ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カムバックありけん日記『博多屋けんちゃん』

 学生の頃、学園祭で露店を出したことがある。
学園祭に対してさほどの興味はなかったが、露天を出すと学生部から補助金3万円がもらえるのだ。
それだけでもよいではないか。
面白そうだし、一度はやってみたかった。

 やがて学園祭当日、岩手山を望む大自然に包まれた校舎に『博多屋けんちゃん』とペイントされた露店が出現した。

 福岡の友人に頼み、箱買いで取り寄せたマルタイ棒ラーメン(2食70円)。
これはインスタントラーメンにも関わらずストレート麺なのだ。
『本場地元の味!』として売り出すというぼったくり大作戦。
1食原価35円を300円にてご提供。
楽勝である。
しかし、故郷博多の名を汚してはいけないという思いも強い。
焼豚やネギ、ナルト、メンマ、わかめなど具沢山にして、安いながらも最高の一杯にしてやろうと思った。

 補助金の3万円は、5万円にしてやろうとすぐさまパチンコ屋で消えてしまった。
社長、早くもピンチ。

 時給100円で雇った後輩達(軽音楽部後輩)とともに迎えた当日。
お店のテントは自分も属する軽音楽部の野外ステージの横に設置された。
これで、ステージも店の経営もうまくいく。
完璧である。

 『博多屋けんちゃん』は意外な盛況ぶりを見せた。
なにせ岩手で本場博多ラーメンである。
だれも知らないだろうという思惑は当たった。

 「はいはい!いらっしゃいいらっしゃい!
長浜ラーメンなんてあれは観光用とよー!
地元のほんとの味はやっぱこればい!!」
 地元でよく食べられているインスタント麺だからウソではない。
それに厨房は外から見えないようにダンボールでかこってある。
怪しいが抜かりはない。
完璧である。

 寒い屋外、学園祭のにぎわい、見慣れぬラーメン。
こういったムードも助長して博多屋けんちゃんのラーメンは旨い!と評判になりつつあった。
このままいけば社長、ぼろ儲け!

 しかし問題はすぐさま起こった。
家庭用ガスコンロではたくさんの麺を同時にゆでることができないのである。
行列に対して少量しか提供ができない。
そうしているうちに行列は別の露店へ散ってしまう。
甘かった、、。
 それに軽音楽部である自分はステージの度に店を空けなければならなかった。
後輩バイトどもも軽音部できつい仕事があるとこちらへやって来るが「この鍋に水汲んで来て」と言うと「あ、おれ、PAありますんで」などと逃げ帰ってしまう。
 とどめに食堂のおばちゃん達が、本場生ラーメン??など言いつつドカドカと厨房の中に入って来て「インスタントだじゃ〜(爆笑)」と触れ回ったのである。

 学園祭が終了していざ清算。
あんだけ走り回ってなんと、700円しか利益がなかった。
なんてこった、、経営とは難しい。
 しかも後日、学生部からの催促で知ったのだが、3万円は学祭終了後に学校に返済しなければならなかったのだ。
なんてこった、もうないし。

 結局、パチンコに負けた3万円分の大赤字に終わった『博多屋けんちゃん』。
幸い家には大量の売れ残り棒ラーメンがあった。
しかし、毎日食べ続けるともはや『まずい!』としか言いようのない食べ物だ。
何が本場博多ラーメンだ!!
きっとインチキをしようとした罰が当たったのだ(時たま食べればおいしい)。

 岩手の秋は短い。
秋は直線的に進んでゆくのではなく、放物線のように冬へと駆け上がってゆく。
山の端が暖色に染まり始めるちょうど今時期。
それでも思わず笑んでしまう想い出として今でも自分の中に残っている。


 あの頃の自分が一つの点、幼いある一日もひとつの点、先日のライブイベントも一つの点、いろんな出会いも、出来事も、現在のひと時も全てが点だと思う。
それら一つ一つの点がつながって一つの人生となるのだろう。
鮮やかな点が多いのなら、鮮やかな人生と言えるのかもしれない。

 何かをやろうとしたり、何かに参加したりすることは億劫でめんどくさい。
だけど思い切って飛び込んでみると、それは記憶に残る鮮やかな点になりうるもの。
また同時に暗黒の点にもなりうるのだろうけど、まあそれはしかたない。
それもまた個性のある点だろう。

 チャンスがあれば、めんどくさがらず勇気を出して飛び込んでみようと改めて思った。
でも、博多屋けんちゃんは、もういいかな。



e0071652_638147.jpg
【博多屋けんちゃん時のありけん】



e0071652_7142944.jpg
【今朝のカポック】
春以来、ひっさしぶりに芽を出したカポック。
なぜ今時期。
でも嬉しいな。



e0071652_6381789.jpg
【近所の橋上にて】
東京も少しずつ紅葉しはじめた。

 



記事:2012年11月ありけん日記より
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-10-25 06:41

葉っぱファイナル

 夜のジョギング、颯爽と駆け抜けながらも(言うほど速くない)気になっていた場所に来た。
ツタが燃えていた。



e0071652_1058623.jpg
【ツタの葉】
ツタは草のようで実は木である。
だから紅葉、落葉する。
ずいぶん前、3階建ての建物全てを全て覆っているツタを見た。
両手で包み込めないほどの幹に辿り着いたとき、驚き感動した。




e0071652_1058520.jpg
【最近、朝のハマり】
先日頂いた、ぶどうのジャム。
ヨーグルトと混ぜて食べるとおいしいということでやってみたらハマってしまった。
なんか、体が喜んでるのが分かる。
ありがとう。




 パンとヨーグルトというOL顔負けの朝食を済ませたありけんは、朝散歩。
とっても寝たので気持ちがいい。



e0071652_1058297.jpg
【柿の木】
誰が植たでもないだろう柿の木がびっしり実っている。
絶対渋柿と見た。
干し柿にするとよいね。




 夏の草木がそれぞれに実をつけている。
今頃ありけんの体内でも、夏のいろんな出来事や頑張りが実りとなってヨーグルトとともに体の中を熱く巡っているだろう。



e0071652_1058059.jpg
【おしろい花の実】
この大きさの種をベランダに蒔いたら、、。
来年きっとオーバーフロウするだろう。
やめておこう。




 下町の樹々もてっぺんの方から色づきはじめた。



e0071652_10575768.jpg




e0071652_10575537.jpg
【コスモスの種】
今年も河端でチロチロ華やいでいたコスモス群。
先日、秩父の旅でもらった種と一緒に蒔いた。



e0071652_11512816.jpg
【いつもの場所でタイマーオン】
まだ眠たげである。



e0071652_10574977.jpg
【新曲完成!】
といってもまだタイトルが決まってないけど、明後日10/21(水)のライブでやるよ。
ポップでとてもよい曲。
ぜひ聴きに来てね!
詳しいスケジュールはこちら。



e0071652_10574555.jpg
【黒目川にて】




 日に日に深まってゆく秋。
たくさんの葉っぱたちがそれぞれの終焉に向けて、華やかに散ろうと乾きはじめている。
紅葉はドラマチックよね。
 ああ、生きた。
自分もそう言えるよう今日もめいっぱい歩もうと思う。
皆さんもよい一日を!

[PR]
by KeN-ArItA | 2015-10-19 11:52

秩父、どんぐり小道旅

 窓外、秋晴れはとても青く、からっと明るくなる予感がした。
そうなると力が湧いてくるもので、午前で仕事を終わらせたありけんは山に向かった。



e0071652_504531.jpg
【レッドアロー号】
いつもの西武線を都心とは逆方向に進む。




 横瀬駅(埼玉県秩父)に降り立ったありけんは、出がけにバタバタ調べた温泉地へ歩みはじめた。



e0071652_504193.jpg
【ハナミズキ】
ハナミズキは四季それぞれ華奢よね。




 14時頃、コンビニでサンドイッチを買って河原でお昼にした。
気持ちいい。



e0071652_50397.jpg
【横瀬川】
飛び石を渡って進む。




 道がわりと入り組んでいるのでスマホのGPS地図を見ながらの進行。
途中、地図にない路地に進んだりしてしまうのでGPSもついてくるのがめんどくさそうである。
駅からは2キロ程と見ていたけど、思ったより坂道が多い。



e0071652_503343.jpg
【やがて田んぼの道をゆく】




e0071652_19595370.jpg
【棚田と武甲山】
稲刈り後の棚田と秩父の名山『武甲山』。
大きく深呼吸。気持ちいい。




 武甲山は採石山で、自分が知る十数年前からずっと山を切り崩している。
写真で見える上部3分の1はもうかなり切り崩されているのがわかる。
きっと昔からやっているのだろう。
いずれ無くなるのかな。
そうなると朝陽が早く差し込むだろう。



e0071652_503055.jpg
【だだーん】
ホームページには、急な休館日もあるので遠方からお越しの方は事前に電話でご連絡くださいと記されていた。
このありけんが休館日なんぞに当たるはずがないという自惚れが引き起こした事故であった。
けっこう登って来たので脱力感も大きい。




 秩父市の方にゆけば駅までの定期送迎バスがあるような温泉施設もあるのだけど、自分は秘湯チックな方がよかった。
次回は電話してこようと思った。
まあ道中を楽しもうではないか。



e0071652_6252936.jpg
【また歩き出す】
山道は静かでいい。
晴れたり曇ったり。
どんぐりが楽しそうに落ちてくる。




 温泉は出かけるきっかけで特別入りたいというわけではなかったのだけど、こうなるとどうしても入りたくなるものである。
道中『武甲温泉こちら』みたいな看板を見つけていたのでそちらに向かってみることにした。



e0071652_502236.jpg
【これは、、】



e0071652_502060.jpg
植物好きありけんは時を忘れる。



e0071652_501719.jpg
素敵なプレゼントをありがとう!



e0071652_505140.jpg
【石段ひと休み】
種もらってテンション上がっている。




 こういった場所では、その土地ならではの音を感じたいので音楽は聴かないことが多い。
川、鳥、風、虫の音、子どもたちの遊び声、時々聞こえる採石場からの音、すれ違う車、落ちてくるどんぐり、踏んで鳴る落ち葉の音などなど。
しかし、こうも長く歩いているとやはりミュージックスタート。



【君の天気予報】
秋はやっぱりこれでしょう。
歌いながらゆこう。




e0071652_501357.jpg
【着いた!】
武甲温泉は立派なとこで、お湯も濃く、あったまった。



e0071652_501015.jpg
【あそこで歌いたい】
休憩所もよい雰囲気。
もちろん、ビール!




 めずらしく30分も浸かって、休憩所ビールで気持ちよくなって、17時には名湯を後にした。



e0071652_5075.jpg
【西武線横瀬駅】




 今回もドラマチックな旅だった。
ありがとう秩父。
また来るよ(電話して)。



e0071652_50436.jpg
【どんぐりいっぱい、得した気分】
秘湯に向かう坂道はどんぐり小道。
静けさの中、いろんな音をたててどんぐりたちが落ち跳ねては転がってゆく。
楽しそうだった。




 さあ、道は晩秋へと向かう。
あったかくして皆さんもよい秋を!








[PR]
by KeN-ArItA | 2015-10-16 07:04

秋花調べ

 畑の葉っぱが笑みながら、雨水をコロコロさせている。
秋雨よいね。



e0071652_17522949.jpg




 もう10月。
おいおいまだぜんぜん準備ができてないぜ!
というのは人ばかり。
草木はちゃんと季節を知っている。



e0071652_17522783.jpg
【どんぐり君】
静かな階段を上っていると、カコン、、。
振り返って耳を凝らすと、カココン、、。
かがんでどんぐり、得した気分。




e0071652_17522464.jpg
風に揺れるコスモスは、心を広げてくれる。
深呼吸すれば色味まで入ってきそう。



e0071652_17522163.jpg
【ムラサキシキブ】
ようやく名前が分かった。
お菓子みたい。
教えてくれてありがとう。



e0071652_17521928.jpg
【ネコ次郎】
秋散歩。
路地から子猫がついてきた。
ガラガラ声で人なつっこい。
写真を撮ろうとしても動き回って撮らせてくれないので強引にポーズ。
なにやら不満そうである。



e0071652_17521791.jpg
【チロチロ花フェンス】




 秋の花ってけっこうあるものだ。
強く主張しない感じで好き。



e0071652_17521637.jpg
【柿実る】
たくさんの葉っぱが夏の間に溜め込んだ養分がこの実なのだろう。
植物ってすごい。



e0071652_1752924.jpg
【いろんな道】
これからもいろんな道を歩いてゆく。
今日もいい道あるいてんな、おれ。
あの角を右に曲がれば目的地。
気持ちいい。




e0071652_1752637.jpg
【新曲完成近し!】
ポップでよい感じの曲が出来ている。
今回は歌詞で苦戦中。
10/21(水)ナビカフェライブに間に合うよう仕上げて、歌い込んでゆくね。
その前に明日10/3(土)は高円寺にてライブ。
ぜひ来てね!




 日々の練習が楽しい。
どんどん自分らしい表現に進んでいる感じ。
 この期におよんで自信満々なのだ。
すごいよねこの大人。
もうバカすぎて好き。
自分も秋の草木とともに実りたいと思う。



e0071652_1752424.jpg
【なんの実かな】
静かに鮮やか弾けてる。




 さあ進む秋、みなさんもよい時間を!
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-10-02 18:04


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧