ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋雨テラス

 よい雨が降っている。
近所のパン屋へ入ったら、まだ鉄板乗ったままの焼きたてパンが音をたてていた。
なじみのパン職人青年がやっぱり焼きたてですよね!と取り分けてくれた。
 


e0071652_857146.jpg
【ベーコンエッグパン】




 これは、天空の城ラピュタのパズーが食べていた朝食パンではないか。
ペーペーポポーペーポー ペーポペーペーー、、(トランペット)

 バルス(=゚ω゚)ノ

 今日もよい一日になるな。
元気にゆきたいと思う。



e0071652_8571080.jpg
晩春にありけんベランダで採取された種たち。
菜の花(5代目)、わすれな草、矢車菊、カランコエである。
これらは、蒔くまでもなくもうすでに零れ種がちゃっかり芽を出して成長しはじめている。
しかし、この秋蒔きの種たち。
この小さな一粒一粒に限りない夢が詰まっている。
今日蒔こうと思う。



e0071652_857624.jpg
9/20(日)真昼の月夜の太陽
All live photo:yayo




 6、7、8月と続けて来た『かき分けて夏草ツアー』。
先日無事ファイナルを迎えることができた。
来てくれた方々、共演者、真昼の月の優子さん、真昼の月スタッフ、スタッフ、ありがとう!
おかげさまで最高のファイナルとなったよ。



e0071652_8565233.jpg
【セッション】
古くからの音楽仲間であるきくりえさん、ジーザス、サポートメンバーでもお馴染みのfuraniちゃんが一緒とあって、急遽ラストソングの『手紙』に参加してもらった。
また、せっかくだからと共演の大山桂佑君、澤寛子さんにも参加してもらった。
大山君、寛子さんにいたっては初めて聴く曲にも関わらず、快く参加を引き受けてくれた。
みんな瑞々しくて素敵やった。
おかげさまやん。ありがとう!



e0071652_8565517.jpg




e0071652_857065.jpg
次回ライブは、10/3(土)高円寺 Show Boat 。
もう古い付き合い音楽仲間、おとめ姉さんのイベントに出演するよ。
この日はなにやらとても賑やかなお祭りイベントになりそう(笑)
ご予定合う方はぜひいらしてね!




  これからも日々自分を磨いてゆきます。
今のありけんステージは、自信満々でオススメ(昔から言っているけど)。
次のライブも、その次のライブも全て全力で臨むから、今回来れなかった方もまたぜひいらしてね。
それを糧に続けて、進んでゆくよ。



e0071652_8565057.jpg
【香川の友人古川君から、うどんが届いた】
高校時代からの仲良き友人古川君が音響機器を送ってくれた。
行動派でない古川が物を送るなんて、実はとてもすごいことである。
ついでのうどんも嬉しい(笑)
ありがとう!大切に使うよ。



e0071652_8564893.jpg




 秋雨さらさら、落ち着いている。
皆さんも秋の入り口、よい一日を!











 
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-09-25 09:51

祝☆ありけん日記10周年

 ありけん日記(ブログ)もこの9月で10周年を迎えた。
120ヶ月、1度も欠かさず書き続けてこれたのは見てくれた皆さんのおかげです。
ありがとう。

 せっかくだからと1年前、3年前、7年前、10年前のこの時期は何をしていたかさかのぼってブログを見返してみた。



e0071652_11404979.jpg
【2014年9月、石垣島『イリオモテヤマネコを手なずけよの旅』より】



e0071652_11404646.jpg
【2013年9月、奥信濃『幻のきのこ旅』より】



e0071652_11404512.jpg
【2012年9月、南九州『ツチノコの旅』より】



e0071652_11404129.jpg
【2011年9月、下北半島『本マグロを釣り上げろの旅』より】



e0071652_11403883.jpg
【2010年9月、北の果てオホーツク『キタキツネVSアザラシの旅』より】



e0071652_11403585.jpg
【2009年9月、鳥取砂丘『らくだはニンジンを食べるのか?実証の旅』より】



e0071652_11403229.jpg
【2008年9月、『日本海の旅』より】



e0071652_11402977.jpg
【2007年9月、レコーディングの晩夏】



e0071652_11402493.jpg
【2006年9月、見上げて秋空】



e0071652_11402247.jpg
【2005年9月福岡、『晩夏、南国の海へ行く』より】




 9月は旅に出ることが多かったので旅の写真ばかりあげてしまったが(各旅日記ページはこちらから)、それ以外でもたくさんの人に出合って、よくしてもらった。
ありがとう。
 このありけん日記もたくさんの人に見てもらった。
見てくれた人たちだけでなく、支えてくれた人たちや仲間、友達、応援してくれてる人たちにもに感謝である。
ありがとう。



 そして今年9月のありけんと言えば。



e0071652_1140191.jpg
【豆苗君、また芽が出たよ】
豆苗が芽を出して、また収穫できると喜んでいる。




e0071652_11401656.jpg




 ホームページを見返してて気づいたが、ライブは記録に残る156ヶ月(13年間)毎月欠かすことなくやっていた。
それ(HPの記録)以前もライブを派手にやっていたので、連続記録は実際もっとあるのだろう。
これは、もはやバカである。
欠かさずやるというのが良いというわけではないが、ちょっと自分を褒めたい。

 これもライブに来てくれたり、見てくれたりしたことがある方々、オファーしてくれる方々、スタッフ、音楽仲間、関係者のおかげです。
ありがとう。
これからも歌い続ける。
またぜひ観に来てね!



e0071652_11393662.jpg
【2015年9月、鎌倉『駆け込み夏休みの旅』より】
この時期毎年4、5日かけて旅に出るのだけど、今年は滞在2時間という短い夏休みだった。
しかしまあ、急速充電、よい時間やった。
また次の旅までめいっぱい生きたいと思う。




 いつまで続けれるのかは分からないけれど、これからも日々めいっぱい生きて、そんな証をこの日記に残してゆきたいと思う。
これからもありけんをよろしくです!
皆さんもよい晩夏を。
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-09-17 12:45

お出かけタイフーン

 高校の頃、大きめの台風がやって来た。
普段は、行かなければならないので行くのだといった学校。
しかし台風となれば血が騒ぐもので、電車通学の自分としては大義名分休めるのだけど、その日は特別張り切って家を出た。

 かっぱに叩き付ける雨風。
よろけながらも自転車をこぐ少年ありけん。
最初は楽しくあつくなり暴風に負けじとなにやら叫んでいたが駅に着く頃には心身冷めていた。



e0071652_6121140.jpg




 駅前がそのまま自転車置き場といった田舎の駅。
乗り付けて駅舎に駆け込もうとした僕は、鍵をかけ忘れたのに気づきすぐさま反転した。
そのとき駅のシンボルだった大木が駅舎を潰さんばかりに倒れたのだ。
駅はつぶれなかったものの入り口は塞がり、脇の門扉からホームに入った。

 遅延している電車を乗り継いで、大遅刻で学校にたどり着いた。
教室いる生徒はまばらで、狙いどうり授業は行われなかった。
普段仲良くなくても『こんな日に学校に意地でも行こうと思った』と言う一点で趣の合う僕らは同士であった。
通学のドラマと帰宅の不安などを興奮して語り合った。



e0071652_6121435.jpg




 あのとき時、自転車に鍵をかけ忘れたことに気づかなくてそのまま進んでいたら大木の下敷きになっていたかもしれない。
後々ありがたく思えるようになった。
台風が来ると思い出したりするのだ。
これからもいつ来るかわからない命日まで日々めいっぱい生きようと思う。



e0071652_612923.jpg
郵便局脇に咲いているプップクプー(ありけん命名)。
夏の花、愛らしい。



e0071652_612639.jpg
プップクプーの種。



e0071652_612435.jpg
次回ライブはついにツアーファイナル!!
夏とともにもっさり成長したありけん、この日にバッサリ刈り取りたいと思う。



e0071652_612170.jpg
live photo:yayo




 ツアーと同時に始めたジョギングなどで身体はしっかりとなってきたのだけど、気づけば最近、昔止めたはずのタバコなどを吸ったりしている。

 ぷふぅー(=´∀`)

 自分でよしとして吸っているのなら問題ないのだけど、よくなしと思いながら吸ったりするのでこれはかっこわるい。
心身ともに成長する夏草ツアー。
そう考えるとタバコは止めである。

 9/20のツアーファイナル、絶対素敵な時間にするからぜひ観に来てね!



e0071652_6115737.jpg
この夏もっさり成長した、おーいがしゅまる君。




 だんだん朝明るくなるのが遅くなってきた。
それはそう、もう秋分の日が近いもんね。

 台風もまた夏の終わりの挨拶。
皆さんもよい晩夏を!
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-09-10 06:25

駆け込み夏の海

 午後になると先ほどまでの雨が止み、高い青空が見えてきた。
関東は久しぶりの晴れ間、これは行くしかないと予定変更。
バタバタと鞄にカメラを入れて部屋の鍵を閉めた。



e0071652_5342784.jpg




 気づけば9月、南風も気持ちよく感じる。
眩しい空を見上げながら駅に向かった。



e0071652_5343829.jpg
【東海道線 湘南新宿ライン】
駅の売店でおつまみを選ぶのに時間がかかってしまい(優柔不断)、入線して来た列車に気づき慌てて店を出たら袋が破けてビールが落ち転がってへこんでしまった。
座席でパコっ、あわあわ大会。




 列車が好きな自分。
このまま伊豆にでも行ってしまえ!という気持ちなのだけど、午後も進んでいるので鎌倉の先の方へ向かうことにした。



e0071652_5343550.jpg
【平日の午後は空いていてよい】
東海道線のグリーン車は長距離でも安いのでお気に入り。
自分にとって映画館みたいな存在だ。



e0071652_53432100.jpg
東海道線下りは左側に座わると決めている。
なぜなら海が見えるからだ。




 15時もわりと過ぎた頃、鎌倉に着いた。
江ノ島電鉄に乗り換え、携帯の地図を見ながら海に近い駅を探す。



e0071652_534309.jpg
【江ノ電】




 稲村ケ崎で降りた。



e0071652_5344098.jpg




 どーん、でっかい。
海からの風で、若干潮の飛沫も混じっているがそれでも気持ちいい。
今日は絶対やめてください!というカメラ君をどうにかなだめ、撮ってしまうありけん。
楽しい。



e0071652_5342568.jpg
ひと休み。



e0071652_5342386.jpg
【砂鉄の浜】
落とした携帯を拾い上げる。
浜が黒っぽく見えるのは多分な砂鉄のせいなのだろう。




 砂浜を江ノ島方向に進んでゆくとやがて七里ケ浜。
でっかい防波堤の上に腰を下ろし吹き上げてくる潮風を受けて眺めていた。
懐かしい。
深い緑、盛り立つうねが耐えかね崩れて白い波へと変わってゆく姿は飽きない。



e0071652_17412344.jpg
【七里ケ浜】
防波堤にはまばらな観光客が海を眺めては時折降りてゆき、やがて去ってゆく。




 もうほとんど見ない海水浴姿の2人の男が、2人連れの女の子に声をかけてはまた別の2人組に。
いつもなら興味深げに見てしまいそうなものだが、久しぶりの海は魅力的である。
最近お気に入りの音楽を波風に混じるくらい大きくして、流れる時間を楽しんだ。

 すぐ隣に2人組の女性がいて、いつの間に浜から上がって来たのか先ほどまで浜で頑張っていた中年男2人が海パン姿で声をかけている。
到底上手くいくようには思えないのだけど、それも浜の風景の一部として海が包んでいた。



e0071652_5342146.jpg




 気づけば17時をまわっていたので、体に付いた砂を払って駅に向かいはじめた。
去り際、名残惜しくもう一度海を見た。

 またくるぜ。おおっ、、

 先ほど頑張っていた海パン男2人が、自分の隣にいた女性2人と並んでが初々しく砂浜を歩いているではないか。

 やっぱ、努力って報われるんだな。

 江ノ島に向かって沈みはじめた太陽が、煙る砂浜を淡く照らしている。
そんな中4人は絵画のようだった。
思わず拍手を贈るありけん。
おれも頑張ろうと思った。
ありがとう!



e0071652_5341837.jpg
【鎌倉駅のホームから】




 短い時間やったけど、駆け込み夏の海。
列車とともによい時間やった。
ありがとう!

 さあ、秋に向けてまた頑張る。
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-09-03 18:20


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧