ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

初めてのチョコはビターチョコ

 起立、礼。
中休みのチャイムが校舎を跳ね回る。
ざわめくクラスの中、野口君に見つからないよう肩を縮めてそっと抜け出そうとする僕がいた。
虹の橋を渡った神社にクワガタを捕りに行くのだ。

 「ありたぁーー!
ドッチ行くぜ」

 見つかってしまった、、。
ドッチとはドッチボールのことで、僕は圧倒的にクワガタの方がよかった。

 野口君はクラスのガキ大将的存在。
体格も大きければ喧嘩も強いし、頭もよかった。
小学校の頃、僕はなぜかこの野口君に子分のように従事させられた。
ほんと、ちょっとしたジャイアンとのび太である。

 「ありたぁー!
野球するぜ」

 「ありたぁー!
Sケンするぜ」

 「ありたぁー
ボール持ってこい」

 最大の悲劇は、この野口君と6年間ずっと同じクラスだったということだった。


 小学4年生だった。
その日も腰巾着である僕は、いつものように帰り道を野口君と共にしていた(させられていた)。
ただ、いつもと違う点はその日がバレンタインデーだと言うこと。

 女の子が駆けてきては、野口君にチョコを渡して走ってゆく。
そう、野口君はモテていたのだ。
しばらくすると、また女の子がやってきて照れながら野口君にチョコを渡して去っていった。

 いいな。。

 僕は初めて、バレンタインデーという日を意識した。
ドキドキと紅潮する笑顔も、照れながらもツンとした態度も、雨の中の銅像のような気持ちも。


 やがて野口君と別れて一人の帰り道。
クラスの女の子がひとり、僕の目の前に現れた。
さっきまで野口君の近くで騒いでいた子だ。
僕は冷凍庫のチョコのように固まってしまった。

 彼女は体格も大きく(僕が小さかった)、もしケンカになったら負けてしまうかもしれないと思う程に活発な子だった。
 そんな普段は元気な彼女が僕を前に、明治の板チョコを両手に持って顔を落とし、ずっともじもじとしている。
その間はずいぶんと長く感じられた。

 「もういいや、有田で、、」

 そう言って彼女は、はい、と僕にチョコを渡して帰っていった。


 嬉しかった。

 初めてのチョコはビターチョコ。




e0071652_19285831.jpg
【春はそこまで】
現在、『手紙』のミュージックビデオ的なものを作っている(けっこう大変)。
完成したらYou Tubeに上げるからぜひ見てね☆



e0071652_1929375.jpg
【朝練終了】
次回、その次も3人編成のライブが続く。
ありけん、リードギターも練習中。
4人編成もよいけど、3人編成はそれよりいいね!って言われるようにがんばる!!
ぜひ応援に来てね☆



[PR]
by KeN-ArItA | 2013-02-09 19:48
<< えのきたけ農園、始動! 再燃、きのこ熱 >>


twitter
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧