ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

坂道コトコト

 部活を終えて列車を乗り継ぎ、自転車に乗って家に着く頃は20時を過ぎていた。
駅から家まで、大好きなカセットテープを聴きながら自転車をこぐ時間が好きだった。
路地を抜けて街道を渡り、田園を突っ切っり、そして最後の砦となる急な坂の路地にさしかかる。
坂は急だったので押して歩きたいのだが、立ちこぎして一気に駆け抜けるのには理由があった。

 車は通るのがやっとといった細く曲がった坂道。
その中盤にさしかかると、犬がけたたましく吠えかかってきた。
犬小屋は道路のすぐ脇、1m高さの塀の上にあった。
音楽を聴きながらいろんな想像をしながら帰って来てもここで一気に覚めてしまう。
田舎町の夜、いきなり過ぎるその吠えはどこまでも響いて嫌だった。

 茶色とも灰色ともつかない雑種犬。
一度、勇気を出して睨んでやったことがあったが逆効果、犬はますます吠えてきた。
高校に入学してこの道を通るようになってから毎日毎日、もう日常になっていた。

 気づいてはいたが犬はいつもしっぽを振っていた。
しっぽを振っている犬は嬉しい気持ちなのだという話は知っていたが、この犬の場合どう見ても怒ってるとしか見えない。
 2年が過ぎようとしたある日、どういった心持ちだったのか自ら吠えかける犬に近づいてみた。
すると犬は驚いたように後ずさり、ますます吠えてきた。
その日の僕は負けなかった。
短く口笛を鳴らしながら、届かぬ程度に手を出してみた。
すると、吠えるのをやめた犬は少し横を向きながらフンフンと近づいてきた。

 次の日から、長い坂を立ちこぎして一気に駆け抜けることはなくなった。
自分の押す自転車の音が近づいてくると、ちゃりりと鎖が鳴り犬が小屋から出て来る音が聞こえた。
もう吠えてくることはなくなった。
少し離れたところにある街灯の明かりが、僕らの黒い目の輝きだけを浮かび上がらせていた。
 頭や喉、足の方などをワシワシと撫でて、犬はフンフンと鼻を鳴らし僕の手を舐めた。
コトコトと生きている温もりが伝わってきて、やがてそのふれあいは僕らの日課となった。

 ある昼、僕はその家のおばさんに挨拶して犬を散歩に連れていった。
野道を下り、あぜ道を渡り、池まで行った。
僕らは友達のようだった。



e0071652_12111164.jpg




 高校を出て予備校に通いはじめた自分の生活は、波だっていった。
帰る時間も遅くなり、徐々に犬小屋に立ち寄って数分を過ごすのが面倒に思える日が増えてきた。
そんな時、自転車を立ちこぎして一気に犬小屋を駆け抜けた。
通り過ぎざま、音を感じた犬がちゃりりと鎖を鳴らし犬小屋から出て来る音がした。
僕は振り向くことができずそのまま一気に急な坂を駆け上った。
やがて少しずつ、立ち寄ることはなくなっていった。

 犬と出会ってから4年目、僕は福岡を旅立つことになった。
その日は長いことワシワシと撫でた。
犬もうんと大人になっているのを感じた。
コトコトコトコト、温かく優しかった。

 1年に1度程帰省した。
バスを降りてその坂道にさしかかったとき、犬のことを思い出して少しばかり不安になった。
犬はちゃんと覚えていてくれた。



e0071652_12111387.jpg




 時は今、福岡に来ている。
実家の近所に住む甥と姪を連れて散歩に出た。
里山へ向かおうと坂道を上りはじめた。
今では坂道の家も立派に建て変わり、犬小屋などない。

 僕は思い出していた。
ちゃりり、、ほら聞こえた。
コトコト温かい生き物の鼓動。
時々、僕の中で生き返る。
それはあの犬が生きた証。
ありがとう。



e0071652_12111693.jpg




e0071652_12111964.jpg
【季節のバトンタッチ】
薔薇の季節。

[PR]
by KeN-ArItA | 2015-05-08 12:16

カムバックありけん日記『臨時停車、僕んち前』

 歯並びが悪かった僕は、都心の大学病院へ通っていた。
その日は学校を午前で早退し、一人でバスに乗って1時間近くもかかる病院まで行った帰りだった。
小学4年だった僕は歯の病院ごときで早退できたことが嬉しく、特別な午後の感覚を楽しんでいた。

 福岡都心のバス停には、様々な行き先のバスが次々とやって来た。
バスが来る度背伸びをして番号を確かめた。

 角を曲がってバスが来た。
1時間に1本のバスは僕を乗せ、田舎へ向かって走り始めた。

 一人で都心まで行くようなことは初めてで、無事任務を達成して少し大きくなった気がした僕はバスの一番前に座っていた。
一番前に座るのは、バスが大好きだからというわけではない。
いや、むしろ嫌いだった。
それは酔うからだ。
横の景色を見ているよりは前を見ていた方が景色の動きが遅く、酔いにくいからだった(そう言われていたし、そう信じていた)。

 一番前の座席でしがみつくように前方の景色を見ている少年の姿を微笑ましく想像されるかもしれないが、当人はいたって真剣だった。
握りしめた整理券はくにゃくにゃになり、やがて無意識のうちに巻物のように丸められたり折られたりして、気づいては再び平らに戻された。


 「どこまでいくの?」

 突然、運転手がマイクで話しかけてきた。
振り返ると車内に人影はなく、乗客は僕だけになっていた。

 「一番田、、です」

 運転手はマイクを外して、すぐ側にいる僕に向かって話しかけてきた。

 「一人で九大病院まで?すごいなぁ〜」

 感じのよい運転手だった。

 田舎町のバス停をどんどん通過しながら走る僕と運転手だけのバスは、気持よかった。
少年ながらこの状況を『お得だ』と思った。

 「一番田から家は遠いのか?」

 「城山と一番田の間くらいです」


 やがて、葉をびっしりとつけた大きなイチョウが立つ道端にバスは止まった。
そこは学校の帰り道、いつも近道として通るあぜ道の入り口でバス停からは程遠い場所だった。

 運賃を払いお礼を言ってステップを飛び降りた。


 勢いよく去ってゆくバスにもう一度ぺこりとお辞儀をした。
用水路のあぜ道を家に向かって歩き始めた。
拾った小枝でピシピシと草花を叩きながら、『ぼくんち前』と言ってみた。

 嫌いだったバスも好きになれるような気がした。



e0071652_9593259.jpg

[PR]
by KeN-ArItA | 2015-05-07 10:00

南風、巻きながら北上する

 揺れる陰にまで緑が映りそうな新緑が目に柔らかい。
手入れが行き届かずベランダが鬱蒼としてきた。
よい季節だ。



e0071652_6454347.jpg
【矢車菊】
去年川端から種を採って蒔いていたやつだ。
すっかり忘れていたので、咲いてるのを見つけて驚いた。
ギザギザに見えるけど、しっとり柔らかいのだ。
嬉しいな。




 4/29高円寺U-hA、花が咲いたらもう一度会おう〜東京編〜
来てくれた方々、ジーザスバンド、永山かずみ、スタッフ、ウーハスタッフ、関係者、ありがとう!!
熱く、楽しく盛り上がった。
また来年やれるよう頑張ります☆



e0071652_6454184.jpg
【ひとまずお疲れ様の永山かずみ(dominoline)】
ありがとう。またやろう!



e0071652_6453882.jpg
【セッション(かげろうのブルース:ほぼ寸劇)】



e0071652_6453675.jpg
【セッション(手紙)】
live photo:yayo



e0071652_6453410.jpg
【ありがとう!】




 福岡、東京ときて、その勢いのまま仙台!
もう、めいっぱい楽しい時間にするよ。
ぜひぜひいらしてね!



e0071652_6453252.jpg




 1階の短期入居、ツバメちゃんが卵を温めはじめた。



e0071652_6452851.jpg

今まで夜になると2羽で寄り添って眠っていたのに、卵を温め始めると旦那はすぐ側の梁の上でぽつり眠っている。
その姿がなんとも寂しそうで愛らしい(笑)



e0071652_6452647.jpg
【ツバメ日記】



e0071652_6452357.jpg

夜中、背伸びせずとも手の届く場所で寝ている。
人をあまり恐れてないんだね。



e0071652_6452226.jpg
【家前のヒナゲシ】
毎年家前のアスファルトの割れ目で咲くヒナゲシ。
今年も咲いてる。
どこに水や土があるというのか。
風に揺れて嬉しそう。



e0071652_6451842.jpg
【ベランダにも咲いた】
去年、そのヒナゲシの種を採ってベランダに蒔いておいた。
それが咲いたよ。
嬉しいな。
麻のような色味が柔らかい。
ありがとう。



まだまだスカスカな若い木洩れ陽に手をかざす。
まあ元気に行こう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-05-03 07:56


twitter
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧