ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また朝陽に指をさす

 今年も生きた。
包んでくれた世界に感謝である。
関わってくれた方々、ありがとう!



e0071652_5385785.jpg
【12/24代々木ラボ】
選択数多の中から代々木ラボに来てくれた方々、共演者、代々木ラボ、ラボスタッフ、サポートメンバー、スタッフやよさん、飛び込み参加の永山かずみ、写真提供のりょうたん、ありがとう!
おかげさまでとても幸せな空間になったよ。
来年もやれるよう頑張ります。



e0071652_538554.jpg
【二本のマッチ棒を】
カトウマサタカ君、また来年。



e0071652_5505648.jpg
【サンタのもつ鍋屋、準備中】
サポートメンバーの和佐田君と大浦ともぞう。
演奏の仕事よりもはるかに大変そうだった。



e0071652_5385236.jpg
【完成】
素晴らしくうまかった。
今年も40食完売(サンクス!)。
完売でも赤字というこの心意気。
さすがはサンタである。



e0071652_5385124.jpg
【ありけんステージ】
photo by yayo、今年もたくさんの写真をありがとう。



e0071652_5384942.jpg




e0071652_5384745.jpg
【セッション】
今年は、月明かり公園のクリスマスを皆で演奏。
お客で来ていた永山かずみもギターで参加してくれて、賑やかなフィナーレとなった。



e0071652_5384529.jpg
共演のスズキエリ、FlyAnts、カトウマサタカANDサイコロ楽団、中野隆司君、これからもよろしくです。



e0071652_5384375.jpg
よくライブに来てくれる方々。
おかげさまで活動続けれてます。ありがとう。
来年も楽しみにしとってね!




 今年もたくさんの方々にステージを観てもらえたし、CDも聴いてもらえた。
来年は全国を回ろうと計画中。
もちろんスポット的にといった感じになるのだけど、遠方の方も近くにありけんが来たらぜひみに来てね。



e0071652_5384055.jpg
【2016年1発目のライブ】
ドミノラインとのカフェ新年会イベント。
これも楽しいぞ!




 今年は、前半は動乱の道で、中盤は木漏れ日の道で、後半は凛としてやけくそと言った感じ。
日々がめいっぱいで心地よく、幸せやった。
2016年も引き続き元気に邁進してゆくよ。
これからもありけんをよろしくお願いします!



e0071652_538381.jpg
【サポートメンバーと】
来年もよろしく!




 年末年始、ありけんは作曲期。
ゆっくりしながらも、シロクマみたいに籠ってよい曲を生み出したいと思う。
みなさんもどうぞ幸せな年末年始を!
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-12-30 06:53

年末たんぽぽ

 変わったやつがいるという点では人も動植物も変わらない。
先週、花を咲かせている桜の木を見た。
その桜の木は去年もこの時期に寒そうに咲いていた。
それならば春はどうなるのかと楽しみにしていたら、春にもちゃっかり咲いていた。
もうあの木は年に2回咲くと決めているのだろう。



e0071652_108614.jpg
【たんぽぽ】




 先週、ベランダたんぽぽの蕾を発見した。
なにもこんな季節に咲こうとせんでもいいやろう。と思いながらもどうなるか待っていたのだけど、蕾をほころばせたままいっこうに開こうとしない。
そりゃそうだ、寒すぎる。
ほらみろ、後先考えず出て来るからだ!(よく言われる)と言いながらも室内に入れた。



e0071652_10846.jpg
【咲いた】
やっぱり嬉しいものである。
こいつはなんだかんだ、結局きれいに咲いた。




 暖房は入れてないのだけど、それでも40分くらいで綺麗に咲いた。
こうなると、外に出すのがためらわれる(笑)
 人も咲きたいときに咲けばいいのだ。
情熱をめいっぱいめいっぱい膨らませて蕾にしていれば、後はなんとかなるやろう。
たくさん咲いて、たくさんしぼんで、たくさん綿毛になって、死んでゆけばいいのだ。

 たんぽぽの花は半日しか開かない。
夕方には閉じて、その後7〜10日程で綿毛として再び開くのである。
 こいつは種から育ってもう4年以上の付き合い。
たまにとっぴもなく蕾をつける。
今日は天気がよくてよかったな。
めいっぱい笑ってくれ。




e0071652_108178.jpg
【秩父横瀬からの武甲山】
先週、午後に時間を作って秩父に行った。
自分の家は埼玉寄りで、都心に行くのと時間的にあまり変わらないのでよく来てしまう。



e0071652_108022.jpg
【なんとなく故郷と似ているのだ】



e0071652_1075743.jpg
【山茶花】



e0071652_10303930.jpg
【小さな温泉】




 30分程寄り道しながら歩くと温泉地に着く。
今回はちゃんと営業してた(前回は休みだった)。
夕方まで貸し切り状態でよい時間やった。
ありがとう!



e0071652_10535673.jpg
【ビーフシチューパン】
今日はゆるめの朝。
おいしかった。



e0071652_1045424.jpg
【代々木ラボ】
いよいよ12/24は代々木ラボにてイベントだよ。
毎年ゆるめで楽しい空間になるのが自慢のイベントなのだ。
オープニングから歌うから、ぜひぜひいらしてね!
詳しくはこちらから→スケジュール



e0071652_1075413.jpg




 ありけんは厚手のマフラーを出した。
みなさんもあったかくして、元気によい年末を!

[PR]
by KeN-ArItA | 2015-12-21 11:16

サンタ、靴下を買いにゆく

 南からやって来た雨がよい音をたてている。
どこからやってきた雨かは、においで分かるのだ(わからんよ)。



e0071652_7271710.jpg
【あったかーい】
もこもこ靴下を買ってきた。
これは、、無敵だ。



e0071652_7271563.jpg
【12/9真昼の月夜の太陽】




 真昼の月夜の太陽、来てくれた方々、観てくれた方々、共演者、真昼の月スタッフ、ありがとう!
共演者のステージも素晴らしくて、最初からとても素敵な空間だった。
これからもありけんをよろしくお願いします!



e0071652_7271436.jpg
【終演後】
共演は女性ばかりだったけど、それぞれ個性強すぎてもはや人間レベル。
お客さんも暖かく、なんの違和もなく素敵なイベントだった。
ありがとう。
巡り巡ってまたせめぎあいましょう!
(ありけんは終演後すぐにビールを飲むので、すでに酔っている)



e0071652_7302171.jpg
【斎藤さっこちゃんと】
数年前、恵比寿でよく対バンしていたさっこちゃん。
久しぶりの再会。
核心ブレることなく、様々な面でうんと成長されていた。
こうゆう再会って嬉しい。
ありがとう。またどこかのステージで!




 さあ、もうすぐクリスマスイベントがやって来る。
今年で12年目。まあよくやるよね。
それもこれも、今まで来てくれた方々、今まで出演してくれた共演者、サポートメンバー、スタッフ、会場を貸してくれたライブハウス、代々木ラボ、関係者のおかげです。
ありがとう!
今年も素晴らしいサンタ達と共にめいっぱい楽しい空間にしたいと意気込んでいる。



e0071652_727842.jpg
【サンタのもつ鍋】
毎年40食が完売する大好評のもつ鍋。
今年も愛情込めて作るよ。
ぜひ食べに来てね!




 ありけんはOAの『マッチ棒2本を』にも出演。
細身のありけんとカトウマサタカ君、このマッチ棒を一本ずつ灯すのか、はたまた同時に点火するのか、お楽しみに!
さらにありけん、後輩スズキエリのステージにも登場。
暖色でまっすぐなスズエリワールドをさらに広げることができるのか!?
 ラボレギュラーで後輩の熱いFly Ants、ソロでもすっかり活躍中でお馴染みの中野隆司君、こちらもお馴染み暖色ネオフォーク、カトウマサタカANDサイコロ楽団。
さらに、ありけんステージ最後にはサプライズがあるかもっ!!
ぜひぜひいらしてね☆



e0071652_727915.jpg
【自宅スタジオにて】
サポートメンバーのともぞう(メトロスター)、和佐田君(Palbo)。
リハ後の賄いタイムも仲良く、楽しいのである(ともぞうはビール飲んだら寝る)。
息の合ったアコバンステージ、楽しみしとってね!



e0071652_727581.jpg
【シャーベット】
すっかり冬になったね。



e0071652_727319.jpg
【落ち葉は柔らかい】



e0071652_727185.jpg
【むーん】



e0071652_7265780.jpg
【足が長く見える】
夕焼けが色濃くなる季節だ。



e0071652_7265559.jpg
【有明ススキ野】
もうじきこの野原にも建物が建つ。
地球も大きな目でみるとこの野原みたいなものではないだろうか。
ひと時の夢なのだ。
潰される世界だけど、種はちゃっかり風に乗って旅に出始めている。
またどこかで新しい世界をつくるだろう。




 振り返れば冬のゲートはすでに遠い。
すっかり踏み入れた冬の国で、さあ今日も元気にゆくよ!!
よろしく世界☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-12-11 08:32

今は木漏れ日の道を

 都心のメタセコイアがクライマックスを迎えようとしている。
めいっぱい生きた一枚一枚の葉っぱ達が笑みをたたえ静かにしている。



e0071652_622762.jpg




 低地にあるグランドから校舎を見ると、そびえ立つ2本の大木が堂々と視界のじゃまをしていた。
3階までも達するきれいな二等辺三角形、そんな分かりやすくて大きな木を一目で好きになった。
まだ小学校に上がりたての僕は、その木に登って降りれなくなった。

 集まってきた生徒たちがこちらを見上げていた。
チロチロとたくさんの赤白帽が鮮やかだった。
担任の若い女の先生が必死に何か叫んでいた。
柔らかく広がる葉々の隙間から広がる景色は、いつもと違って見えた。

 どうやって降ろされたのだろうか。
先生は僕を強く抱きしめ、真っ赤になって怒っていた。
怒られたのに暖色の記憶として残っている。
ただただ優しかった。



e0071652_622531.jpg
【メタセコイア並木】




 十数年後、僕は先生(実習生)として懐かしくその木を見上げていた。
あれからどれだけの子どもがこの木に登って降りれなくなっただろうか。
 その後、雷に打たれて1本はなくなってしまったらしい。
木もやはり寂しいと感じるのだろうか。

 たくさんの小さな葉が連なり一枚の葉を形成している。
そんな一枚一枚の葉が、見上げる晴天の星数。
柔らかく揺れて、敷き詰める木漏れ日を揺らしている。

 今では甥や姪がそのメタセコイアを見上げて生活しているようだ。
さらにあれから、どれだけの子どもがこの木に挑戦しただろう。
今度地元に戻ったら、寄ってみようと思った。



e0071652_622263.jpg
【夕陽を受けて飴色深く】



e0071652_6215891.jpg
こんな道も歩めるから人生は素敵だ。



e0071652_6215418.jpg
【サザンカ】
寒いの大好き山茶花。



e0071652_6215133.jpg
【かえでちゃん】



e0071652_6214791.jpg
【代々木ラボ、受付くりちゃんと】
先日、代々木ラボ30時間ライブに来てくれた方々、共演者、ラボスタッフ、ありがとう!
なによりラボ、11周年おめでとう!
来年も参加できるよう頑張ります。
これからもよろしく☆



e0071652_6214513.jpg
【もつ鍋作った】
モツはもちろん、豚バラや砂肝、レバー、ハツ、鶏肉にウインナーなどなど。
野菜もたくさん、もう何でも直感。
いろんなものを継ぎ足し継ぎ足し、スープも継ぎ足し五日目。
しかーし!まだ飽きないのである。
ピーマンだけは合わなかった。
ありがとう。ごちそうさま!



e0071652_6214257.jpg




 宵のグラデーションがドラマチックになる季節やね。
忙しくなってくるけど、まあ、あったかくして元気にゆこう!
[PR]
by KeN-ArItA | 2015-12-05 06:28


twitter
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧