「ほっ」と。キャンペーン

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

花咲ツアー2016 北海道〜盛岡編

 梅雨らしい立派な雨が街を落ち着かせている。
ツアーファイナル終わってからちょいと病を煩っていた。
帯状疱疹といって悪性の病気ではないのだけど特徴が激しい痛みを伴うとあって、それによる発熱で日々ぼーっとなってしまっていた。
 痛みには強い方ですか?と医師に聞かれ、はいd(^_^o)
などかっこつけたためか痛み止めが処方されておらず(鎮痛塗り薬は入ってた)、変なとこでかっこつけるものではないなと勉強にもなった。
ようやく山を越えたようで、今まで集中できなかった創作活動を再会させようと思う。


 さてさて旅日記、北海道から盛岡に駒を進めたいと思う。


 5/25(水)札幌mellowでの胸いっぱいイベントライブを終えた次の日。
21時発の札幌発のバス時刻まで、後輩カタオカに近場を案内してもらった。



e0071652_1135762.jpg
【エゾハルゼミのぬけ殻】
新緑の中を窓を開けて進む車。
どう凝らしても蝉の声が聞こえるのだ。
ついに正体発見。
エゾハルゼミと言って北海道の5〜6月に活動するらしい。
ウグイスと蝉の声、これは衝撃的だった。すごいぜ北海道。




 後輩カタオカ、彼女はすごい人間である。
SNSを通じて活動を知っているのだけど、沖縄の離島にいたり、ウユニ湖にいたり、つい先日まで奄美でカヌーに乗っているなと思っていたら今度は北海道の雪山にいたりと、世界中どこにいてもおかしくない、恐るべき行動力なのだ。
行きたいけど、なかなかゆけない。
ではなく、行くのである。
今回2ヶ月程北海道にステイしていたところでありけんと再会した経緯であった。

 まあ有田さんは助手席でビールでも飲んでいてください!とかっこよく準備して来てくれたレンタカーを発進させたカタオカではあったが、その運転の荒さにすぐにドライバー交代。
しかし案内してくれる箇所はさすがカタオカ、素晴らしかった。
おかげさまでとてもよい時間になったよ。
ありがとう!



e0071652_12312892.jpg
18時からは東京からの音楽仲間、矢吹君がお寿司を食べに連れて行ってくれた。
茹でてないホッキ貝に感動。
おれ、これまた食べるんだ。



e0071652_1135594.jpg
【矢吹夫妻とカタオカとありけん】
西荻窪ターニング時代ではさんざんぶつかって切磋琢磨し合った矢吹君。
あの頃あっての今である。
しかもなんと、ごちそうになってしまった。
ありがとう!おれ頑張る。




 楽しい時間は瞬きするように短く、札幌駅まで送ってもらい無事21:00発苫小牧行きのバスのシートに座り込んだ。

 『札幌〜盛岡なかよし切符』というのが発売されている。
バスとフェリーを乗り継いで翌朝盛岡に到着するというプランで値段も破格である。



e0071652_1135328.jpg
【シルバークイーン号】
なんか、ごっつい。




 5/26(木)苫小牧港、23:00乗船開始。
初めてのフェリーにテンションが上がりまくっているありけん。
 このフェリーでの目標は1人タイタニック。
タイタニックという映画の名シーン、船先で両手を広げ、さあ目を開けてごらん(ディカプリオ)。
うわぁ〜、空を飛んでる(ウィンスレット)。
それを1人で再現しようではないかというチャレンジである。

 船室に荷物を置くなり探検開始。
正直、まわりのお客さんは深夜ということもあり皆疲れていた(皆と言っても50人程の乗客)。
そんな中、ハイテンションのありけんが闊歩する。
しかし、どこを探っても船先の方には行けないのである。
さらにいつからだろう、振り返るとインカムをつけた黒スーツの男が常にいるのだ。

 しまった、、マークされてる。

 船側外通路の立ち入り禁止ロープ。
これをくぐれば先頭にゆけるのだけどなぁ、、と振り返るとインカム野郎が張っている。
くそぅ、、誰だあいつは(ちょうどサミットの日だった)
仕方なく部屋に戻るありけん。



e0071652_1135240.jpg
【他に乗客がいなかったため1人部屋になった】
ギターも弾けて快適である。




 浴衣に着替えたありけんは風呂には入らず窓辺にすっぽり収まり、ビールとスマホ片手にまだかまだかと出航を待った。
23:59発とあるのに0:03になってもまだ出発しない。
どうしたシルバークイーン、何があったというのだ。


 船長時間です、出航しましょう。

 まだだ、潮が読めん。

 何言ってるんですか、べた凪じゃないですか。

 海をナメんなー!!



 軽くモメてたりしてな。



 0:04、ライブハウスでも聴くことのできないようなローバスの汽笛が鳴った。
おいおい、こんな深夜に迷惑だろう、、と思いつつもありけんテンションもレッドゾーン。



 船長、分かってますよね?
深夜の汽笛は禁止ですからね。
今夜また鳴らすといい加減クビになっちゃいますよ。

 ああ、分かってる。だまってろ。

 しゅっぱーつ!(ぶもーーーー)
 
 だから船長ダメッだって!!



 なんて熱い船長だ。
きっと来年はいないだろう。



 再び部屋から飛び出したありけんは、後部デッキのとばりへ駆け上る(侵入可能域)。
紙テープでも飛ばしているヤツがいるかと思いきや誰もいやしない。
 徐々に離れてゆく苫小牧の街灯りを眺めながら、うるうるとなってしまうありけん。
ありがとう北海道。
また来るよ。

 せめてここで1人タイタニック写真をと振り返ると、インカム男がすっと隠れた。

 いったい誰なんだあいつは。。

 得意のタイマー撮影をするにはスマホを置く場所もなく、船の揺れもあって厳しい状況だ。
いっそインカム男に撮ってもらおうかと思ったが、ヤツもプロで絶妙な距離感を保っていた。



e0071652_1135078.jpg
【5/27AM7:00】
乗船時間は7時間半と短い。
朝に持ち越された1人タイタニックプロジェクトは、ありけんがギリギリまで寝こけてしまったため結局失敗に終わった。
対策を練ってまたリベンジしたいと思う。




 八戸港ターミナルでおにぎりとサンドイッチを買い込んで盛岡行きのバスに乗り込んだ。
八戸〜盛岡は高速を使うとさほど遠くはないのだが、いかんせん路線バス。
盛岡に着いたのが11:20と、実に14時間半の旅となった。



e0071652_11345892.jpg
【盛岡、開運橋より】




 岩手は学生時代を過ごした第二の故郷である。
この日はずっと行けなかったお墓参りにゆこうと空けていた。
盛岡駅に到着したその足で駅前の激安レンタカー店に入った。
車はまさかの黒のマーチだった(何があった?絶対塗り替えたろ?)。
荷物を積み込んでエンジンをかけた。



e0071652_11345651.jpg
【岩手牧場】
学生の頃住んでいたアパートの前の牧場。
ここでよくギターを弾いていた。


e0071652_1134556.jpg
【松尾村】



e0071652_11345280.jpg
【岩手山山麓より】




 天気もよく、風が気持ちよくて胸いっぱい。
ありがとう!



e0071652_11345039.jpg
【網張スキー場にて】




 5/28(土)午前中にコインランドリーで洗濯を、午後には弦を張り替えて準備を済ませたありけんは、盛岡会場FRAMEに入った。



e0071652_11344797.jpg
【吉田真央さんステージ】
5/28(土)岩手 盛岡 MUSIC BAR FRAME
有田健太郎 Presents『花が咲いたらもう一度会おう 2016』〜盛岡編〜
学生時代の先輩で、当時いろんなことを教えてもらって成長させてもらった。
今でも岩手を中心に活躍されてる尊敬するアーティストなのだ。




 ありけん自主企画ともあって、たくさんの方々が駆けつけてくれて満員御礼。
来てくれた方々、遠路きてくれた方々、CDを買ってくれた方々、共演の吉田真央さん、フレームのナオトさん、スタッフの方々、関係者、ありがとう!
おかげさまで最高のイベントになったよ。
また来れるよう頑張る。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_11344862.jpg
【残ったみんなで】
盛岡ならではの終演後のオープンマイクセッションコーナー。
盛り上がった。
終演後に駆けつけてくれた仲間もいたりして、嬉しかったな。



e0071652_11344561.jpg
【ありがとう!】
おかげさまです。
これからもめいっぱい歌ってゆくよ。




 短い時間ではあったけど、その夜もぐっすり眠れた。



e0071652_11344310.jpg
【中の橋より】




 5/29(日)10:30、ありけんを乗せた仙台行きバスがゆっくりと揺れた。
盛岡活動時代、コンテストやライブで仙台にはよく通っていた。
高速から景色が懐かしい。

 動き出すバスの窓には僕さ。
次回は最終章、仙台編。

 みなさんもよい梅雨を!










2016/6/13

[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-06-13 15:44

花咲ツアー2016 東京編→遡って北海道編〜

 ハンドクリームを塗らなくてもよい、しっとりした気候やね。
近所のパン屋テラス席、ツバメ達が忙しく飛び交っている。



e0071652_1016920.jpg
【北海道札幌周辺の公園にて】




 4/8からスタートした花が咲いたらもう一度会おう2016ツアー。
先日の6/4真昼の月夜の太陽にて大盛況、無事終了した。



e0071652_101675.jpg
【ツアーファイナルは新宿、真昼の月夜の太陽】




 来てくれた方々、遠路はるばる来てくれた方々、CDを買ってくれた方々、ドミノライン、marco君、村上通君、中野隆司君、サポートメンバーのかずみ、ともぞう、たけちゃん、真昼の月スタッフの方々、関係者の方々、ありがとう!
おかげさまで最高にハッピーなイベントになったよ。
 来年はデビュー10周年。
すでにすごいこと考えて動き始めている。
楽しみにしとってね。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_1016585.jpg




 ファイナルの東京編を紹介して、それから北海道、岩手、宮城のツアー日記を綴ってゆく。



e0071652_1016315.jpg
live pohto:yayo
素敵な写真をありがとう!



e0071652_10155379.jpg
真昼の月夜の太陽は、店主ゆうこさんがこだわりもって作ってきたライブハウス。
細かい気配りもありがたかったし、おかげで暖かい空間になった。



e0071652_1016183.jpg




 もう長い付き合い、息ぴったりのサポートメンバーを紹介する。



e0071652_10155975.jpg
【サポートメンバー:カホン、大浦ともぞう】
ドラムやカホン以外はだいたいゲームをしている。
リハ後はありけんとビールを飲んで、気づけば寝ている。



e0071652_10155796.jpg
【竹村保彦】
一番回りが見えていて、譜面に対して細かい。
しれっと適当にごまかしたコード譜を書いていると突っ込まれる。
リハ後は、ほろよいマンゴー味などを飲みながらニコニコしている。



e0071652_10155551.jpg
【永山かずみ(ドミノライン)】
無口だが楽しいと楽しそうな顔をするし、つまんないとつまんなさそうな顔をするのでわりと分かりやすい。
リハ後、4種類の違った弁当を用意しておくと、真っ先にこれがいいですと遠慮なく選ぶ。
ほろよいカルピス味を飲みながら笑んでいる。




 ありがとう。
これからもよろしく!



e0071652_10155168.jpg
【残ったみんなで】
楽しかった。ありがとう!!




 旅日記は福岡で止まっているので遡って札幌から続けるね。



e0071652_1095965.jpg
【豊平峡ダム周辺にて】



 5/25(水)福岡ライブを終えて一気に札幌へ。
千歳空港から札幌へ向う車窓、丘のような畑が流れ始めると大きく息を吸い込んでしまう。
そのまま札幌のホテルに入り、準備をすませてカフェmellowに向った。



e0071652_10114476.jpg
【5/25札幌カフェmellw】
床や壁、天井に至るまで内装にこだわってあって、とても居心地がよい空間。
20時スタート、ありけんの出演は22時過ぎという東京ではかなり遅めと感じられるタイムスケジュールにも関わらず、たくさんの方々に聴いてもらえた。



e0071652_1011405.jpg
店主けんさんに送ったデモ音源『明日に風が吹くならば』を気に入ってもらって、イベントタイトルにまでしてもらった。
共演者もそのお客様もみな素敵だった。




e0071652_1010125.jpg
苫小牧からのお客さんもいれば、古くからの音楽仲間や後輩も駆けつけてくれた。




 来てくれた方々、CDを買ってくれた方々、共演の高井麻奈由さん、山崎まどかさん、原千香さん、メロウのけんさん、スタッフの方、関係者、ありがとう!
また行けるよう頑張ります。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_10114636.jpg
【札幌周辺の牧場にて】
誰だお前、、と牛さんが言っている。




 翌日は21時発のバスまで時間があったので、後輩カタオカに札幌周辺を案内してもらった。
次回は北海道ドライブ回転寿し、フェリーdeタイタニック大作戦、盛岡入場あたりまでを綴るね。









2016/6/8
[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-06-08 11:33

後期ツアー遠征、無事帰還!

 千葉、福岡、北海道、岩手、盛岡と後期ツアー遠征、無事終了しました。
来てくださったくださった方々、CDを買ってくれた方々、共演者、各会場の方々、関係者、ありがとう!
おかげさまでどの会場でもめいっぱい瑞々しく歌えたよ。



e0071652_6422869.jpg
【岩手牧場】




 取り急ぎ、帰還報告です。
綴りたい出来事も多いのでおいおいブログに旅日記を綴るね。



e0071652_6422698.jpg
【仙台ルシール】




 残すはツアーファイナル、6/4(土)東京新宿、真昼の月夜の太陽。
こちらもすべてを詰め込んでめいっぱい臨むよ。
楽しみにしとってね!


e0071652_6422072.jpg
【枯れとるやないかー!!】
ベランダ植物、水やり隊長のイマムー(後輩、今村伸也、隣人)の奮闘むなしく枯れてしまったワイヤープランツ。
こいつもばっさり剪定しておけばよかった。
根が生きてたらまた芽を出すと思うので、この先を見届けようと思う。
他の植物達はおかげさまで元気やん。
イマムーありがとう!



e0071652_6422244.jpg
【北海道、札幌周辺の牧場より】




 頂いたたくさんの想い出と共にこれからも頑張りたいと思う。
梅雨入り前のひと時、皆さんもよい時間を!








2016/5/31
[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-31 07:03

花が咲いたらもう一度会おうツアー2016 福岡編

 5/20、5:08の始発電車で羽田に向かう予定だった。
4:50を指す目覚まし時計を片手に、だぁーっと布団に倒れ込むありけんがいた。
以前宮崎行の飛行機に乗り遅れた時のことが蘇ってきた。
そう、南九州ツチノコの旅は、寝坊してチケットを買い直すハメになったのだ。
冗談じゃない(まじで)。
 搭乗ギリギリの時間で検索すると池袋からリムジンバスに乗るというルートが出てきた。
道路が混まないことを願いつつ旋風のように準備を済ませて飛び出した。



e0071652_1655262.jpg
【ありけん特製パンアルバム】
ツアーに出る前に、近所のパン屋の職人君(24歳)に渡す約束をしていたのだ。
忙しい中面倒な仕事であったが、なんとか渡せた。
目を輝かせて喜ぶ職人君を見て全て報われた。




e0071652_16194170.jpg
【大森のコンテナ港】
スターウォーズみたい。




 リムジンバスはなんと、予定よりも早く着いてくれた。
ギターやキャリーがなければ15分前でも間に合うのだが、荷物を預けると30分前には着いてないといけない。
 荷物を預けていると、新社会人といった感じのスーツ女性が泣きそうな顔で隣のカウンターで話している。
7:00の飛行機ですが、荷物もう間に合いませんよね?
時計を見ると6:57だった。
はい間に合いません。とすっぱり切られていたが、時間内には着いたので次の便に乗せてもらえることになって、回りのみんなもホッとした。
 自分が3時間遅刻した時はダメだったのに。。
時間内であれば大目に見てもらえるとは、よいことを知った。



e0071652_16285749.jpg
【大好きなB787だった】




 福岡では実家にお世話になることに。
お土産を渡してすぐさま寝てしまった。



e0071652_16323783.jpg
【裏山の池】




 夕方からは散歩に出かけた。
子供の頃にたくさん走り回っていろいろ教えてもらった野山だ。



e0071652_1636971.jpg
【野いちご】
確かに、高確率でアリンコがいたな。



e0071652_1643644.jpg
【隣の屋根のニャンコ】
夕日に浮かぶシルエットがかわいい。



e0071652_1644212.jpg
【天神リフレックス】
福岡では今年で4年目となるこのイベント。
ついにスタート!




 来てくれた方々、assort color feat.marico、「涙」の工場、齊藤さっこさん、リフレックス和泉さん、PAのけんさん、ねこさん、受付をやってくれた後藤さん、鍵盤を貸してくれた岩崎さん、関係者の方々、ありがとう!
おかげさまで今年も最高のイベントになりました。
また来年やれるよう頑張ります!



e0071652_171845.jpg
【眞璃子さん率いるassort color feat.marico】


e0071652_1733590.jpg
【めぐみさん率いる「涙」の工場】



e0071652_1754863.jpg




e0071652_1751261.jpg




 今回ツアーで一緒になった初参加の斎藤さっこちゃんは、1人オーケストラのようなドラマチックステージを。
 リフレックスのハコバンメンバーでもあり、一年ですっかり逞しくなっためぐみさん率いる「涙」の工場は、選曲もアレンジも含めてみんなを惹きつけていた。
 みんなの視線を釘付けにする眞璃子ねえさん率いるassort color feat.maricoは、さすが、心地よいステージやった。
セッションも楽しかったな。
 お客様様も最初から最後までありがとう!
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_1794822.jpg
【AM3時あたり】
同じ方向で、いつも帰る手段がなくなりどうしようもなくなる豊田君(まりこバンドベース)と中洲を彷徨う。
タクシーの運ちゃん、頭打ち6000円交渉がうまくいって格安で無事帰れたよ(2人とも田舎の方)。



e0071652_17143076.jpg
【うーん( ̄ー ̄)】




 次の日は甥と姪と遊ぶ日。
けんちゃん、けんちゃんと懐いてくれるのだ。
ライブにも毎回来てくれる。
弟夫婦や両親、妹、友達、仲間にも感謝である。
ありがとう。
頑張ります!



e0071652_1716147.jpg
【黙らせ中】



 ライブ後はゆっくり過ごせてすっかり充電できた。
明日からは北海道、東北、東京ツアー。
うーーん、こちらもどっかん瑞々しくゆくよ!
楽しみにしとってね!









2016/5/24

[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-24 18:21

梅雨入り前、木漏れ日の道をゆく

 梅雨入り前のよい気候やね。
日本はそこそこ厳しい夏と冬を用意してくれているから、今の気候をさらに幸せに感じる。
部屋の窓を開けて玄関のドアを10センチ程開けているので、部屋の空気がゆるり流れている。



e0071652_12163434.jpg
【パキラ君】




 室内植物の代表とも言えるパキラ。
ダイソーの軒先で見つけてしまった。
仲間入り。
嬉しいな。



e0071652_12163260.jpg
【ばっさりいかれた、おーいガジュマル君】
夏前にベリーショート。




 後期ツアー前に水をあまり必要としないようにとベランダの草花をばっさり切った。
ポリ2袋分もの容量だった。
田畑の野焼きの後に芽が出てくるように、草は強いのだ。
もちろん弱いやつはあまり切らなかったけど。
ベランダもすっきりした。



e0071652_12163080.jpg
【本八幡サードステージ】




 昨日、千葉本八幡はサードステージ、来てくれた方々、共演の山先大生君、瑠奈さん、なゆきゆうと君、和貴君、小林翔馬、主催のほしはるき君、石橋さん、サードスタッフの方々、関係者、ありがとう!
世代を超えてとても素敵なイベントやった。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_12162880.jpg




 代々木ラボでよく一緒になる小林翔馬を1曲ゲストに迎えてセッションした。
我ながら最高のステージやった。
昨日が誕生日だった翔馬、ナイスギターをありがとう!
またやろう。



e0071652_1216262.jpg
【小林翔馬と山先大生君】
24歳と19歳。
主催のほしはるき君も19歳。
なんかもう、笑ってしまう。
楽屋でのセッションも楽しかった。



e0071652_12162412.jpg
石橋さんは店主でもあり石橋勲BANDのVo.Gでもある、とても存在感のある方なのだ。
ツアーの受け入れをしてくれて嬉しかった。
これからもよろしくお願いします。



e0071652_12162253.jpg
【みんなで】
ありがとう。
これからもよろしくです!




 明日からは福岡、札幌、盛岡、仙台、と回る旅に出る。
楽しみやん。
詳しいスケジュールはこちら→スケジュール

 そして今夜はファイナル東京編のバンドリハーサル。
こちらも楽しみにしとってね。



e0071652_12162094.jpg
【花咲ツアー福岡編】
自分も出演者も一同で準備進めてきたイベント。
楽しみに、ぜひぜひいらしてね。




 旅中はブログの更新ができないからしばらく空いてしまうけど、元気に行ってきます。



e0071652_12161897.jpg




e0071652_12161741.jpg
【新築ツバメちゃん家】
今年も賑やかになるね。



e0071652_12161559.jpg
先日雨に遭い、ばたばた折りたたみ傘を買ったら女性物だった。
あうー。
当分はこれで頑張りたいと思う。



e0071652_12161350.jpg
【紫陽花の季節】




 気づけば紫陽花が開きはじめてる。
しばらくすると雨の季節がやって来るね。
その前に、今のよい気候を噛み締めておこう。
みなさんもよい日々、よい時間を!










<2016/5/19>
[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-19 12:33

花が咲いたらもう一度会おう2016旅〜神奈川編〜

 梅雨前のよい気候やね。
アヤメや薔薇、次から次へと季節の花々も移り変わっている。
なんて早さだ。まってくれー。



e0071652_1381796.jpg
【川沿いの薔薇】




 4/23静岡ライブを終えたあと、そのまま眠ればいいものを共演したusoliveの方に教えてもらったおでん街へと向ってしまうへべれけありけん。



e0071652_1381358.jpg
【黒いおでん】
出汁は黒くて濃そうに見えるが、味はいがいとあっさりしている。
これは、うまいぞ。




 十数軒密接して並ぶおでん屋。
どの店も数席しかないようなお店で雰囲気もりもりである。
カウンターの父さんに町のことなどを話してもらいながらよい時間となった。
ありがとう。ごちそうさま!



e0071652_1381261.jpg
【駿河の桜えび】
ふかふかしてる。
やっぱり違うな。




 3分程でホテルに戻り、入浴剤を入れて風呂へ。
旅に入浴剤は必要である。
目を閉じて想像力で名湯露天風呂にするのである。

 寝がけに時計を見たら2時を回っていた。
やばし、明日はお昼のライブで入りは11:30である。
でも大丈夫!
眠りは時間ではなくて深さなのだ。



e0071652_138985.jpg
【東海道新幹線、通路特別席】




 やはり、眠りは深さもだけど時間も必要である。
そう実感しながら朝食を済ませたねむねむありけんは、こだま号に駆け込んだ。
自由席はいっぱいで通路にギターケースを置き、そこに座り本日のセットリストを練る。



e0071652_138728.jpg
【4/24(日)鶴見ラバーソウル】
もう長く知っていて、最近ようやく交流しはじめたもりきこ。
そのステージは力強くも繊細で素晴らしい。




 リハを終えてようやくテンションが上がってきたありけん。
この日は音楽仲間のもりきこイベントライブ。
ツアー日程の関係でこの日に呼んでくれと打診していたら、仲間に混ぜてくれたのだ。
ありがとう!



e0071652_138666.jpg
【ありけんステージ】
東京や横浜在住のお客様や古き仲間も来てくれて、ようやく帰ってきた感のある会場雰囲気だった。




 ビートルズ一色、音にも雰囲気にも相当のこだわりあるこのお店。
懐かしくてビートルズ音楽祭の話をすると、オーナーのパウロ鈴木さんは関東代表で同じステージに立っていた方だった(ありけんは東北代表だった)。
しかも優勝したバンドと知って、さらに話が盛り上がる。



e0071652_138482.jpg
【みんなで】
来てくれた方々、聴いてくれた方々、もりきこ、スタッフ将軍さん、待良君、鈴木友和君とそのメンバー、店主のパウロ鈴木さん、関係者の方々、ありがとう!
これからもありけんをよろしくお願いします!




 打ち上げにも参加したかったのだが、そのまま友人の結婚式の二次会へ向うべく東京へ。
スケジュールだけ見ると売れっ子なのだが、貧しいのが玉に大傷である。



e0071652_138230.jpg
【おめでとう!】
間に合ってよかった。
1曲歌わせてもらった。
式の編集ビデを見ながらうるうるのありけん。
やっぱり幸せの席はいいいよね。
ありがとう。そしておめでとう。
これからもよろしく!




 花が咲いたらもう一度会おう2016前期ツアーは、有り難さ、厳しさ、故の感動、また勉強させてもらった5日間だった。
関わってくれた方々、ありがとう!
また行けるよう日々磨きます。
そしてさあ、この勢いのまま後期に向いたいと思う。



e0071652_13473528.jpg
【後期日程】
後期スタートは東京5/8(日)、やはり代々木ラボ。
ありけんステージが、みんなの素晴らしくハッピーな時間となるよう準備してます。
楽しみに、ぜひいらしてね!



e0071652_1375716.jpg
【旅は続く】









2016/5/6

[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-06 14:09

花が咲いたらもう一度会おう2016旅〜名古屋、静岡編〜

 ベランダの夏草達がもっさりと繁栄しはじめた。
気づけばすっかり5月、もう初夏の日射しよね。
元気にゆきたいと思う。



e0071652_5292225.jpg
【各駅停車の旅】




 4/22(金)大阪から名古屋に乗り入れたありけんは、会場栄Baseに入る。
今回のツアーは14公演。
自主企画もあれば、仲間のお店、音楽仲間の紹介のだったり、飛び込みでお願いした会場もある。
名古屋は大きすぎて、音楽仲間を頼ったのだが、メールの手違いで(ありけんのせい)時期を逃してしまい、4月になっても決まらぬままだった。
もう『紀州国、有田みかん食い倒れの旅』とかにしてしまおうか、、など考えていた矢先、仲間の仲間の仲間といった紹介を経て具合にバタバタと決まったのだ。
都竹君、丸岡さん、しげちぃさん、栄Baseの宮下さん、中田君、ありがとう!



e0071652_5291718.jpg
【栄Base】




 音鳴りもアコースティックに心地よく、常連さんがPAをやったりと照明も含み素敵なライブバーだった。
終演後がオープンマイクタイムになるのだけど、それもみな楽しそうで新鮮だった。
セッションも尽きず、楽しかった。



e0071652_5291434.jpg
【終演後、皆で】



 来てくれた方々、聞いてくれた常連さん達、共演のmomo.さん、KazuTomoさん、栄Baseの宮下さん、スタッフの方々、関わってくれた方々、ありがとう!
またゆけるよう頑張ります。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_5291299.jpg
【以前のバンドメンバー、久野君】
上京して初めて組んだバンド『くじら電波』のドラム久野君もバンド仲間を連れて駆けつけてくれて、10数年ぶり再会となった。
結成して1年で解散してしまったけど、熱いバンドだった。
元気そうでなにより。
おかげさまで今の自分がいます。
ありがとう!




 窓外のニャンコが恋に大騒ぎだったが、この夜はぐっすり眠れた。



e0071652_5291080.jpg
【名古屋栄の朝】




 旅4日目の朝、チェックアウトから出発までの時間は栄の公演で過ごした。
いい天気、都心なのに緑が多くて気持ちいい。



e0071652_529866.jpg




e0071652_52954.jpg




e0071652_529278.jpg
【オレンジカラー、東海道線】
モハ車輛(モーターつきの客車)はうるさくて音楽が聞こえないのでハ車輛(ただの客車)に乗り込むのは、ありけん旅の常識だ。




 名古屋から静岡までは東海道線各駅停車の旅。
他の区域は時間の都合、特急等を使ってきたのだがこの日は各駅停車の旅。
流れる景色や地元の人たちがより近く感じられる。
やっぱりこれが一番やね。



e0071652_529050.jpg
【よい時間】




 4/23(土)14:40。
静岡駅を降りて遅い昼ご飯を終え、ホテルに向かうべく路地でスマホ地図を見ていたら、駐車場整理をしていた青年が警備棒を持ったままこちらにやって来た。

 どちらですか?ウーフーですか?と言うではないか。
行き先を一発で言い当てられたありけんは驚く。
ギターを持って迷っていたからだろう。
青年は本日の会場UHU(ウーフー)にはよく出演するらしく、丁寧に教えてくれた。

 せっかくだからと思い、ウーフーってどんな感じか聞いてみた。

 えーっとですねー、おでんのつみれがうまいです!

 なんというか、もっと音や雰囲気的なこととか聞きたかったのだけど、笑ってしまった。
彼のバンド名を聞いたが、いまは企画ものばかりやっているとのことだった。
でも、花が咲いたようなひと時で、嬉しかったな。
ありがとう。
また会えたらいいね。



e0071652_5285644.jpg
【静岡ニャンコ】
完全無視である。



e0071652_528541.jpg
【静岡UHU】




 ウーフーは、飛び込みで連絡してツアー受け入れをしてもらった会場。
しかしながら話してみるとオーナーシンヤさんは岩手釜石の出身で、共通の仲間も多くてびっくり。
懐かしい岩手に来たようだった。



e0071652_5285286.jpg
【共演のusolive】
かっこよくも心地よく聴かせてくれる素敵なジャズバンドだった。
また、盛岡学生時代の音楽仲間も来てくれていて、ウーフーおでん(ほんとうまい)を食べながらいろんな思いで胸いっぱい。
ピールがうまかった。
ありがとう!



e0071652_528496.jpg
【残ったみんなで】




 来てくれた方々、聴いてくれた方々、共演のゼンザエースさん、落合真士君、usoliveさん、オーナーシンヤさん、音響のテツさん、関わってくれた方々、ありがとう!
また来れるよう頑張ります。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_5284712.jpg
【静岡おでん街】




 静岡と言えばおでん、聞いたことがある。
仲良くなって打ち上がっていたusoliveのメンバーに教えてもらったおでん街に向かうありけん。
明日は昼のライブというのに大丈夫なのか。
大丈夫!ちょっとだけちょっとだけ。
これが痛恨のおでんタイムになろうとは、、。

 次回は最終回、神奈川編。









2016/5/5
[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-05 07:10

花が咲いたらもう一度会おう2016旅〜大阪編〜

 シロツメ草咲いた。
季節はどんどん進んでゆく。
地味な草花の輝かしい時期だ。



e0071652_5465269.jpg
【今年で4年目のシロツメ草】
今年は土にこだわりましたきねー(ありけん談)。




 〜花咲ツアー2日目〜大阪編〜

 その日の大阪はどっぷり雨だった。
ギターのハードケースとキャリーバックを持つと傘がさせない。
旅2日目(4/21)心斎橋でのライブに向かうためタオルを頭に乗せて大阪のホテルを出た。



e0071652_615579.jpg
【ニャンコも大歓迎】
こいつ、ぜったい懐かないやつだ。
片方の耳もかじられてる(黒ジバニャン)。
いろいろと厳しい世界で生きているのだろう。
猫も大変である。




 会場は心斎橋ブラステ。
以前2月に中野隆司君とmarco君のイベントに呼んでもらって以来だ。
こじんまりとした空間と思いきやハコ鳴りはとても気持ちがよく、なによりもびっくりするくらいやりやすい。
今回店主の鋭光さんが組んでくれたブッキングで楽しみにしていた。



e0071652_6155414.jpg
【心斎橋商店街】
やはり活気があるなぁ。
歩いてても楽しい。



e0071652_6155271.jpg
【Jaguar-Boyzステージ】
京都から出て来てきたという若者ユニット。
メッセージ性が懐かしい。
頭の中が旅に出始めたありけんは、セットリストを変えてしまう。
こういうことがすぐにできるのもソロステージのいい所である。




 正直、会場はスカスカだったけどこういう時が勝負なのである。
ありけんは過去指折りのよいステージができた。



e0071652_615503.jpg
【皆で打ち上げ】
シンガーソングライターなんて、孤独で変わった人間ばかりである。
そんなメンバーがそうそう打ち解けるわけもなく、ようやく打ち上げで仲良くなってきた。



 反省したり、褒めたり褒められたり、ツイッターを交換したり、今度あった時の約束をしっかりと交わして、ブラステをあとにした。
お互い成長して未来でまた会おう。
 聴いてくださった方々、共演者のイケダケンイチ君、加藤 謙太君、Jaguar-Boyz、ブラステの鋭光さん、音響照明の方、ありがとう!
また来れるよう頑張ります。
これからもありけんをよろしくです!



e0071652_6154813.jpg
【友人古川君とへべれけありけん】
もう高校からの付き合い、古川君。
出張先の兵庫から駆けつけてくれた。
よく電話で話すのだけど、会うのはほんとに久しぶり。
0時を回りそうだったので、ホテルのロービーで飲んだ(笑)
そういったノリも懐かしくて、よい時間になった。
想い出は財産よね。
その時代をめいっぱい生きた証。
明日またそれぞれ前に進むために振り返って暖まるのは、よき充電となる。
おかげさまやん。ありがとう。
あとビールご馳走さま^_^
お互い元気に、また会おう!



e0071652_6154628.jpg




 旅3日目、チェックアウトを済ませたありけんは、出発までの時間をカフェでまったりしたりなどせず(まずカフェなどないが)西成区散策に当てた。

 

e0071652_6164514.jpg
【うーん】
気になるぜ。。



e0071652_6154541.jpg
【月貸しホテル】




 作業、鳶道具店が多い。
ここは外作業職人の街のようで、どちらかというと親しみが持てる。



e0071652_6154394.jpg
【コーヒーを買おうと思っても、、】
立ち飲み屋で飲むのではない。
そこらに座って飲むのだ。
朝10時半にも関わらず、自販機は盛況だった。




 名古屋に向かうべく環状線に乗り込んだ。
事前に高速バスを予約していた(大阪→名古屋1900円)のだが、荷物が多いと乗せてもらえないと聞いたのでキャンセルして電車に切り替えたのだ。
JRでも行けるのだけど、乗ったことのない近鉄電車でゆくことにした。



e0071652_6153893.jpg
【大阪鶴橋駅商店街にて】
細路地にわくわくしてしまう。
こんな路地でも自転車が通ってゆく(笑)




鶴橋駅で近鉄に乗り換え。
その待ち時間に駅周辺を散策。
ここの商店街がまた新鮮だった。



e0071652_6153732.jpg
【チヂミ、安くてうまい!】
おでんスープおまけしてくれた。




 近鉄アーバン号は快適で、見慣れぬ車窓を前にしても寝てしまった。
2時間半で名古屋へ。



e0071652_6153586.jpg
【名古屋、栄】




 栄のベット以外のスペースがほとんどないようなご機嫌なホテルに入り、洗濯を済ませて準備をして本日の会場、栄Baseに向かう。

 大阪、名古屋をまとめて綴ろうと思っていたのだけどやはり無理だった。
次回は、名古屋静岡編。
ここでも素晴らしきアーティスト達と出合ってしまうのである。










2016/5/1

[PR]
# by KeN-ArItA | 2016-05-01 06:43


twitter
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧