく蒔いた。
芽、でるかな。




 日々の朝練成果あってか先日のバンドリハーサルの時、理想の歌唱に近づいた気がした。
はたからみたら何が変わったの?って感じかもしれないが、違うのだ。
今日も忘れないうちに歌い込んだ(笑)
といっても、どうせ次から次へと新しい目標や課題が湧いてくるので、それはまるで蜃気楼のよう。
辿り着くことはない旅なのだろうけど、今は蜃気楼に登った気分。嬉しい。

 練習ってすごいよね。
できないことが、できるようになるんだから。
でも、壮絶に、地味だ。



e0071652_1964122.jpg
【吉祥寺シャッフル】
明日(5/23)の吉祥寺のライブは久しぶりの4人編成。
永山かずみがリードギターを担当してくれる。
ダブルアコースティックなのでナチュラル感があって、とてもよい仕上がりだ。
楽しみでしかたない。




 最近よく食べる、そうめん(揖保の糸)。
もうそんな季節やね。
いや、夏の前に梅雨か。
梅雨課の連中も大忙しやろうね(笑)

 

e0071652_195348.jpg
【見つめてヒメフウロ】
ヒメフウロの花の散り方が好き。
5枚の花びらが、一枚一枚順に音もなく落ちてゆくのだ。
一番きれいな状態で落ちるので、散らばった床もひと時、見つめてしまう。




 時間はいくらあっても足りない。
あれもこれもというわけにはいかない。
選んだものだけでもめいっぱいだったりする。
 効率よく、集中して、しっかり休んで楽しんで、集中して、、。
これからも、ゆっくりでも成長してゆきたい。

 そのためにはサマータイム起床(そこかい)!
そのためには早く寝る(これが難しい)!
まあ、蒸し暑さに負けないよう頑張ります。
[PR]
by KeN-ArItA | 2013-05-22 19:42

映写機木陰とニューギター

 広葉樹のモスグリーンがやわらかい。
大きな風の波がやってくると、木陰の地面は映写機から伸び出る闇の中の光線のようにサラサラと動く。
じーっと地面を見ても、じーっと葉っぱをみても、見つけることができる何かしらの昆虫達。
みんなしっかり活動の季節。
心地よいね。



e0071652_18363491.jpg
【見上げてクヌギ林】
真夏になると葉はもっと茂り、しっかりとした日陰になるだろう。
木漏れ日さらさら、この時期は森を歩きたい。
幸せな時間をありがとう。



e0071652_18425659.jpg
【タリーズモーニング】
日の出が早くなったね。
だいたい4時起きの自分としては嬉しい季節。
やっぱり自然光の中で朝練や仕事がしたい。
写真は、カフェラテセット。
向かい合う店員とおはよう!って挨拶交わすだけで、そのカフェタイムのハッピー度もいくぶん増す気がする。
クマラテ、嬉しい(笑)




 3月にギターを買ったのだけど、どうも5弦の8フレットの(F音)鳴りがよくなかったのだ。
『けやき通り、晴れ』『僕は知ってるはずさ』『Don't know why』などにいたっては、ルート(根音)にしたくなくてキーを変えてしまうくらいだった。
購入した楽器屋に持って行ったのだが、「おっしゃる差がわからない」となってしまって膠着状態となってしまった。
 自分は『有田健太郎』というアーティストの活動を守らなければならない。
とても引けなかった。
自分にとってギターは、武士にとっての刀と変わらない。
この先、人生を共にすべく一緒に進んでゆかなければならない。
など、店長らしき人に思いの丈を熱く語った。

 数日後メンテナンスから返ってきたギターは、やはり問題ない(一般的にみて)とのことだった。
自分が返品を求めるとすぐに応じてくれた。
一ヶ月も使ったギターはもう新品としては売れないだろうに、お店側は申し訳ありませんと返品を受け付けてくれたのだ。
さすがに悪いと思った自分は、再びその楽器屋で同じくらいの値段のギターを買うことにした。



e0071652_18355675.jpg
【Taylor(テーラー)410CE】




 たくさん弾いた中から選んだテーラー社のギター。
差額もあったのだが、少しおまけしてくれた。
今ではとってもお気に入り。

 楽器屋(下倉楽器)の心ある対応に感謝している。
一時は一触即発的雰囲気にまで発展したものの、思いを伝えてからはとても丁寧に対応してくれた。
嬉しかった、ありがとう。
自分は、このギターとともに進んでゆくのだ。



e0071652_1836088.jpg
【4/28『真昼の月 夜の太陽』】
来てくれた方々、関係者の方々、対バンの方々、ありがとう!
楽しかったね(笑)
日々精進します。



e0071652_18362084.jpg
【向かいのパン屋、カレーパンとアップルマンゴー】
新作のアップルマンゴー。
こ、これは、、初夏の味だ!(ハマった)



e0071652_18354943.jpg
【たんぽぽ、第一期終了】
タンポポが綿毛となってシーズンを終えようとしている。
この後、種は芽をだしてそのまま冬を越えて来年花咲く。
そうなっているようだ(育てているので分かる)。
初夏は飛んだ綿毛が芽吹く時期。



e0071652_18355288.jpg
【ヒメフウロの季節】
音もなく艶やかに花開いていたヒメフウロ(2年目)。
蕾がたくさんついている。
今からがシーズンやけん、楽しみ。




 5月のライブは2本。
5/23(木)吉祥寺シャッフルと5/29(水)西荻窪ターニング。
どちらもオススメ!
ありけんは日々成長してるよ。
ぜひいらしてね☆


 気づけば初夏の日射し。
さらさら木漏れ日の下、元気に行こう!!
[PR]
by KeN-ArItA | 2013-05-09 18:48


twitter
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧