人気ブログランキング |

ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

タイムスリップ小惑星

 深い深い緑色、透かせば紫の血液を携えたようにも思われる『どくだみ草』。
蒸れた初夏の日陰にゆけばたいてい地から溢れ出すように茂っていた。
子どもは皆そうだろう、自分も、そのむっと薬のような詰まった匂いは好きではなかった。

 お墓の草むしりをさせられても他の雑草とは違って根が深いし、なによりも手に染み込んだ匂いはいつまでたっても消えてくれない。
さらにイメージがよくない一番の理由は、蚊の隠れ家というところにあった。
昆虫取りに行っても、釣りに行っても、どくだみ地帯に入れば蚊がいっせいに襲ってくる。
こんな草なければいいのに。
それはそう思うよね。



タイムスリップ小惑星_e0071652_16244194.jpg




 膝を擦りむいた時、祖母は庭からどくだみを摘んできていぶして傷口に当ててくれた。
強烈な薬草の匂いが「オロナインの方がいい!」と言いたい僕の口を塞いだ。
あれは、本当に効いたのだろうか。
少なくともいぶされてドロドロになった紫のどくだみは、こりゃ効くなと信じ込ませてくれる力を多分に持っていた。

 夏になればどこの家でも麦茶が冷えていた。
友達の家に遊びに行って飲ませてもらう麦茶はとてもすっきりしていた。
それに比べ自分家のお茶はなんだか苦く、濁っていた。
それがどくだみ茶だったと知らされるのは、もう少し成長してからのことだった。
しかし喉が渇いていて、さらに冷えているとなんでも飲めるものである。
いつの間にか子どもながらにその苦みが好みになっていたかもしれない。



タイムスリップ小惑星_e0071652_1624689.jpg




 マンションと壁の合間。
この時期になると毎年どくだみ草のシェアが始まる。
ひょいと覗き込むとそこは、日陰の小宇宙。
鈍く眩しい程に白いその花は、まるで小惑星のように静かに佇んでいる。
こんなにきれいだったんだ。
たくさんの思い出をありがとう。

 今年は、摘んで花瓶にさしてみようと思う。
深い深い緑色、匂いとともに日陰の思い出。
(決して育てはしない)




タイムスリップ小惑星_e0071652_16583450.jpg
【午後はカロリーオン、マウントレーニア】
クリーニングを出して、フライヤなどのコピーをとりにコンビニに向かった。
最近はノンシュガーばかりだったけど、普通のマウントレーニアを買った。
よい午後。



タイムスリップ小惑星_e0071652_173436.jpg
【あじさいは知っている】
もうすぐ愛しの低気圧群がやって来ることを。
雨の季節やね。



タイムスリップ小惑星_e0071652_174481.jpg
【初夏の味】
差し入れで頂いた小夏。
皮を薄く包丁で剥いてそのまま食べる。
しゃくしゃくしゃく、名前負けしない食べごたえ。
ありがとう!



タイムスリップ小惑星_e0071652_1783177.jpg
【どれだけ表現できたかな】
5/23吉祥寺シャッフルにて。
来てくださった方々、対バンの方々、関係者の方々、ありがとう。
引き続き精進します!



タイムスリップ小惑星_e0071652_17103614.jpg

サポートメンバーは、永山かずみ(ギター)、大浦ともぞう(カホーン)、竹村保彦(ベース)。
ナイスステージ、いつもありがとう!
次回ライブは明日(5/29ターニング)。
楽しくゆこう☆
ライブphoto by:yayo



タイムスリップ小惑星_e0071652_17124475.jpg
【野菊】
ベランダにも野菊はあるのだけど、花をつけてくれない。
太陽大好きな野菊としては、いまいちの日照時間なのかもしれない。
今年は咲けばいいな。



タイムスリップ小惑星_e0071652_17153159.jpg
【生まれたよ!!】
コンビニの帰り、1階の短期入居のツバメ君の巣を覗いてみた。
やったー、ハロー!
かわいい。
元気に育つんだよ。



タイムスリップ小惑星_e0071652_17175048.jpg
【振り返って帰り道、大きく息を吸い込む】
世界はやっぱり素晴らしい。
今から雨の季節、傘をくるくると、元気にゆこう。

by KeN-ArItA | 2013-05-28 17:33
<< 振り返れば足跡、行く先は、やっ... 登って蜃気楼 >>


twitter
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧