ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見上げてほろほろ、春歩む

 晴れから少しずつ曇りに変わってゆく空模様だった。
急がねばと近所の古墳公園まで散歩に出かけた。



e0071652_6433151.jpg
スーパーに寄り道してお酒を買ってしまった。




 ジョギングのときに夜目ながらも花々がちらほら咲き始めているのに気づいていた。
昼の遊歩道を歩いてもみたかったのだ。



e0071652_64329100.jpg
菜の花って春の色よね。
うちのベランダ菜の花も先端がほころんでいる。
西向きなので開花が遅いのだ。
もう少し、楽しみやん。



e0071652_6432764.jpg
【これはなにかな】
自分がバッタだったら間違いなくこの花の海に飛び込むな。




 桜はまだ0.1分咲きと言った感じで、1週間後を想像しながらお酒をちびりと。
古墳公園(ありけん命名)はちょっとした高台にあり、少し町が見下ろせる感じ。
まだ荒く固い枝々の向こうに西武線が横切ってゆく。
ベンチでほろほろ酔い、ぽーっとなるのに時間はかからない。
うーん、よい時間。
 しかしながら寒いので早々に腰を上げた。
来週また来れたらいいなと石段を下りた。
よい時間をありがとう。



e0071652_6432437.jpg
【山茶花】



e0071652_6432243.jpg
【3/17大塚ハーツ】
marco君イベント『和み茶屋』、来てくださった方々、共演者、marco君、ハーツスタッフ、ありがとう!
個性溢れるとても素敵なイベントだった。



e0071652_6432154.jpg
【ありけんステージのゲストはmarco君】
セッションもドキドキ、楽しかった。



e0071652_6431992.jpg
【打ち上げ】
ハーツの賄い焼きそば、うまかった。
ありがとう!




 次回ライブは、3/27(日)真昼の月夜の太陽
こちらも素敵なキャスト陣で最初から最後まで楽しめるイベント。
セットリストも春満載で我ながら素敵やん。
日曜日、ゆっくりした後に、散歩の後に、お出かけの後に、ぜひいらしてね!



e0071652_6423813.jpg
【ワックス塗った】
半年に1度塗るようにしている。
このひとひと感がたまらない。



e0071652_6423659.jpg
【タンポポ準備中】
この緑だらけの生き物の中に、柔らかくもまばゆい黄色が詰まっている。
もうすぐやね。




 4月から『花が咲いたらもう一度合おう』ツアーが始まる。
ありけん自主イベントは福岡、盛岡、仙台、東京だけど、今年は馴染みの少ない土地、石川、大阪、静岡、北海道などでもライブできるよう準備してもらっている。
中にはイベントやピックアップライブにしてもらっていたりと、ありがたい限りである。
 ありけんはめいっぱい瑞々しく素敵なステージにしたいと意気込んで向かいます。
お近くの方、近圏の方、旅はきっかっけ遠方の方、ぜひぜひいらしてね!
※詳しくはHPスケジュールコーナーへ



e0071652_6423284.jpg
【カポックの新芽】
このカポック、双葉の頃から育てているのだけど(今5年目くらい)、いったい何ものなのかを調べてみた。
なんか十数メートルまで育つらしい^ ^;
まあ、なんとかなるやろう。




 さあ、気づけば春歩む。
みなさんも素敵な時間を!











2016/3/26

[PR]
by KeN-ArItA | 2016-03-26 07:47

風は南から

 先日母から手紙が届いた。
所用代行のお礼とのことで、うまかっちゃん付きであった。



e0071652_650636.jpg
九州では有名な即席ラーメン、うまかっちゃん。
あまりよいものではないのだろうが、好きなのだ。




 母との手紙やハガキのやり取りは思い返しても少ない。
音楽活動のDMハガキなども生きてる証としてたまに実家に送ったりしているのだけど、その宛名は代表として父にしているし、年賀状も父から送られてくる感じだ。
 振り返っても数回という母からの手紙は、短い文章の中に用件3割、説教7割と言った感じで分かりやすく、季節のあいさつなどはないのが常であった。



e0071652_650485.jpg




 しかしながら今回、2枚にもわたる長編(母にしては)で、庭に来るメジロが可愛いが、ヒヨドリが餌を横取りしてしまって、それを父が追い払おうとしているなどなど気の利いた季語とほがらかな描写つきだった。
もちろん説教コーナーも健在ではあったが、嬉しかった。
ありがとう。
今度は母宛にも手紙を書こうと思った。



e0071652_650149.jpg
【利根川(源流)をまたぐ】



e0071652_650377.jpg
【横瀬の棚田】
先日、ぼーっとしに秩父に行って来た。
今からみるみる緑に変わってゆくのだろう。



e0071652_650075.jpg
【オオイヌノフグリ】
かがんで小惑星。
この時期はこいつばかりがたくさん咲いている。
かわいい。



e0071652_6495840.jpg

まだまだ雪も残っている所もあるけど、日が照ると暖かい。



e0071652_6495574.jpg
【がーん】
また夏の終わり頃にオープンするかな。
前回もらった種を蒔いている、芽を出すといいな。



e0071652_6495338.jpg
【棚田で休憩】



e0071652_6495241.jpg
【福寿草】
雪が溶けたらまた会おう、福寿草。
春やね。



e0071652_6495038.jpg
【早咲き桜】
うーん、ありがとう。




 さあ春が来た。
みなさんもよい春、よい時間を!












      2016/3/9
[PR]
by KeN-ArItA | 2016-03-09 06:53

早春大阪の旅

 風はまだまだ冷たい。
だけど、町も人も樹々も草花も明るく見えるのは、もう春の入り口だと分かっているからだろう。
そんな季節の変わり目、ありけんは大阪ツアーに行ってきたよ。



e0071652_10212288.jpg
【心斎橋の裏路地にて】




 6:10品川駅、行きの新幹線の切符を落としてしまい改札でダダをこねているありけんがいた。
山の手線の中で乗り換えしやすいようにと財布からポッケに切符を移してしまったのが仇となった。
結局買いなおさせられて、バタバタと予定のぞみ号に飛び乗ったのだった。
 さすがである。
旅はこのくらいのスタートが望ましい。

 まさかのテンション低めで到着した大阪であったが、エスカレーターの左に立っていて、ボンと地元の金髪若者にぶつかられてからテンション急上昇(大阪は右に立つのが一般)。

 そうや、ここは大阪やで。

 現地入りして、中野隆司君とmarco君と合流しもう楽しくて仕方なくなるありけん。



e0071652_10212034.jpg
【心斎橋 soap opera classics 】
とても立派なライブバーだった。



e0071652_10211886.jpg
観てくれた方々、共演の佐潟武君、伊東洋平君、亮二君、中野隆司君、marco君、ソープオペラのスタッフの方々、ありがとう!!
それぞれのステージもとても素晴らしかった。




 昼のステージとあって終演後は時間がたくさんある。
まだ明るいうちからいろいろ連れて行ってもらった。



e0071652_10211063.jpg
【心斎橋にて】
左が中野隆司君、右がmarco君。
2人とも大阪に住んでいたため、絶妙なスポットを回ってくれる。



e0071652_10541598.jpg
【ワンチャンスやで】
タレに二回つけるとダメらしい(笑)
うまかったぁ。



e0071652_1021127.jpg




 博多と東京はよく知っていて、その間に位置する大阪も大して変わらないだろうと思っていたのだけど、うんと活気がよく見えた。



e0071652_10215100.jpg
【大阪城】
二次会は大阪城だった。
恐るべし、中野マルコツアーズ。
歴史好きのありけんにはたまらない。




 大阪城の麓までゆくと、城の城壁を登り始めるmarco君。
いやいや、中から登るんじゃないの?
とありけんも一緒に登ってしまった。

 3人で見上げる大阪城。
この城を元に、どれだけの人たちが戦ったり、まきぞえになったり、夢をみたりしながら死んで行ったのだろうか。
うるっときてしまったありけん。

 また、中野君とmarco君はこの大阪城下のストリートライブで出合ったらしい。
昔の原宿で言う歩行者天国ライブみたいなものだろう。
切磋琢磨して戦いあった当時の仲間達を思い返しているのだろうか、それとも未来であろうか、それともただぼーっとしているだけなのであろうか、感慨深そうであった。

 その後解散するかと思いきや、コンビニでお酒を買って大阪城を仰ぎながら三次会。
寒かったけど素敵な青春時間であった。
ありがとう!

 夜も深まる前に解散、ありけんは同じ方向のmarco君に連れられて新大阪まで送ってもらった。
ありがとうmarco君!
(その後、marco君は寝過ごして京都まで行ってしまう)



e0071652_1021442.jpg
【激安パックのホテル】
大阪駅から競歩15分という立地の悪さだったが、部屋は無駄に広くてよかった。
ほとんどが中国方面からのお客で笑ってしまったが、それもまた一つの時代の風景だろう。
心斎橋で荷物を落とした時、笑顔で拾ってくれたのは中国の人だった。
新幹線3人席で、荷物が連れず手を伸ばしてると、手伝ってくれたのも中国の人だった。
ありがとう。
もっと話がしたいと思った。
次はライブハウスにも来てね!




 2/28(日)心斎橋ブラステ。
予想どうり集合時間には誰も来なかった。
ツイッターを見ていたら、中野君が大人の余裕でコーヒーを嗜んでいた(どうゆうことやねん)。
やがて中野君と合流してブラステに入る(9:20)。
(marco君が京都からこちらに向かっていることは誰も知らない)



e0071652_10211657.jpg
【心斎橋ブラステ】
こじんまりしているのにとても心地よい音響と艶っぽい照明。
これにはありけんも感動。
東京で活躍中の中野隆司君とmarco君、その大阪編イベントにゲストとして入れてもらった。
昨日といい、なにからなにまでお世話になりっぱなしである。
(注)marco君はリハの最後に笑顔で登場(from京都)。



e0071652_10211370.jpg
【みんなで】
聴いてくださった方々、中野隆司君、marco君、ピアノマンのやまだ君、飛び入りゲストのHasegawaTakao君(夜にライブあるため中座)、ブラステスタッフの方々、ありがとう!
アットホームな空間で、素晴らしい時間やった。
とても瑞々しくやれました。
次回は4/21(木)夜にまたこのブラステに参ります。
大阪の皆さん、ぜひいらしてください!
そして、ありけんツアーファイナル6/4(土)新宿 真昼の月夜の太陽にはこのお二人が登場します!
お楽しみに☆


e0071652_1021753.jpg
【鉄板焼きやで】
心斎橋でぽんと入った鉄板焼き屋の大将が最高だった。
なにも注文してないのに勝手に出てきたオススメのハーツ。
このあと二回もリピートしてしまった。



e0071652_1021066.jpg
【鉄板焼き屋の大将とみんなで】
ありけん、もうへべれけ、髪ぐちゃぐちゃ。



e0071652_1021157.jpg
【たこ焼きやで】
marco君オススメのたこ焼き、味穂。
(注)中野君はあまりオススメじゃないらしい。
安くて、びっくりほふほふ、うまかった。
ありがとう!




 同じ景色、同じ出来事、同じ会話、どうせだったら鮮やかで瑞々しい方がいいと思うのだ。
初めての大阪は、最高に楽しくてバカで瑞々しい旅だった。
中野君、marco君、道中関わってくれた方々ありがとう!!



e0071652_10205511.jpg
【カランコエ】
カランコエも春が近いのを知っている。
だけど咲きそうで咲かない。
ここからが長いのだ。




 まだまだ北風が元気やけど、溢れ出た春先を探しながら歩もう。
みなさんも素敵な春を!









2016/3/2

[PR]
by KeN-ArItA | 2016-03-02 12:25


twitter
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧