ありけん日記


有田健太郎の日記、エッセイ、フォトギャラリーです
by KeN-ArItA

時々タイムスリップ 〜伸びてゆくのは僕の影 編〜

昼休みのチャイムが響くグランドの入り口。
秋の風を受けて、一本のメタセコイアというスギ科の大木が立っていた。
手を触れ見上げて懐かしくなっている僕を、子供達はせかして、ドッチボールが始まった。


これはありけんが教育実習生として、少しばかり母校で小学校の先生をしていたときの話である。


「おりゃー」「ていっ!」「どりゃぁぁー」
子供相手のドッチボールにもいたって本気のありけん先生は、あと少しで全滅させる勢いだった。

しかしすぐ近くで、隣のクラスの男子生徒どうしのケンカがはじまったんだ。
最初のうちは見て見ぬふりをしていたのだけど、だんだんエスカレートし、つかみ合いになってきたのでやむを得ず止めに入った。

(もう、、あと少しで全滅なのに)

止めなさいと割って入る僕に、一方の子供(以後:タケシ)が怒鳴って言った。

「うるさい!子供のケンカに大人が口出すな!!」と。

その瞬間、僕の頭は超高速で世界を一周し、長い長い時をさかのぼった。

はぁぁ

なんということだ。
そのセリフは、僕も子供の頃に同じように使ったことがあったのだ。

十数年もの時を経て、なおもこの名ゼリフがこの土地に受け継がれてきたことに感動し、同時にむかついた。

そして「うるさい!子供のケンカに大人が口出すな!!」というタケシに向かって。

「そのとうりだぁ!!」と叫んでしまったのだ。

さて、みんな困った。

(お前…、止めてくれるんじゃないのかよ)と子供。

(おいおい、止めに入って「そのとうりだ」はないだろう…)と僕。

「うぐぐぐぐ…」

どうしようもない時間が流れた。

どうしようもない時間とは、きっとこういった時間のことをいうのだろう。
もしこの時『世界どうしようもない時間大会』という大会があったなら、僕らは確実に上位入賞していただろう。

e0071652_2001188.jpg
【夏の花】


このどうしようもない時間を打破したのは、やっぱりタケシだった。
再びもう一方の子に手を出し始めたのである。

しかし、手を出しているのはタケシだけで、もう一方の子はそれを阻止しているだけなのに僕は気づいた。

(よし、突破口はここだ)

「おい、手を出さないヤツに手を出すのはひきょうだぞ」

再び割って入る僕に。

「こいつも手を出せばよかろうもん!」とタケシ。

危なく「そのとおりだぁ!」と言いかけたありけん先生は、さすがに怒った。

「うおおおおー」

二人の首根っこを持って、グラウンドを引きずっていったのである。

(おおー、おれ、先生やってんなー)

乾いたグランドに砂煙が舞った。

移動地点:グランド中央部A地点からグランドやや中央部B地点まで
移動距離:15メートルくらい
ねらい:先生は怒ってるんだぞ!のアピール
効果:アクションのわりに50%
優勢状況 移動前→移動後 (子供:先生=6:4)→(子供:先生=4:6)

危うく「お前らがケガしたら、先生が校長先生に怒られろうが!」と出かけたが(もはや子供が子供を教えている)、双方の話を聞いて、時間とともにようやく3人は落ち着いたのである。



5時限が終了した頃、教室にいる僕に向かって手を振りながら仲良く廊下を歩いてゆくあの2人がいた。

……

きっと毎度のことなんだろうな。


「子供のケンカに大人が口だすな」かぁ。

子供も大人も、あまり差はないなと思った。


e0071652_2023392.jpg
【東京は武蔵野。千川上水】


4階建てのビル程もあろうかという大木、メタセコイア。
この学校のシンボルで、僕が子供の頃には2本あった。

入学したての僕はこの木に登って、降りれなくなったんだ。
その時、担任の若い女の先生が下から必死で「気をつけて〜」「がんばって〜」と叫んでいた。

どうにかして降りきった後、その先生に抱きしめられ、怒られたのをぽーっと覚えている。

ただただ、やさしかった。


長い歳月の間、2本の大木のうち1本は雷に打たれてなくなってしまったらしい。

授業のあい間に目をやる窓の外。
あれから何人の子供があの木に登って降りれなくなったかな。

あの木が残っててくれてよかったと思った。



晩夏の帰り道。
グランドに伸びるメタセコイアの影は、どこまでも長く伸びてゆく。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-08-30 02:07

2007年8月 福島県沿岸、日帰りロケの旅

田舎…とも言い切れない、あたり障りのない車窓が続く。
夏空は高く、まばらな雲はモクモクとしていて。
上野発8:24 常磐線勝田行き。
コーヒーとハイソフトが置かれた窓際には、やっぱり僕が映っていた。


e0071652_22402757.jpg



〜2007年8月 福島県沿岸、日帰り夏旅〜


12月にリリースとなるアルバムのジャケット写真の撮影のため、福島のある駅を選んだ。
アルバムタイトルから、どうしても砂浜や線路、駅の写真がほしかったんだ。
だけど季節は夏、関東近郊の海はきっと人でごった返しているだろう…。
そう思った僕は、地図と航空写真と長年の旅の感で、よさそうな場所を探した。

『末続(すえつぎ)駅』(福島県いわき市の北の方)

大抵、線路と海の間には道路が走っているが、この駅は線路と海の間に幹線道路が走っていない。
航空写真から見ても砂浜が続いているようだし。
田舎そうだし。
「まあ、、行けばなんとかなるでしょう」(それがだめなんだな…)

予算は少なく、『青春18切符』には2つのハンコが押された。

「やっぱり旅は上野からだよ!」

「きっと素敵な夏の思い出になるよ!」

そうそそのかされて同行しているカメラマンの大友君(後輩)は、後にひどい目に遭うことをもしかしたらこの時薄々感じていたかもしれない。


上野を出て5時間が過ぎ、ようやく目的地が近づいてきた。
トンネルを抜けるごとに急速に自然に囲まれてゆき、やっと着いた無人駅の『末続』はまるで南国のような土地だ。


e0071652_22524114.jpg
【ホームからは海】



3両編成のワンマン電車は、とても長いホームに僕らを降ろし仙台方面へ曲がっていった。

おお〜

なんだかすごい田舎パワーだ…。
セミ達がうるさく無関心に鳴いている。


e0071652_22595293.jpg
【線路は熱気でゆらゆらしている】



日影も少ない14時前。
駅を出ずにホームを降りて、トンネルの方に歩いてみた。

「大友、、ここは当たりだぞ!」

「そうっすね〜」

トンネル付近で写真を撮り(ほぼ記念撮影)、そのまま集落へ降りることにした。


e0071652_236512.jpg


なんだか南国に来たみたい。
いいとこだぁ。

「とりあえずお店を探して飯にしよう」

「そうっすね」

しかし集落に家は10数軒程しかなく、買店どころか自販機すらなかった。

はぁはぁ…

僕らは飲み物を求めて駅に戻ることにした。

はぁはぁ…

しかしこの駅(無人)に自販機などなかった。

「やばいっすね…」

水は本当に大切である。
以前、福岡県の海の松林で遭難しかけた時、脱水で軽く熱中症になった時のことを思い出した。

僕は思った。
なんて駅だ…

さらに思った。
大友…ごめん


僕らは水を求めて隣駅まで戻ることにした。
しかし1時間に1本の電車は出たばかりで、まるまる1時間の待ちである。
それに、1時間かけて戻ってさらにまた1時間かけて戻って来なければならないなんて(水のために)。

あまかった。
ごめん常磐線…、ハンパな路線だと思ってました。
やっぱりすごいところはあるね。


じじじじじじ…
しかしセミは元気だなぁ。

大友君は、待合室で別の仕事の書類を見はじめた。
じっとできないタチの僕は、カメラをもって再び線路に降りた。

しかしこの駅は魅力的だ(飲み物ないけど)。

僕は時と水を忘れ、写真を撮った。
気がつけば駅からずいぶんと離れてしまっていた。

水、、、

しまった

僕の脳裏になぜかピラミッドとラクダが浮んだ。
SMAPが出演するポカリスエットのCMの、ガイコツになる場面も浮かんだ。

うう〜

ひからびかけた僕は、小さな鉄橋に腰を下ろした。
その時、、僕は発見したのだ。
遠くに街道があって、そこにオアシス(ラーメン屋)があるのを。


e0071652_23422894.jpg



「おおとも〜、助かったぞ〜!!」

じゃりじゃりと乾いた線路を走り、大友君にオアシスの存在を伝えた。

あと10分で来る電車を捨て、僕らはラーメン屋で水とラーメンを注文した。


ふぅ〜


ラーメン屋の自販機でたくさんのスポーツドリンク等を買い、僕らは今度こそ海へ向かった。


e0071652_014219.jpg



海に出て、僕らは立ち尽くした。
なぜなら砂浜なんてこれっぽっちもなかったからだ。

陸は崖で、その浸食を防ぐためテトラなのだろう。
数トンのコンクリート地面がめくれ、数トンのテトラが飛ばされているのを見て、太平洋の波の凄まじさを怖く思った。

「心配するな大友!」

「ずっと歩けば砂浜が出てくるけん!」

しかしどれだけ歩いても砂浜は出てこなかった。

そのうち大友君はあまりしゃべらなくなった。

航空写真で砂浜のように見えたのはこのテトラだったのか…
しっかり写せよヤフー。
だいたいあの航空写真、アップにした時ごまかしてるだろう…

いかんいかん、だんだん愚痴っぽくなってきた。

足も棒のようになってきた。

「大友、やっぱり潮風は気持ちいいな〜!」

「…」

まずいっす。


僕は昔行った、青森県下北半島の恐山の三途の川を思い出した。
なんか地獄みたいな所だなぁ。

そりゃ自販機もないさ。
ちっこいカニがいるくらいだ。

地獄でジャケ写撮影か…。
やるなー、おれ。



駅に戻る夕焼け道は、綺麗だった。
ここは、漁村じゃなく農村なんだな。

17時前。
夕日を背に電車を待つホームから見る集落と海は、やっぱりいい景色だった。
砂浜さえあればパーフェクトだったのに。

(どうしても砂浜に行きたくなった僕は、この後となりの駅で砂浜の有無を聞いて、タクシーで浜に向かいギリギリで写真に収めたのだった。)



僕らが上野駅に着いたのは22:29。
いやはや、日帰りの旅。
実際歩いたのは数時間だったけど、全く着飾ってない景色は良くも悪くもこの土地そのものだったね。

大友君の写真はまだ見てないからなんとも言えないが、夏のよい思い出になるでしょう(笑)。



しかし、あのテトラの海。

あそこは絶対、魚が釣れる。
だって誰もいないもん。
いつか釣り竿もって行こう。


飲み物と弁当も持ってね。


e0071652_0402691.jpg
【点と線の出会い】



ねこじゃらしは、ずっとこの土地で生きてゆくでしょう。
線路は、遠くまだ知らない町へと続いてゆくでしょう。

カメラ越しの僕は、双方に敬意を。

そしてこれからも、天と千の出会いを求めて帰ってゆく。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-08-13 21:44

フォトギャラリー♯6

2007年8月
〜福島沿岸日帰りロケの旅〜


e0071652_20453493.jpg
【末続駅正面】
もちろん、自動販売機なんてありません。
飲み物は買って行きましょう!


e0071652_204971.jpg
【カメラマン大友君、オンザブリッジ】
橋を発見。
コケでふわふわなのです。
興奮したありけんは、大友君をモデルに1枚。
(お前が撮ってもらえ!)


e0071652_20521129.jpg
【あの角を左に曲がれば…】
さあ、海へいこう!


e0071652_20533779.jpg
【一休み】
カメラをもってはしゃぎ過ぎた…
喉がカラカラでかなり疲れてます。
この後、線路を進んで行くうちにオアシス(注:ラーメン屋)を発見するのである。


e0071652_2059201.jpg
【テトラの海】
こんなのが永遠続きます。
そりゃ、誰も来んよ。
自販機もないよ。

きっとね、、魚はたくさん釣れるよ。
今度は釣りに来よう!
(飲み物もって)


e0071652_2111213.jpg
【早くも彼岸花】
さすがは東北。
強い日差しの中に、もう彼岸花。
たしかに、もうお盆やもんね。

夏も後半、赤トンボに白い雲。
だけどまだまだ空は高い。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-08-13 21:03

梅雨が明けたら

なんてこった、7月も気づけば後半戦。
さあ言いますよ、皆様もご一緒に。

「はや〜」

例年よりも長い梅雨空が続いてますが、梅雨明けは近いみたいです。
梅雨が明けたら、、
夏がくる!

だけど、どちらかといえば夏は嫌い。
なぜなら暑すぎるから。

だけど、昼下がりの木陰の帰り道はいいよね

空も高くていい

雲も白くていい

お祭りもいいよね〜

あと海も

ガラガラの4人席の電車で行きたい

釣りも行きたい!

ギターも持ってゆく!

(夏…わりと好きかも)


なんだか盛り上がってきましたが、現実的ではないのです。

現在、レコーディングは最盛期。
ライブも少なくして、日々ノータイムなのです。
今夜も0時からレックの打ち合わせに澤野(ギター)と北村(キーボード)がやって来るし。

二人には冷やしソーメンをごちそうするつもりです。
ネギも買ってきたよ。
出されて微妙に喜ぶ二人の顔が目に浮かぶね(笑)。


この夏はどこにも行けないかも知れないけど。
帰り道のお祭りだとか、日陰のベンチのアリンコとか、夕立の後の空とか。
日々の中で、『夏だ!』っていう景色をたくさん探せるように過ごしたいと思います。


ガードレールにとまったトンボも好き。


みなさんもよい夏を!

晩夏には、またふらりどこかへ行くのだ。


e0071652_20272312.jpg
【やまぶしたけ】

近所のなんでも売ってる八百屋で、また変なキノコを発見。
その名も『やまぶしたけ』(68円)。
なんかね、、ぷるぷるして興味をそそる。
ひげみたい。

さっそく買って、とりあえずラーメンに入れてみました。
(僕は何だってラーメンに入れる)

e0071652_20315439.jpg

んんん〜

なんというか

んんんん〜…

味はなくて、食感もなんか海に浮ぶゴミ食べてるような感じで。

まずいっすねー


今夜やって来る2人にソーメンに添えてごちそうするつもりでしたが、全部食べちゃいました。

次回は、冷やソーメンとともにヒタヒタして食べてみたいと思います。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-07-21 20:16

時々タイムスリップ  盛岡冷麺編

7月に入り曇天の日々。
暑くてご飯を食べる気がせず、盛岡冷麺を食べた。

盛岡冷麺、、
普通の冷麺と違い、酸味があって濃厚で、かつあっさりで、麺も歯応えがありすぎておいしいんだ。


岩手の大学を卒業して、盛岡で一番といわれる盛岡冷麺屋で、皿洗いのアルバイトをしてた頃を思い出したよ。

よく有名人がやってきて、みんなが「だれだれ?」とホールを覗き込んでる隙に、卵やカクテキやチャーシューをつまみ食いしてたなぁ。
(T_T)

ホールのウェイターをやりたくて面接に行ったのだが(憧れだった)、回されたのは厨房。
だけどやりはじめた皿洗いは嫌いじゃなかった。
目の前に山積みになった皿々をかたっぱしから洗っていくんだ。

「うおぉぉ〜」

サク、チャポ
シャコ、チャポ
サク、チャポ
シャコ、チャポ
きっとアマチュアの人には、動く手が目に見えない程のスピードだったろう。

たまに、
ガシャ〜ン…

割ったって気にしない!
なんてったって、たくさんあるからね。

洗えば洗うほど山が小さくなる。
お皿は僕を裏切らないんだ。
だけど皿の山がなくなりかけた頃に、富士山級の山が2つ続けてやって来たりする。

くぅ〜 (>_<)

まるで人生小劇場だ。

e0071652_22553614.jpg
【夏の花。東京は赤坂にて】


洗い場は2人体制で、バイト仲間はみんな個性的だった。

昼間は保母さんをやっていて、夜はヒミツの仕事(皿洗い)の山村さん。
2つ年上の彼女はいつも、キムタクはかっこいいと言っていた。
機嫌が悪い日は、皿をぽちゃんと投げ入れるので水がかかって困った。

まだ学生だった藤君。
僕にいろいろと優しく教えてくれたなぁ。
いつの間にか僕の後輩とつき合ってたけど…。

皿洗い歴十数年で職場で最年配、僕と気が合わなかった内田さん。
いつもパチンコの話をしていた。
負けた日は無口なので平和だった。


生演奏喫茶でのバイトが決まって、半年で辞めた皿洗いだったけど。。


よく、作り過ぎた料理をタッパでもってきてくれた山村さん。
キティちゃんのタッパは数々の引っ越しにも関わらず、まだ持ってます。

後輩と結婚して、2児の父となった藤君。
まさかここまでくるとは。
今は認めてます。

最後のバイトの日に財布から1000円札を出して「選別だよ」ともたせてくれた、仲が悪かったはずの内田さん。
あの時ちょっと目が熱くなったんです。


ずるずるずる…
食べる冷麺とともに、思い出せば懐かしくなってきたよ。
みんな元気にしてるかな。


e0071652_22521795.jpg
【見つけた。懐かしいよね(笑)】


七夕も終わり梅雨も終盤。
やがて北の国、盛岡にも暑い夏がやって来る。

チリンチリ〜ン

日陰の少ないお昼にのれんをくぐったら、注文するといいよ。
盛岡冷麺を。


つるつると懐かしい冷麺は、一足はやい夏の味でした。


e0071652_23171428.jpg
【そろそろ飛ぼうかな】

この虫は、乗っかった草の一番先端からしか飛ばないみたい。
飛んでもすぐ落ちるし、見てておかしい(笑)。

e0071652_23114814.jpg
【笹塚、レコーディングスタジオのロビーにて】

この日は、ドラム、ベース録り。
さすがはでんと田上君、さくさくと進んでゆきました。
これから恐ろしく忙しくなるんだ。
絶対よい物を作ります。
楽しみにしていてくださいね。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-07-09 20:55

早朝、電波は南から

昨日梅雨入りして大雨だった関東だが、今日は夏のように暑かった。
今年の梅雨は飛ばし過ぎ。
あとあと心配である。
e0071652_21542064.jpg
【梅雨より早く咲きすぎて、しわしわになりかけていたフライイングあじさい達。雨にうたれて嬉しそう】

今朝、実家から電話がかかってきた。
朝早く、しかもずいぶん久しぶりの父からの電話に不安を感じた。
内容は、有田健太郎ホームページのプロフィールコーナーの大学卒業という部分の後に、取得した資格なども載せた方がよいのではないか?というアドバイスだった。

年に1、2回あるかないかの電話で、さらに朝8時に話す内容ではないと思った。
いたって真剣な父に、「履歴書じゃないから…」そう説明し、お礼を言った。
ほっとし、同時に少し笑ってしまったよ。

e0071652_21171247.jpg
【季節の花のバトンタッチ】



相当ガンコだった父だが、最近は変わってきた。
弟や妹ともそう話している。

ありがとう。感謝です。


e0071652_21195986.jpg
【屋上の歌】


屋上より南方へ、おはよう!

雪が溶け、南からツバメ。
季節は進み、南から低気圧。
やがて、南から台風。
今朝は、南から電波。

時々、ツバメとともに南へ戻ります。

生き仏のような、うちのばあちゃんのようになってください。
 

e0071652_21373059.jpg
【埼玉は戸田、線路脇にて】

赤羽〜大宮間は、東京と北方を結ぶ線路の大動脈。
その線路脇に、サボテンマニアが植林したメキシコの荒野(行ったことない)を発見。
それは侵入するしかないでしょう。
ここいらはサボテンだらけ。
よっぽど好きなんだろうな…。

e0071652_2146445.jpg
【アリの気持ち】

サボテンステーキばんざい!
(撮影後のトゲ抜きは大変でした)

e0071652_21485772.jpg
【赤く染まる頃には】

エベレスト7合目くらい…かな。
とりあえず今は1合目まで来て、忘れ物をとりに戻ってる感じです。
もう大変!
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-06-15 21:43

フォトギャラリー ♯5(花編)

今回のフォトギャラリーは、花編です。


e0071652_19384479.jpg
【横浜の大通りの脇にて】

懐かしいよね、クロ−バーの花。
子供の頃、女の子はみんなこれをたくさん集めて髪飾りを作ってたなぁ。
自分は、クワガタの方がよかった。


e0071652_19433596.jpg
【近所のスーパーの前にて】

ひとりじゃなくてよかったね(笑)


e0071652_19452830.jpg
【花の季節】

柔らかそう。
ウサギを放したくなるよね。
きっといっぱい食べるよ。


e0071652_19474814.jpg
【サボテンの花】

線路脇、アラバマの荒野みたいところに(行ったことないよ)、ほんとに生き生きと咲いとうよね(笑)。
ついつい見入ってしまった。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-06-13 19:54

見上げれば、皐月の空にエベレスト

今日は休日。
カーテンと窓を開けると、気持ちよい空気が一気に部屋に入ってきた。

んん〜

こんな日は、川沿い回り道。

e0071652_22163754.jpg

忙しい日が長く続いて、ようやく一区切りついたつもりだったのだけど…。
ふと前を向けば、『やること』エベレスト。
上の方なんてもはや見えないくらい。

とりあえず置いておいて(それがダメなのだ!)
こんな日は、カメラと冷たいコーヒーと。


e0071652_2293941.jpg
【小さい花の気持ち】

改札を通る時は、ツバメの観察。
巣からは、卵を温めはじめた母ツバメのしっぽがピッピと出ている。


昼過ぎの電車はガラガラでいいよね。

ぽけぇ〜

ガタンゴトンガタンゴトン

ぽけぇ〜

今日はよしとしよう。

e0071652_22251623.jpg
e0071652_2225525.jpg

【4/27(金)西荻窪TURNINGでのワンマンライブで頂いた花々。
ほんとにありがとう。
当日の会場前では、花の鮮やかと香り。
ステージでは、僕に力を。
ありけんの部屋は、未だアロマルームです(笑)】

e0071652_22433233.jpg
【↑2/24(土)西荻窪TURNING
3ヶ月連続企画の第一弾『宇宙兄弟Vol.54』Photo:miya
e0071652_22471871.jpg
【↑2/24(土)西荻窪TURNING
3ヶ月連続企画の第一弾『宇宙兄弟Vol.54』の打ち上げ(ターニングのドリンクカウンター前)。
もはや反省会ではなく飲んだくれバー、ターニングである。
左からヒラオサトシ、店長シヲ君、ありけん。
ママは副店長ゆきえさん(笑)
Photo:miya

e0071652_22542127.jpg
【夕暮れ、気持ちはまるで春空のよう】

自分にとっては遅い春、たくさんの別れと出会いの季節となってしまった。
自分でさえもよくわからないから、みんなに対する確かにある暖かいこの思いを持って前に進みます。
ありがとう。

e0071652_2310157.jpg
【東京は上野、下谷神社にて。
春は深く、日は暖かく、午後のロンは早くもバテ気味。】

ほけった僕を乗せた電車はガタゴトと、西陽に照らされ金色に。

『エベレスト前』で降りなければ…。

やがて次の季節。
夏になると、ロンは見てられないくらいバテバテになるんだ。
その頃、きっと僕は山登りの途中。

ロン、一緒に頑張ろうね!


見上げれば、皐月の空にエベレスト。
[PR]
# by KeN-ArItA | 2007-05-08 22:38


twitter
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
記事ランキング
画像一覧