ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カムバックありけん日記『パウダースノー』

 それはスポンジを小さく千切った、少し灰色がかったゴミのよう。
ずんと重たい空から静かに落ちてくる。
どんどん落ちてくる。
ある一定の場所になるとそれらはすっと現れ、音もなく地面に落ちて壊れる。
いや、実際は音がしているのかもしれない、だけど聞こえない。

 僕は頭を動かしてそれらをよけてみた。
今度は大きく口を開けてその一つを受けてみた。
ほんの少しの冷たさと、ほんの少しの水分が僕を嬉しくさせた。

 ゲレンデに響く有線ミュージックは、機械的なリフトの滑車音と共にその響きを山肌に奪われ。
両足にスキー板、両手にストック。
僕は再び、えいっと真っ白な斜面へと飛び出した。
固められたパウダースノーが、ギュッギュッときしむ音がした。
もううんと昔、学生の頃の話。


 九州育ちの僕が岩手で生活し始めて一番差を感じたことは『寒い』ということだった。
−10℃、そりゃ感じるさ。
冬になると仲間達は、スキーやスノーボードをするためにスキー場に出かけた。
スキーよりはギターを弾いていた方がよかった僕だったが、その日はせっかくだからと仲間に連れられて岩手山のスキー場へ来ていた。

 スキーは上手くも下手くもない(本人談)。
僕の情熱は、『かっこよく滑る』というより『いかに派手に転ぶか』ということに燃やされた。
初心者向けの広く緩やかなゲレンデを滑るくらいなら、転がりながらでも上、中級者コースを行く方がよかった。
なかでも分岐したコースの端っこ、まだだれも滑っていない新雪の中を滑るのはお気に入りだった。

 当時、岩手ではスノーボードが流行始め、スキーからスノーボードに切り替える仲間も多かった。
しかしまだ広くは認められてなく、『ゲレンデが荒れる』として数多きベテランスキーヤー達からは煙たがられていた。
自分も、まだボードで上手な人など目にしたこともなく、格好がチャラチャラしていたので断固保守派(スキー)に回っていた。

 「あんなのダメだよ、スキーの方が上やね」
しかし、実際は少し興味があった。

 ぼっこーん!

 分岐したコースから本線に戻る緩やかなカーブ。
でこぼこ地帯で加速して止まれなくなり、ウホウホウヒョーと派手に転んでしまった。
 宙に舞うストック、パンと外れてどこまでも勝手に滑ってゆくスキー板。
体もなかなか止まらない。
ようやく止まった時のあの充実感ったらありゃしない。

 寝転がったまま見上げる空は、手に届くよう。
流れる雲は水の中で溶いた白い絵の具のよう。

 はぁ、いいなあ。


 「大丈夫ですか?」

 気づくと、同じ年くらいの女の人がすぐそこで心配そうにこちらを見ていた。
きっと派手に転んだままずっと動かなかったからだろう。

 彼女はスノーボーダーだった。
僕が照れ隠しに笑うと、彼女も笑った。
ゲレンデや砂浜、浴衣姿で見る女の人は、だいたい2.5割増しくらい可愛く見える。
タクシーの深夜料金もびっくりである。
すぐそこで笑っている彼女は、天使のようだった。

 その後、僕はどことなく彼女を捜していた。
仲間達とロッジで昼食をとる時も、リフトの上からも、さっ爽と滑る時も。
しかし、ゲレンデは広かった。

 仲間との集合時間が近づいていた。
最後の1本を滑ろうとリフトを乗り継ぎ中級者コースへと降りようとした時、僕は彼女を見つけた。
彼女は男女含めた数人のボード仲間と、今まさに急斜面へと繰り出そうとしているところだった。
リフトを降りた僕は力強くストックで地面を押しやり、急いでそちらに向かってみた。

 急斜面へ落ちるように消えた彼女はまるでスローモーションのよう。
急いで斜面を覗き込んだ。
再び舞い始めた雪の中、彼女は縦長のS時を描きながら霞む白い下界に消えていった。

 やっぱ、ボードだな。

 これからはボードだよ。

 僕も彼女のように急斜面へ飛び出してみた。

 ぼっこーん!


 直視しても痛くない、ぼんやりとした太陽が雪の流れを教えてくれる。
まるで月のよう、きっと白夜のよう。
ここはもしかしたら雲の中なのかもしれない。

 雪は、スポンジを小さく千切った、少し灰色がかったゴミのよう。
モノクロ陰影の空から静かに落ちてくる。
どんどん落ちてくる。
ある一定の場所になるとそれらはふっと現れて、音もなく地面に落ちて壊れる。
 口を開けてみた。
入ると思ったそれはかすかに逸れて、頬に落ちてチリリと溶けた。


2010年1月、ありけん日記より



e0071652_78472.jpg
【今年も雪が降る】
確かに困るけど、雪の降らない冬はものたりない。
あったかくしてゆこう。



e0071652_78852.jpg
【1/23吉祥寺シャッフル】
来てくれた方々、共演者、シャッフルスタッフ、中野隆司君、サポートメンバーのともぞう、和佐田君、ありがとう!
イベントもステージも、最高に楽しかった。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_781099.jpg
【Carnivorous Partyステージ】
熱く盛り上がった。
ありがとう!



e0071652_781185.jpg
【今年も水仙】
やっぱり黄色よね。
チロチロかわいらしい。




 なんだかんだ1月も後半。
さすがは冬将軍、さっむいね。
でも冬はやっぱりこうでないと。
さあ、あったかくして今日も元気にゆこう。
みなさんもよい一日を!
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-01-26 07:20

月ジョグ

 スタジオ後、何気に久しぶりとなったジョギングに出た。
いつもの川沿いのコースに勢いよく入っていったらアイスバーンで、わちゃわちゃとストップしてしまった(危なかった:笑)。
向う岸のコースは昼間陽があたるらしく、雪もなかったのでコース変更。
程よく駆けてきた。



e0071652_20584479.jpg
【いつものコースはカチコチ】




 この時期のジョギングはすれ違う人も少なく、虫の音もなく、植物まで黙りこくっているからちょいと寂しかったりする。
しかし、折り返すといつも月がよい位置にあって、励ましてくれる。
今日なんてまばゆいくらいに白くて綺麗で、嬉しくなって思わず、うおーって両手の握りこぶしを天に挙げて、ピョンピョンしてしまった(ロッキーみたい)。
ああ麗しき我が人生。
ありがとう。

 明日のライブも麗しくよいテンション、人生乗っけてゆくよ。
予約もお昼くらいまで受付してるから、素晴らしいありけんライブをぜひ観に来て。
皆さんもよい週末、よい夜を☆


ライブスケジュール→こちらから
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-01-22 21:11

やるな、冬軍曹

 大陸からの本格的な寒波がやって来た。
朝起きて思わずエアコンのリモコンに手を伸ばしたありけん。
『この冬どこまで暖房を使わずにゆけるのかチャレンジ大会』もついに終わりを迎えてしまうのか。



e0071652_1419166.jpg




 ありけんをナメるなー!!
あっという間に準備をすませて冬スズメのようにふっくら着込んでしまった(カイロ付き)。
さすがである。
この寒波は冬将軍ではなく冬軍曹らしい。
どうせなら冬将軍と戦って討ち死にしたいと思う。



e0071652_1419086.jpg
【自宅前のストリート】
テンション上がるが靴がぐじゅぐじゅになった。
女性のレインブーツがうらやましい。




今日もリリンと元気、よろしく世界☆ 



e0071652_14185677.jpg
【都立大前カフェパレード】
誘ってくれたドミノライン、来てくれた方々、パレードスタッフ、ありがとう!
おかげさまでソールドアウト、あっという間の2時間半やった。



e0071652_14185864.jpg




e0071652_14185494.jpg
【ゲストギターの永山かずみ】
久しぶりに合わせたけど、さすが、息ばっちり。
ありがとう!



e0071652_14185382.jpg
【ドミノラインと】
ドミノラインが作るイベント空間は独特のゆるさがおもしろい。
その中で楽しく演奏できて幸せやった。
またぜひやろうね!




 さて次回は、1/23(土)吉祥寺シャッフル。
こちらも1月はもう毎年恒例となってきた中野隆司君の誕生日イベント。
今年厄年とあって、それを祝いにゆくよ(笑)
今年もそうそうたるキャスト陣に混じっての出演。
新曲をバンドアレンジして持って行くから楽しみに、ぜひいらしてね!!



e0071652_14513850.jpg

この日はアコバンドセット。
お馴染みのともぞうと和佐田君とでありけんワールドをお届けするよ。
1/23(土)吉祥寺 SHUFFLE
「中野隆司 生誕祭 2016 」~カニパフェス天才中野本厄前夜祭~
start11:00 前売¥3,500(ドリンク別)※再入場可
出演時間:16:00〜




e0071652_14185017.jpg
【白雪クリームパン】
んまい。



e0071652_14184926.jpg
【カランコエ】




 ベランダに降り込んでくる雪をかぶってじっと佇んでいるカランコエ。
もう5年くらい生きている。
このカランコエは、蕾になってから花開くまでがとても長い。
まだまだ青くて固い蕾だけど、その中身はいつかやって来る春を待ち、夢夢で溢れて銀河のように渦巻いているかもしれない。

 冬最中、マフラーぐるぐる巻いて、あったかくして元気にゆこう。
皆さんもよい冬、よい時間を!
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-01-18 15:18

今日は今日とて出かけてく

 いかりを上げて汽笛を轟かせ、港を出て行く船の気分。
2016年大航海の始まりである。
同じ景色も気持ち次第で違って見えるもの。
なるだけ瑞々しい心持ちで日々を過ごせるように心がけたい。



e0071652_5513441.jpg




e0071652_551301.jpg
【新年一発目イベント】
ドミノラインと、みんながとても楽しい時間を過ごせるようあれこれ準備している。
ありけんステージには、ゲストも!新曲も!




e0071652_5523638.jpg
【3人編成アコバンド】
1/23(土)吉祥寺シャッフル、2/5(金)代々木ラボとこの編成でゆく。
ありけん、ソロギターも楽しくなってきている。
この期におよんでぜんぜん日々成長していて、この先も終わりなき旅のごとく進化して行くので楽しみにしとってね。




 この冬はまだ暖房を使ってない。
初めはちょっとした節電のつもりだったのだけど、なんだか動きがきびきびして心身引き締まるようで最近のお気に入りとなっている。
今から本来の寒さになるみたいだけど、こうなったらどこまでゆけるか楽しみだ。
カゼひかない程度に挑戦してみたいと思う。

 手がかじかんでギター弾き辛いなぁなんて思ってたら、パソコンの向こう、この寒夜空の駅前でストリートをやっている後輩がいたり。
しばらく休みがないなぁなんて思ってたら、30日間連続でライブをやるミュージシャンがいたり、一年で2日しか休みがなかったという芸人もいたり。
好きなことをやっているのでぜんぜん苦にはならないのだけど、いやはや、こういった存在はありがたい。

 上京したての頃、無理がたたって入院してしまったことがある。
限界を超えた頑張り過ぎの生産性の悪さも、自分の体の限界もよく知ってるつもりなので、そのギリギリの所をまあ楽しく走ってゆけたらいいかなと意気込んでいる。
筋トレやジョギングの成果も出てきているのか、少し身体も強くなってきた気がしないでもない。
心身ともに鍛えて、よい顔でステージに臨めるよう頑張る。



e0071652_5512697.jpg
【花かんざし】
買っちった。
今年も花かんざし。
かすかによい香り。




 さあ、いよいよ冬本番。
今年もありけんをよろしくお願いします!
みなさんもよい新春を☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-01-07 06:13

よろしくサル

 明けましておめでとう!
いい天気で気持ちがいい。
今年も音楽とともに、ありけんをよろしくお願いします!



e0071652_9355710.jpg




 2016年は、ぽつぽつ全国を回ろうと計画進行中。
もし近くに来たらぜひ会いにきてね!



e0071652_9355529.jpg




 さあ今年も元気にゆくよ!!
よろしくサル☆
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-01-01 09:48


twitter
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧